カテゴリ: 育児の日常

2歳4ヶ月のまとめです。

身長:93cmくらい
体重:13.5kgくらい(すごい食べてる割に意外と増えない) 

■爆発期? 反抗期?
私の実家に泊まりに行ったり、児童館などが休みなので色々と出かけたり、夫が夏休みを取ってずっとベッタリしてたおかげか、一気に言葉が進み、会話ができるようになりました。夫と何度か「いつからこんな喋れるようになったっけ?」と顔を合わせたくらい。

2歳4ヶ月④口答え
しかし、言葉が増えると同時にめちゃくちゃ反抗するようになりました。
私が言うことにいちいち「◯◯じゃないよ!」と突っ込みまくったり、「見てるの! 使ってるの!  ちょっと待って!」と従わなかったり。
本人は楽しそうに言うし、イヤイヤ期のようなヘビーさはないので別に平気なんですけど、先日「あっち行けよ」と笑顔で言われたときはさすがに衝撃でした。私も夫もそういう言葉遣いはしないんですが……テレビの影響なのかなー。
そんで肝心のイヤイヤ期はいつ来るんだろう……。


■怖がりになる
電気を消すと「見えない! こわい!」と言うし、誰もいない部屋に自分から入っては「こわかったの」と慌てて逃げてくるようになりました。「こわい」って言葉を乱用してるだけな気がしないでもないが……。
2歳4ヶ月③怖い

散歩中も蟻やちょうちょを見ると喜ぶくせに、蟻を足に乗せようすると光の速さで逃げ出します。怖いんだそうです。
あと牧場に牛を見に行ったのですが、「こわいの! こわいの!」と言って座り込んでしまったり。牛さん可愛いのにー。いや結講怖いか……目が怖いんですよね牛は……。

 牛の目
(どうでもいい参考画像)



■『カーズ』『ミニオンズ』にハマる
『カーズ』の中でも、「ライトニング・マックィーンがトラックのマックから落とされてしまい、慌ててマックを追いかけるシーン」と、「通りすがりのピータービルトをマックと人違い(車違い?)して、『俺はマックじゃねえ!』と怒鳴られるシーン」が好きなようで、よくトミカや他のおもちゃなどを駆使してそのシーンを再現しています。細かすぎて伝わらない。

あとミニオンズも好きなようです。8月はマクドナルドのハッピーセットがミニオンだったんですよねー私ちょうどその時期に子供の栄養についてなどの勉強をしてて、一瞬だけ意識高い親になってしまったため買い逃してしまいました。買えばよかったーーハンバーガー食べたいしーー!

2歳4ヶ月②食レポ

8月は割と涼しい日や雨の日が多くて、水遊びなど夏らしい遊びは思ったより出来ませんでした。でもちょっとした散歩でも、視界に入る全てを楽しんでいたようで、この子にとっては全てが宝物のようなものなんだろうなあと思いました。水を差すようなことはなるべくしないよう見守っていきたいです。
2歳4ヶ月①お出かけ
柵?を見ると「あ! 棒!!」と大興奮する、棒好きの息子。


2歳4ヶ月散歩
歩くときは必ず猫じゃらしを持つ息子。私にもプレゼントしてくれます。もう本当に可愛いです。息子じゃらし〜!(適当に終わる)

先日、ひいおばあちゃん(私の祖母)に会いに行きました。
また、私が高校野球に本格的にハマりつつあるため、今年の夏はおそらくほとんど家で甲子園を見る羽目になる息子にせめてもの贖罪をと思い、新幹線デビューをさせてきました。


息子は数ヶ月前からとにかく新幹線が好きで、図書館でも片っ端から新幹線の本を読み漁り、新幹線の写真を見ると「山陽新幹線!」とか「たにがわ!」とか名前を当てていくほどです。その憧れの新幹線さんが生で、こんなに間近で見られるなんて、写真も撮り放題なんて、私も一緒に興奮してしまいました。
私がこれまでの人生で(覚えている限り)ハマったものって二次元の他は人気バンドとか海外アーティストとかばっかなので、「憧れの存在=会えないもの」という認識が強いのに、新幹線さんは会いたいときにいつでも会える! 会いに行ける、そして乗りに行けるアイドル。ツヤツヤピカピカしてて写真で見るより素敵なのも最高です。

IMG_0453


IMG_0398
息子は本やテレビでしか見たことがないから、その大きさにビックリしていたのではないかと思います。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


ホームの売店では「かがやき」の駅弁が。
写真撮り忘れたのですが、おにぎり2個と唐揚げなどのおかずが入っていました。息子はその日朝ごはんを食べていたし、中途半端な時間だったので、おにぎりは一個だけにしておこうねと残りを取り上げたら、俯いてさめざめと泣き出してしまいました。本当にこの子の食欲はどうしたらいいのか……。
ちなみにこの駅弁、食べ終わったらケースは綺麗に洗えばおもちゃとして使えそうです。

2歳3ヶ月新幹線
 

新幹線を目にした時点でイベントの80%が終わった気分でしたが、今回の目玉はひいおばあちゃんなので、200km以上離れた祖母の家を目指します。

新幹線では1時間ちょっとの距離ですが、私が子供の頃はまだ新幹線が通っていなくて、特急で数時間かけて行った場所です。お弁当をゆっくり食べても時間が余っちゃって、景色はずっと代わり映えしない山や川や田んぼだし、本を読むと酔っちゃうから、お菓子を食べながらまだかなあまだかなあと暇を持て余してた記憶がありますが、今回は席について荷物を整理して、息子にお弁当食べさせて……ってしてたら、あっという間に目的地。
窓から見える山の名前なんかを息子と一緒に学びたかったのに、そんな余裕は全くありませんでした。

田舎の景色も私が子供の頃とは様変わりしてるんですよね。おばあちゃん家の近くにあった市民プールも新幹線の線路のために潰されてしまいました。たくさんあった田んぼもいつの間にかほとんどが埋められてアパートやマンションになっていたり……部外者がこんなことを言うのはなんだけど、少し寂しかったです。地元の人が便利に暮らせるのが一番だし、住んだこともないくせに勝手なことを言うなって話でしょうが。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

息子が祖母に会うのはこれが2回目で、去年も一度会っているのですが(前回は車で来た)、今年はちゃんと「ひいばあちゃん」と呼ぶことが出来て達成感がありました。
祖母は92歳になりますが、相変わらず元気。足腰はさすがに弱ったけど、呼ばれれば他県の親戚の家にも遊びに行くし、肉をモリモリ食べます。ここ数年は会う度に「これが最後かな」と寂しい気持ちになりますが、もしかしたら最後はもう少し先なのかも。嬉しい。
祖母には既に曾孫が何人もいるのですが(いっぱいいるので人数がよく分からない)、私が出産したときも大層喜んで、「ガミガミ叱らずに、大らかに育てるんだよ。宝物なんだからね」と言ってくれました。そして息子の写真を毎朝拝んでいるそうです。宝物というより神様扱いです。


失敗したのは、息子は「ひーばーちゃん!」と呼んで楽しく遊んでいたのに、写真や動画を撮り忘れたこと……。一度お昼寝して起きたら何故か強烈に不機嫌になってしまって、ご機嫌なときに写真を撮っておけばよかったのに、後回しにした結果、泣いてる写真ばかりになってしまいました。
2歳3ヶ月長野①

2歳3ヶ月長野

でもまあ、これも人生ですよね(92年生きてる祖母に会うと、細かいことがどうでもよくなります)。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

どうでもいいんですが、帰りの新幹線で私達が予約していた席に若い男性グループが座っていて、困惑しつつ声をかけたら「ニホンゴ ワカリマセン」的な返答が。中国人旅行者だったっぽい。咄嗟に「そこ予約してるんですけど〜」と不慣れな英語で言ったら、「アー! スミマセン」とペコペコしながら慌てて荷物をまとめて降りて行きました。
自由席と間違えたのかなあ……と思ったけど、車両には英語でReservedと書いてあったし、確信犯(誤用)かな? 恐らく東京を目指してたんだろうに、あんな無計画に降りて、彼らはどうするのだろう……と、異国の若者の行方に思いを馳せながら帰路に着いたのでした。


IMG_0421
IMG_0576
七味推しの雰囲気につられ、大量に買ってしまいました。私は辛いものが全くダメなのに……。
(でも自分用に名物おやきも買い込みました。東京でよく見るパン生地タイプはあまり好きじゃないので、モチモチ生地のをたくさん買えて幸せです)  

今春から通っていた親子教室がひとまず終わりました。

親子教室に通うことになった顛末


私が参加した親子教室とは、ざっくり言うと「健診で引っ掛かったり、育児に悩みを抱えてる親子だけが参加できる教室で、心理士さんやベテラン保健師さんなどに子供の様子を観察してもらいつつ、親子で楽しく遊ぶところ」です。
うちは1歳半健診で発語がなく、その後面談したST(言語聴覚士)さんの勧めで参加してました。

<教室の内容>
最初にSTさんに言われた通り、特に専門的なものではなく、内容としては児童館や支援センターの幼児クラスとあまり変わらなかったです。

参加して気付いたのですが、この教室の目的は「子供の個性を発見すること」でした。私はてっきり「療育が必要か(=障害の可能性が高いかどうか)」を見極める場だと思っていたのですが、そうではなかった。

というのは、この教室では色んな遊びをやってみるんです。
輪になって手遊びだったり、絵本や紙芝居を読んでみたり、歌を歌ってみたり、粘土やってみたり、風船をいっぱい出してみたり、走り回ってみたり、あるいは自由に遊ばせたり……。
それはどこの幼児クラスでもそうかもしれないのですが、ここでは明確に「自分の子供が何が好きで何が嫌いかをしっかり知る」という目的がありました。

好き嫌いを知ることで、「今の生活が子供にとって負担になっていないか?(子供にとって耐え難いことが生活に潜んでないか?)」ということ、あるいは「その好き嫌いはこの先、幼稚園や学校に行き、さらには大人になって生きていく中で、生き辛さに繋がるのだろうか?」などが分かってくるんですよね。そして今後の展望が開けるという……。

何と言うか、例えば……好き嫌いは誰にでもあるものだけど、「白米が食べられない(食べたくない)子」と「ビーフンが食べられない子」なら、日本では前者の方が日常での苦労が多いと思います。これから幼稚園や学校で給食を食べることを考えると、白米との付き合い方を学ぶために(「食べられるようになるために」ではなく)、療育に行った方がいいかもしれない、みたいな。あくまで例えです。

そういう風に、「今の生活で親が難儀していること(例えば偏食とか癇癪とか)は、子供の個性・特性に起因しているのではないか? また、これから先の生活に支障が出るような好き嫌いがあるのではないか?」というのを見つけるわけです。
これが親子教室の目的なのかー!と分かり、なんかすごい目から鱗。そして発達障害なのかどうかばかりを気にしてた自分をちょっと反省しました。そういう問題じゃないんだなーと。



あと嬉しかったのは、とにかく「親子をそのまま肯定する」場であったこと。

少人数の参加者に対し、何人もの保健師さんや児童の専門家がついてくれたのですが、子供のことや親の育て方を決して否定しないんですよね。
例えば手遊びの時間に走り回ったり、紙芝居の時間に叫んで回る子がいても、「座って」とか「静かにしましょう」とか言わないんです。むしろ「元気だねー! 走るの楽しいね、足がとっても速いんだね!」と声をかけたり、「すごく大きな声が出るね! ◯◯くんは、静かにするより、大きな声を出す方が好きなんだね」と言ってくれたり。
そんな感じなので、親も「すみませんすみません」と謝り倒す必要がなく、皆さんリラックスして参加できていたと思います。私も。
(親子教室じゃなくても、本来子供はこうして肯定して育てたいですよね)

親の育て方についても、例えば「子供が走り回ると、慌てて追いかけて捕まえてるんです」と言うお母さんがいると、「お子さんの安全のために頑張ってこられたんですね。大変でしたね。お母さんのやり方は間違ってないですよ。あとは、こうするのもいいと思いますよ」と言ってくれたり、「どうしたらいいか分からないんです」という人には「そうですよね。分からなくて当然ですよ」とフォローしてくれたり。

そういう、「とにかく肯定してくれる人」って、地味に貴重だと思いました。特に親子教室は「食べない、寝ない、静かにしない」みたいな子が多かったので、そういう子を育ててる親は「あなたは間違ってないですよ、悪くないですよ、頑張ってきたんですね」って言葉をとても必要としてるんじゃないかと。


<今後のこと>
保健師さん達は今後については親に任せるというスタンスで、はっきりしたことは言ってくれなかったんですが、やんわりと「療育は必要ないんじゃないか」とは言われました。が、私の中に心配な気持ちが残っているので、悩んだ末、発達センターに一度相談してみることにしました。
集団での体操などを怖がることと、なんとなく集団にいると不安が強そうなことが心配なんですよね。「嫌い、やりたくない」ならまだいいんですけど、「怖い」が強そうなのが気掛かりで。

まだ幼稚園には2年近くあるし、考えすぎかもしれないのですが、もし集団に入るのが息子にとって負担なら、今後のためにも何か対策を取りたいです。幼稚園から大人になるまで、集団生活の連続だし……。
それに先日子育てサークルの活動でお会いした、知的障害のお子さんを持つ女性に「どんな内容であれ少しでも不安なことがあるなら、さっさと相談に行くべき。それで何もなかったら、な〜んだ考えすぎだった〜って笑えばいいだけの話なんだから」と言われたのが響きました。些細なことで相談に来られるとセンター側は大変だろうし、そのせいで早急な対応を必要としている親子が後回しになってしまうことがあってはいけないと思うのですが、電話してみたら「どうぞお気軽に〜」と言ってくれたので、マジで気軽に行ってこようと思います。

1歳半健診に発語ゼロで引っ掛かって以来、言語聴覚士さんとの面談2回、親子教室に参加(現在進行形)と、色々フォローして頂きながら過ごしてきました。先日、別の言語聴覚士さん(以下ST)に息子を見て頂く機会があったので、そこで改めて相談してきました。正直それほど実のある話でもないんですが、一応記録しておきます。同じような状況の方の参考になればいいとは思いつつも、多分あんまならない内容です。

<言語聴覚士さんとのお話まとめ>
親子教室での様子を何度か観察して頂いてからの面談でした。

・言葉は1歳半に発語がなかった割には伸びてる。特に「食べたい」などの要求を表現できるようになったのは良いこと。
・全体的に発達は少し遅れてる。でも大幅な遅れではないし、凹凸もなさそうなので、そんなに心配する程ではない。
・現時点では何とも断言はできないが、発達障害などの診断が下りるだろうな、そういう傾向が強いな、という印象はあまりない。でも分からない。 
・(以前他のSTさんから落ち着きがないと言われたことについて)確かにとても落ち着いてる子とは言えないかもしれないが、かといって特筆するほど落ち着きがないとも思わない。でもそのSTが見たときには実際落ち着きがなくて、今は成長したのかも? 今後注意して見て行く。
・人に対する関心がとても強いように思う。物と人、両方にバランスよく関心を持つのが理想。物に対しても興味が薄いという訳ではなさそうなので、今後ちょうどいいバランスになることを期待。
・初めての集団に対する警戒心がかなり強めな印象。

今回お話したSTさんは、この警戒心の強さを懸念されてました。懸念という程ではないかも、「ちょっと気になるかな」って感じっぽい。
「警戒心が全くなくて、新しい場所や人におかまいなく突っ込んでくタイプもそれはそれで心配だったりするから、あくまで程度問題。ただ、警戒心が強すぎて、目の前におもちゃがあるのに動けないとか、自分を出すことが出来ないようだと、少し気になる」とのこと。

確かに親子教室でも、他の親子や先生がわいわい遊んでるところにはあまり近寄らず、人が引けてから一人で遊んだり、比較的人口密度の低いエリアを選びたがることが多々あります(……私と全く同じなんですけど……)。
息子は人見知りはもうほとんどなくて、先日市役所に所用で行った際、そこの職員さん(女性)にべたべた懐いて仕舞いには手まで繋いでたんですが、どうも団体は苦手なようです。1対1は平気だけど、複数は苦手(……って、やっぱり私も同じなんですけど……)。

「遊びたいのに他の子がいるから遊べない」というのがあんまり強すぎるのは心配とのことですが、現時点では息子のそれがあくまで性格なのか、今後ケアが必要になるかどうかは分からないので、とりあえず夏くらいまで様子見とのことでした。


警戒心といえば、息子は最近とてもよく歩くようになったけど、新しい道を歩くのはやっぱり嫌がります。慣れた道じゃないとダメみたい。公園とかお店は初めてでもすたすた歩いてくのに、道はダメらしい。何が嫌なんだろう。前世に何かあったんでしょうか。

で、この警戒心の強さを解くために、色々な集団に積極的に参加すべきですか?と訊いてみました。そしたら、息子のようなタイプは無闇に集団に放り込まれると結構ストレスを感じるかもしれないので、無理にやる必要はない。もし新しい集団に入るなら、「嫌なら帰ろうね」「大丈夫だよ」等の声かけを十分にして、母親の私自身が「つまらなそうだったら帰ろう〜」と軽い気持ちでトライしてみてください、とのこと。

実はちょうど来月から始まる期間限定の育児サークルに申し込みまして、それに母子分離で遊ぶ機会が週一あるので、何かいい刺激になるのではないかと期待しています。母親が育児について語り合ったり勉強したりする間、別室で保育士さんなどが遊んでくれるらしい。楽しみです。



<愚痴>
しかし警戒心が強いって良いことなのかと思ってたんだけどな〜。孤立した洋館で殺人事件が起きたので全員リビングで夜を明かそうって言ってるのに「ふん、俺は自分の部屋で寝るよ!」と自室に戻って翌朝死んでる、みたいなキャラではなさそうだな〜安心〜と思ってたのに。かといって警戒心がないのも心配っていうし、お母さんはもう何が良いんだか分かりません……(程々がいいってのは重々承知ではありますが……ラインがどこなのか分からない……)。

うちの自治体は手厚く見てくれてるんだろうけど、逐一「強いて言えばここが問題、大丈夫かもしれないけどここが気になる」と言ってくるのが、どうも重箱の隅を突ついてるように感じられて、え〜……と困惑する気持ちがちょっとあります。 ありがたいことなんですが、あんまり言われるとキツいっていうか……。
モヤモヤするので今回思い切って「発達の診断を受けることは出来ますか? 」と訊いてみたんですが、「それは必要ないと思います〜、2歳だと診断も難しいし、そんなに心配なさらなくても」みたいに言われてしまいました。
「ここが心配」と言われ、心配すると「大丈夫だと思います」と言われ……宙ぶらりん状態で飴と鞭、これは一体どういうあれなのか……。でもまあ良かれと思ってのことでしょうし、モヤモヤしつつも、やれることをやるしかないですよね。私の中でも、モヤモヤする→モヤモヤするのやめよ→やっぱモヤモヤする、の繰り返しだな〜。

御多分に洩れず、うちもEテレの『おかあさんといっしょ』には大変お世話になっています。

私の場合、ここしばらく朝のEテレタイムは家事でバタバタしてるし、夕方は息子の隣に座って一緒に見つつも、ぼけーっと考え事してたりで、集中して見ることはかなり少なくなりました。なので、毎日つけてる割にはぼんやりとしか内容を把握してなかったり。ガラピコとか、未だにストーリーがよく分かってません。なんか変な奴が出てくるのは知ってますけど!

そういう感じなので、「大ファンです。毎日夢中で見てました」とかではないんですけど、バタバタしてる中でも、かぞえてんぐと毎日のブンバボンは割と気にかけて見てたので、 やっぱり卒業は残念です(新しいお兄さんは楽しみです)。


だいすけお兄さん達が、子供のために必死になって歌ってるとことか、かぞえてんぐのアレコレとか……ああいう風に他人の子供のために一生懸命になってくれる人って、親にはとてもありがたい存在です。毎日テレビの画面越しに息子に(そして日本全国の子供達に)歌いかけてくれるなんて、お兄さんお姉さんは天上人のよう。

児童館の先生とか、保健士さんとか、普段の生活でお世話になってる方もたくさんいるし、そういう方々への感謝と尊敬も決して忘れませんけど、それとは別次元でEテレを大変ありがたく思っています。
しかも子供達を楽しませてくれるだけで御の字なのに、だいすけお兄さんは、親まで笑わせてくれましたから。親子でお世話になってしまいました。そういう意味で、だいすけお兄さんは特別な存在でした。

 
乳幼児を育児している親は、自分の楽しみを忘れてしまうことも少なくないと思います。
私も育児を始めてからというもの、大好きだったアニメや漫画を見る機会がぐっと減ったし(それでも多いかもしんないけど)、「自分のための自分による自分の時間」というのはそう多くありません。
油断するとただひたすらオムツを替えたり炊事に追われるだけの全自動家事育児マシンになってしまう毎日の中で、ふと素になってクスッと笑わせてくれるお兄さんの存在が、どれだけ救いになるか。そういう人が子供番組にいるのは、とても意味があると思うんです。大袈裟かもしれないけど、お兄さんの卒業に心底寂しさを感じたことを鑑みると、少なくとも私にとっては多分そんなには大袈裟じゃないんだと思います。

「私、だいすけお兄さんが大好きなんです〜!!!」と叫ぶほどではなかったものの、なんとなく常に心にある存在だったのかも。まあ一年半近くに亘り毎日、それも1日2回、目にしてるわけで、寂しくないわけがないですよね。少しでも思い入れがあったら尚更。
お兄さんが笑わせてくれたから、私も心を躍らせてチャンネルを合わせてきたし、息子は今や「元気ー?」の問いかけに、ハーイ!と手を挙げるようになり、ブンバボンもまあまあ踊れるようになりました。

0歳の息子と二人きりで、どう過ごしたらいいのか時間を持て余していた私を、不審な動きと裏声で笑わせてくれて、子供番組の偉大さを教えてくれただいすけお兄さんに改めて感謝です。
新しいお兄さんが、だいすけお兄さんや歴代のお兄さん達のスピリットを受け継ぎ、朝と夕方のEテレタイムをより充実させてくれることを期待しています。

かぞえてんぐ
似ねえ〜


そういえば『かぞえてんぐ』の最終回で、最後にあつこお姉さんが笑ったとこ、あれをカットしなかったことに制作側の愛を感じました。あの笑いは、全国の親の笑いですよね。あれすごくよかったです。そして寂しい。

↑このページのトップヘ