カテゴリ: 発達の心配

今春から通っていた親子教室がひとまず終わりました。

親子教室に通うことになった顛末


私が参加した親子教室とは、ざっくり言うと「健診で引っ掛かったり、育児に悩みを抱えてる親子だけが参加できる教室で、心理士さんやベテラン保健師さんなどに子供の様子を観察してもらいつつ、親子で楽しく遊ぶところ」です。
うちは1歳半健診で発語がなく、その後面談したST(言語聴覚士)さんの勧めで参加してました。

<教室の内容>
最初にSTさんに言われた通り、特に専門的なものではなく、内容としては児童館や支援センターの幼児クラスとあまり変わらなかったです。

参加して気付いたのですが、この教室の目的は「子供の個性を発見すること」でした。私はてっきり「療育が必要か(=障害の可能性が高いかどうか)」を見極める場だと思っていたのですが、そうではなかった。

というのは、この教室では色んな遊びをやってみるんです。
輪になって手遊びだったり、絵本や紙芝居を読んでみたり、歌を歌ってみたり、粘土やってみたり、風船をいっぱい出してみたり、走り回ってみたり、あるいは自由に遊ばせたり……。
それはどこの幼児クラスでもそうかもしれないのですが、ここでは明確に「自分の子供が何が好きで何が嫌いかをしっかり知る」という目的がありました。

好き嫌いを知ることで、「今の生活が子供にとって負担になっていないか?(子供にとって耐え難いことが生活に潜んでないか?)」ということ、あるいは「その好き嫌いはこの先、幼稚園や学校に行き、さらには大人になって生きていく中で、生き辛さに繋がるのだろうか?」などが分かってくるんですよね。そして今後の展望が開けるという……。

何と言うか、例えば……好き嫌いは誰にでもあるものだけど、「白米が食べられない(食べたくない)子」と「ビーフンが食べられない子」なら、日本では前者の方が日常での苦労が多いと思います。これから幼稚園や学校で給食を食べることを考えると、白米との付き合い方を学ぶために(「食べられるようになるために」ではなく)、療育に行った方がいいかもしれない、みたいな。あくまで例えです。

そういう風に、「今の生活で親が難儀していること(例えば偏食とか癇癪とか)は、子供の個性・特性に起因しているのではないか? また、これから先の生活に支障が出るような好き嫌いがあるのではないか?」というのを見つけるわけです。
これが親子教室の目的なのかー!と分かり、なんかすごい目から鱗。そして発達障害なのかどうかばかりを気にしてた自分をちょっと反省しました。そういう問題じゃないんだなーと。



あと嬉しかったのは、とにかく「親子をそのまま肯定する」場であったこと。

少人数の参加者に対し、何人もの保健師さんや児童の専門家がついてくれたのですが、子供のことや親の育て方を決して否定しないんですよね。
例えば手遊びの時間に走り回ったり、紙芝居の時間に叫んで回る子がいても、「座って」とか「静かにしましょう」とか言わないんです。むしろ「元気だねー! 走るの楽しいね、足がとっても速いんだね!」と声をかけたり、「すごく大きな声が出るね! ◯◯くんは、静かにするより、大きな声を出す方が好きなんだね」と言ってくれたり。
そんな感じなので、親も「すみませんすみません」と謝り倒す必要がなく、皆さんリラックスして参加できていたと思います。私も。
(親子教室じゃなくても、本来子供はこうして肯定して育てたいですよね)

親の育て方についても、例えば「子供が走り回ると、慌てて追いかけて捕まえてるんです」と言うお母さんがいると、「お子さんの安全のために頑張ってこられたんですね。大変でしたね。お母さんのやり方は間違ってないですよ。あとは、こうするのもいいと思いますよ」と言ってくれたり、「どうしたらいいか分からないんです」という人には「そうですよね。分からなくて当然ですよ」とフォローしてくれたり。

そういう、「とにかく肯定してくれる人」って、地味に貴重だと思いました。特に親子教室は「食べない、寝ない、静かにしない」みたいな子が多かったので、そういう子を育ててる親は「あなたは間違ってないですよ、悪くないですよ、頑張ってきたんですね」って言葉をとても必要としてるんじゃないかと。


<今後のこと>
保健師さん達は今後については親に任せるというスタンスで、はっきりしたことは言ってくれなかったんですが、やんわりと「療育は必要ないんじゃないか」とは言われました。が、私の中に心配な気持ちが残っているので、悩んだ末、発達センターに一度相談してみることにしました。
集団での体操などを怖がることと、なんとなく集団にいると不安が強そうなことが心配なんですよね。「嫌い、やりたくない」ならまだいいんですけど、「怖い」が強そうなのが気掛かりで。

まだ幼稚園には2年近くあるし、考えすぎかもしれないのですが、もし集団に入るのが息子にとって負担なら、今後のためにも何か対策を取りたいです。幼稚園から大人になるまで、集団生活の連続だし……。
それに先日子育てサークルの活動でお会いした、知的障害のお子さんを持つ女性に「どんな内容であれ少しでも不安なことがあるなら、さっさと相談に行くべき。それで何もなかったら、な〜んだ考えすぎだった〜って笑えばいいだけの話なんだから」と言われたのが響きました。些細なことで相談に来られるとセンター側は大変だろうし、そのせいで早急な対応を必要としている親子が後回しになってしまうことがあってはいけないと思うのですが、電話してみたら「どうぞお気軽に〜」と言ってくれたので、マジで気軽に行ってこようと思います。

1歳半健診に発語ゼロで引っ掛かって以来、言語聴覚士さんとの面談2回、親子教室に参加(現在進行形)と、色々フォローして頂きながら過ごしてきました。先日、別の言語聴覚士さん(以下ST)に息子を見て頂く機会があったので、そこで改めて相談してきました。正直それほど実のある話でもないんですが、一応記録しておきます。同じような状況の方の参考になればいいとは思いつつも、多分あんまならない内容です。

<言語聴覚士さんとのお話まとめ>
親子教室での様子を何度か観察して頂いてからの面談でした。

・言葉は1歳半に発語がなかった割には伸びてる。特に「食べたい」などの要求を表現できるようになったのは良いこと。
・全体的に発達は少し遅れてる。でも大幅な遅れではないし、凹凸もなさそうなので、そんなに心配する程ではない。
・現時点では何とも断言はできないが、発達障害などの診断が下りるだろうな、そういう傾向が強いな、という印象はあまりない。でも分からない。 
・(以前他のSTさんから落ち着きがないと言われたことについて)確かにとても落ち着いてる子とは言えないかもしれないが、かといって特筆するほど落ち着きがないとも思わない。でもそのSTが見たときには実際落ち着きがなくて、今は成長したのかも? 今後注意して見て行く。
・人に対する関心がとても強いように思う。物と人、両方にバランスよく関心を持つのが理想。物に対しても興味が薄いという訳ではなさそうなので、今後ちょうどいいバランスになることを期待。
・初めての集団に対する警戒心がかなり強めな印象。

今回お話したSTさんは、この警戒心の強さを懸念されてました。懸念という程ではないかも、「ちょっと気になるかな」って感じっぽい。
「警戒心が全くなくて、新しい場所や人におかまいなく突っ込んでくタイプもそれはそれで心配だったりするから、あくまで程度問題。ただ、警戒心が強すぎて、目の前におもちゃがあるのに動けないとか、自分を出すことが出来ないようだと、少し気になる」とのこと。

確かに親子教室でも、他の親子や先生がわいわい遊んでるところにはあまり近寄らず、人が引けてから一人で遊んだり、比較的人口密度の低いエリアを選びたがることが多々あります(……私と全く同じなんですけど……)。
息子は人見知りはもうほとんどなくて、先日市役所に所用で行った際、そこの職員さん(女性)にべたべた懐いて仕舞いには手まで繋いでたんですが、どうも団体は苦手なようです。1対1は平気だけど、複数は苦手(……って、やっぱり私も同じなんですけど……)。

「遊びたいのに他の子がいるから遊べない」というのがあんまり強すぎるのは心配とのことですが、現時点では息子のそれがあくまで性格なのか、今後ケアが必要になるかどうかは分からないので、とりあえず夏くらいまで様子見とのことでした。


警戒心といえば、息子は最近とてもよく歩くようになったけど、新しい道を歩くのはやっぱり嫌がります。慣れた道じゃないとダメみたい。公園とかお店は初めてでもすたすた歩いてくのに、道はダメらしい。何が嫌なんだろう。前世に何かあったんでしょうか。

で、この警戒心の強さを解くために、色々な集団に積極的に参加すべきですか?と訊いてみました。そしたら、息子のようなタイプは無闇に集団に放り込まれると結構ストレスを感じるかもしれないので、無理にやる必要はない。もし新しい集団に入るなら、「嫌なら帰ろうね」「大丈夫だよ」等の声かけを十分にして、母親の私自身が「つまらなそうだったら帰ろう〜」と軽い気持ちでトライしてみてください、とのこと。

実はちょうど来月から始まる期間限定の育児サークルに申し込みまして、それに母子分離で遊ぶ機会が週一あるので、何かいい刺激になるのではないかと期待しています。母親が育児について語り合ったり勉強したりする間、別室で保育士さんなどが遊んでくれるらしい。楽しみです。



<愚痴>
しかし警戒心が強いって良いことなのかと思ってたんだけどな〜。孤立した洋館で殺人事件が起きたので全員リビングで夜を明かそうって言ってるのに「ふん、俺は自分の部屋で寝るよ!」と自室に戻って翌朝死んでる、みたいなキャラではなさそうだな〜安心〜と思ってたのに。かといって警戒心がないのも心配っていうし、お母さんはもう何が良いんだか分かりません……(程々がいいってのは重々承知ではありますが……ラインがどこなのか分からない……)。

うちの自治体は手厚く見てくれてるんだろうけど、逐一「強いて言えばここが問題、大丈夫かもしれないけどここが気になる」と言ってくるのが、どうも重箱の隅を突ついてるように感じられて、え〜……と困惑する気持ちがちょっとあります。 ありがたいことなんですが、あんまり言われるとキツいっていうか……。
モヤモヤするので今回思い切って「発達の診断を受けることは出来ますか? 」と訊いてみたんですが、「それは必要ないと思います〜、2歳だと診断も難しいし、そんなに心配なさらなくても」みたいに言われてしまいました。
「ここが心配」と言われ、心配すると「大丈夫だと思います」と言われ……宙ぶらりん状態で飴と鞭、これは一体どういうあれなのか……。でもまあ良かれと思ってのことでしょうし、モヤモヤしつつも、やれることをやるしかないですよね。私の中でも、モヤモヤする→モヤモヤするのやめよ→やっぱモヤモヤする、の繰り返しだな〜。

ST2①
ST2②改
ST2③改
ST2④
言葉の面はもうそんなに心配ないみたいで、そこはさらっと終わって「それよりも落ち着きのなさが……」みたいな話になりました。

まさかそんなことを指摘されるとは思わなかったので、かなりビックリしました。もちろんあながち間違いではないというか……むしろ確かに児童館などで「集まってくださ〜い」とか「輪になって座ってください」とか「これで遊びましょう」みたいな場面ですぐに飽きて走り出してしまうので、落ち着きないのは事実だと思います。
でも今回指摘された「次から次へ色んなおもちゃに移る」というのは、特に疑問に思ったことなかったので意外でした。だってたくさんおもちゃがあったら目移りしちゃって当然だと思ってて……私も漫喫とかアニメイトとかで「どこから行く!?」ってソワソワするタイプなので(って、まさか私も落ち着きがないのか?)。

息子は0歳の頃はむしろ大人しくて、他の子がキャーキャー言ってるときに割と黙ってる感じだったので、ワーワー走り回るようになったことに少しだけ安心していたんですよね。だからそこを「落ち着きない」とネガティブに取られたことにかなり動揺したし凹んでいます。何だろうな……自分がそこそこ美人だと思って美人の列に並んでたら、「あっブスの方はこちらですよ^^」とナチュラルにブス列を案内された、みたいな……いや全然違うか……っていうか何だこの例え。

それに外ではベビーカーに乗って大人しくしてるし(というかベビーカーから降りたがらない)、電車やバスでは静かに座ってるので、あんまり深刻に考えたことなかったんですが……。

ショックだったのは、来年度から近所の幼稚園の1〜2歳児向けクラスに行こうかと思ってるという話をしたときに、微妙におすすめしない的な反応をされたことでした。なんかその幼稚園はかなり教育熱心なとこらしくて、伸び伸び遊びましょう〜という雰囲気ではないので、落ち着きのない子が行くと親子共に肩身の狭い思いをするんじゃないか、的な……。行く気満々で楽しみにしてたので、正直かなりガーンでした。

さらにショックだったのは、息子の落ち着きのなさは元々の性質っぽいので、今後多少の改善(?)はされたとしても、気の散りやすさは大きくなっても変わらないかも、と言われたこと。学校の授業とか受験勉強とか大丈夫なのかな〜(気が早い……?)。
でも、実を言うと私も集中力がなさすぎて自分で悩んだことがあるので、遺伝だと思うとかなり納得ではあります。本当に全然集中力ないんですよね……息子も同じ道を歩むのか……。


でも本当しつこいようだけど、私には息子がそんなに「異常に落ち着きがない! やばい! 何とかしなければ!」という風には見えないんですよね。たくさんの子供を見てきたSTさんがそう言うなら、何かあるんだろう、とは思いつつ、どこが問題なのかよく分からないからモヤモヤします。親子教室で詳しい話を聞けるとは思うんですが……。


その親子教室は「広い意味では療育とも言えなくはないが、障害の有無に関係なく何か悩んでる親子とかを招待して遊ぶ場」らしいです。児童館などと違うのは、来るのが選ばれし少人数だけなのと(今回は1歳半健診で何らかの指摘を受けた子達だけっぽい)、心理士さんとかベテラン保健士さんなど複数の専門家がつくことらしい。で、その中の一握りの子が本格的な療育に進むことになるらしい。
息子の場合、まだ2歳前ということもあって、診断が下りるかもとかそういうレベルの話ではないと念を押されました。多動とか、そういうことじゃないですよと。これから先どうなるかはもちろん分からないし、もしかしたら動揺してる私へのフォロー(?)だったのかもしれないのですが。

ちなみにSTさんは「療育って、ネットなどで『障害がある子が行くもの』ってイメージが一人歩きしてて、『えっ療育に行かなきゃいけないんですか!?  うちの子、障害があるんですか!?』って反応する方もいるけど、必ずしもそう(障害のある子専用の場)じゃないんですよ」と仰ってました。まあ障害があったからって何だって話でもありますよね。だって別に、他所の子が療育に行くって聞いたって、「可哀想に」なんて思わないですし。
なんか指摘されるとビクッとしてしまうけど、「うちの子には絶対障害があってほしくない!!!!」と思ってるわけじゃない(つもりだ)し、例え障害こそなくても、そんな考えを持ってたら結局いつか子供を(あるいは他の誰かを)何らかの形で苦しめるんじゃないかと思うので、そこは気にしないようにいきたいです。

あと関係ないけど、「もう少し口を使って食べるものを与えてくださいね」とも言われました。なんか顎の筋肉があんまり発達してないっぽい? 繊維質なものとか葉物野菜とか、奥歯ですりつぶすようなものを積極的にあげてくださいとのこと。一応あげてはいるんですが、確かにほとんど吐き出しちゃってるかも。

あとは、ベビーカーは大人しく乗ってくれてるならまだまだ利用してOK、むしろゆっくり買い物できて良いですよね、って言われたのと、背が高いですねと言われました(これはただの雑談か)。
最近お茶碗2杯は食べるので肥満が心配ですが、外を歩かない割に体重は何故かあまり増えてないようで、なんとか発育曲線内に収まってます。

こう指摘を色々受けると、自分はなんて意識の低いダメ親なんだろう(落ち着きがないこと自体じゃなく、それを問題だと思わなかった点について)……と、とっても凹ミーマンになってしまってダメですね。以前健診で言葉の遅れを指摘されて凹んだ話を書いたとき、Twitterで「うちも発語ないけどスルーされた、むしろ専門家に見て貰えてラッキーじゃないか」的なエアリプなどがいくつかあったので、今回も「手厚く見て貰えるだけいいじゃないか贅沢言うな」と思われてしまうかもしれないんですけど、やっぱちょっと凹みました。
でも新しい場所で遊べるのは楽しみだし、良い機会だと捉えないといけないですよね。元気出すためにラッキーマンでも読みたいです。漫喫に行きたい。

※なんか頭の整理がまだちゃんとついてなくて、文章がとっ散らかっててすみません。いつもか。

1歳半でまだ言葉が話せなかったため、保健士さんの勧めで言語聴覚士(以下ST)さんと面会してきました。

1歳半健診についてはコチラ

ST1

ST2

ST3

ST4



現時点で息子は1歳7ヶ月なのですが、未だにほとんど話せません。物を見て自発的に言えるのは「わんわ(犬)」「がおー(ライオン)」「ぶー(車)」くらい。
多分ですが、発音が苦手なのかも…なかなか「ブーブー」と言えなかったり、バナナを「バ」としか言えなかったり(以前はもう少しちゃんと言おうとしてたんですが、なんか諦めたっぽい)。

STさんに訊かれたのは、
・大人の言葉を理解していると感じるか?
(◯◯取ってきて、◯◯しようね、など、こちらの言葉に正しい反応を見せるか?)

・ 小さい音も聞こえているか?
(私は「多分…。聞こえてないのでは?と不安に思ったことはないです」という程度しか答えられなかったんですが、ちょうど会話中に本棚の本がバタッと倒れて、息子がそれに反応していたので「あ、大丈夫みたいですね」ってなりました。ラッキー)

・本などを見て指定された物を指差すか?
(ワンワンはどれ?みたいな定番のやつ。うちはワンワンとかバナナとか、興味ある物しか指さないんですが…と言ったら、「それで十分ですよ」とのこと。たくさんある中から知っている物・好きな物を探し出せるかがポイントのようです)
 
・自分の目や耳、鼻や口を指差せるか?
(息子は絵本「だるまさんの」が好きで、それに合わせて「◯◯ちゃんの……目!」や「耳!」と言うと指差すんですが、ちゃんと理解してるのか、単に振り付けとして記憶してるだけなのかは正直謎です。でもまあ大丈夫でしょうってなりました)

要は、物をちゃんと識別できているか、という点が大事らしいです。例えば「オムツ取ってきて」と言われて持って来られるということは、つまりオムツとそれ以外の物の区別がついているということで、それが出来てるかどうかが大事、という。

とにかく大人の言葉を理解していなければ発語には繋がりませんよね、ということでした。たくさんの言葉を知って、理解して、その中から一つ一つ発語していくわけで。

で、息子はとりあえず理解はしてるようなので、発語には繋がってなくてもあまり気にしなくて大丈夫、単に時期が来てないってだけですよ、という感じに言われました。もういつ話し出してもおかしくないとも。これにはすごく安心しました。
 
さっき「発音が苦手なのかも」と書きましたが、STさんもそう見たようで、口を鍛えるトレーニングをするように案内されました。フーッと息を吹いたり、奥歯を使ってモグモグしたり。その辺が弱い可能性があるみたいです。

確かにそう言われると、うちはラッパなどの玩具を持ってなくて(マンションなので近所迷惑かと思い…) 吹く動作をあまりしてきませんでした。食事も、未だに結構小さく切ってるし。丸呑みしていませんか?と訊かれたのですが、どうだろう…多少は噛んでると思うんですが…。
乳幼児向けのお菓子などは前歯だけでサクサク噛めてしまうので、もっと噛みごたえのある物をあげて下さいねと言われました。噛みごたえのある物…それでいて喉につまったりしない物…と考えてるんですが、干し芋しか思い付かない……うっ小さい頃に茨城のおばあちゃんから大量の干し芋が送られてきて毎日食べさせられた思い出が… 。

あと噛む癖をつける方法として、「まだ噛んでねー! まだモグモグだよー! はいここでゴックン!」と声をかけてあげたらどうでしょう、と言われたんですが、そんな修造みたいな声援で出来るもんなんですかね…!?
試しにやってみたんですが、息子には「何だ食事中にうるさいな」という顔で一瞥されて終わりでした。


それと、子供が欲してる言葉を的確に投げかけてあげるのも効果的とのこと。これは結構やってきたつもりではあるんですが、もっと精度を高めようと思います。
確かに息子は私の「すごいねー」「あったかいね」「あっちー(熱い)」「えらいねー」「可愛いねー」などを積極的に真似するので、「この感情を何と表現したらいいのか? 知りたいのはそこなのだ…」という欲求を持っているのかも。


そんな感じで、今のところ発語が遅れてるという点以外は心配なさそうですと言われました。何か心配な点があった場合は、いわゆる療育的なクラスを紹介されるようでした(自治体によって違うと思います)。
うちは療育はとりあえず必要なさそうで、次は数ヶ月後にもう一度来て成長を見せて下さいねーとのこと。

漫画にも描きましたが、「何かおかしいのかも」などと言われなかったことにも正直安心したのですが、とにかくSTさんが信頼できる方だったので、もしこれから先なにかの診断が下りたとしても、こういう専門家の方が近くで支えてくれるならきっと大丈夫だ、と思えました。
不安なのは、障害があるんじゃないかということ自体よりも、障害があるかもしれない子供を一人で(夫婦だけで)育てていかなければいけないのか、という点だったからです。もちろん実際には専門家と言えども自宅に住み込んでくれるわけでもなし、夫婦だけで育てていかなければいけないんでしょうが、精神的に寄り添ってくれる人がいるか、自治体が支援してくれるかどうかで大分違うと思ったので…。

(そういや1歳半健診の愚痴漫画を描いたときに、ツイッターで「医師に酷いこと言われようが、STさんを紹介して貰えるだけでいいじゃん。うちの自治体はテキトーにしか見てくれなかった」という意見を結構見たので、かなり手厚い方なのかもしれません。
待機児童多いし公園汚いしどうなってんだよーと思ってたのですが、意外と良い自治体なのかも…。それにしても、「凹んだ〜」という話のときに「何だそのくらいで。私の方が辛いんだけど」と言われると、うぐぐ…ってなりますね…)


とにかく息子は「現時点では発語を待ってればOK」というだけであって、今後どうなるか、本当に言葉が出てくるのかは全く分からないのですが、とりあえずSTさんのアドバイスを元に、焦らず出来ることをコツコツやっていきたいと思います。

 
あと、漫画では1歳半健診のヒゲ先生を悪役にして執拗に恨んでしまいましたが、実際はそこまで悪く思ってないです(本当です)。ヒゲを毟るとか描いてしまい、気を悪くした方がいましたら申し訳ありません。そんなことはしません。

↑このページのトップヘ