カテゴリ: 漫画

ファミリー向け作品には珍しく、ドラえもんには一人っ子キャラが目立つ。
兄弟の存在が明らかになってるのはジャイアンとスネ夫※だけで、
のび太、しずかちゃん、出来杉くんの少なくとも3人が一人っ子。
これは描かれた時代を考えると結構珍しいような気がして、
調べたら藤子・F・不二雄先生ご自身が一人っ子だという。
もちろんそれが作品にどのくらい影響したのかは定かではないし
(かのF先生に限って、まさか兄弟のいる生活を想像できないなんてことは有り得ないだろう)、
主役のドラえもんやのび太の父母には兄弟がいることを考えると
別に注目すべきことではないかもしれないけども。

※スネ夫にはスネツグという弟がいるが、子供のいない親戚の養子になっている。



最近、周囲からちらほらと「二人目」という言葉を聞くようになった。

息子は早1歳3ヶ月。同じ頃に出産した方で既に二人目妊娠中という方や
そろそろと思ってる方も少なからずいるだろうし、
もしかしたら出産した方もいるのかもしれない。

元々子供を持つかどうか分からないまま(考えを決めないまま)結婚して、
このまま二人でもいいか〜と思っていた頃に妊娠した私だけど、
生まれた息子のあまりの可愛さに、こんなに我が子が可愛いのなら
もう一人いたらどんなに幸せだろう、と思うようになった。

ただ、もちろん苦労も2倍になるし、
育児へのストレスなんかは2.8倍くらいになるんじゃないだろうか(適当)。
今は呑気に専業主婦やってる私もさすがに働かなきゃいけなくなるし、
そうなると仕事探しながら保育園確保に走り回らなきゃいけないとか、
私なんかが働きながら親として子供二人のケアをしっかり果たせるだろうかとか、
考えるべき問題が一気に山積みになる。

狭い頭の中でただモヤモヤするのも具合が悪いんで、
エクセルを起動してライフプランやらキャッシュフローやらを作ってみる。
そうするとやっぱり厳しく思えてくる。でも何とかいけそうな気もしてくる。
要は「そんなに余裕ないけど、子供のために夫婦で身を砕いてでも働くぞー!」という
覚悟が出来るかどうか、この一点にかかってくるんだということが分かってくる。
しかも夫は既にフルタイムで働いてくれているのだから(家事も相当やってくれる)、
もう後は私次第だということがクリスタル・クリアになる。

それで夫婦で話し合いもしてみたら、
夫は「もう一人いたらそれは可愛いしとても幸せだろうし、
息子だけでも自分は十分幸せ。最終的な判断は任せる」というスタンスだった
(と言うと何て他人事な…と思われてしまうかもしれないけど、
それまでの話し合いの経過も鑑み、私にとって十分納得できる答えだった)。

で、じゃあ前向きにいく…?となったところで、
私が今投薬中で(病気じゃなく怪我みたいなもので)年内は妊娠避けてねって
医師に言われてることを思い出した。いや、忘れてた訳ではないけど。
どっちにしろまだ先の話なんだ、と思ったらちょっと安心した。
がっかりじゃなくて安心したってことは、
やっぱり内心では不安が拭えてないってことなのか。
話し合ったそばからこれじゃ、あとしばらくは同じことでグルグル悩みそうだ。




理想出産
理想出産2
理想出産3



ちなみに、周りはどうしてるんだろう?ということが気になるので、
国立社会保障・人口問題研究所が実施している出生動向基本調査を見てみた。
これは5年ごとの調査で、最近では2015年に行われてると思うんですが
サイトでは2010年の結果までしか見られず。いつアップされるのかな?
6年も前の結果ではありますが、参考までに。

①完結出生児数(夫婦の最終的な出生子供数の平均)は1.96。
つまり2人を割っている。
ただし半数以上の夫婦は2人の子供を産んでいて、
子供を産まなかった夫婦と、子供1人の夫婦が増えた結果らしい。



体感的にもやっぱり子供2人っていうのが圧倒的にマジョリティな感じする。
1977年から大して減ってないので、「子供2人が主流」っていうのは
今後もしばらくは変わらないのかなと思います。
それにしても2010年において、一人っ子よりも3人の方が多いのはビックリ。
3人は2000年代に入って異常なスピードで減っているようなので、
あと数年で入れ替わりそうな感じもするけど。
2015年の結果見たいなあ。もう入れ替わってるかも。


②結婚したときの年齢によっても違って、
妻が若い夫婦は平均2人以上産むけど、25歳以上だと平均2人を割るらしい。

③夫婦の平均理想子供数は2.42人。でも実際持つ子供(予定も含む)は2.07人。
理想よりも実際に産む子供の数が少ない理由として最も多いのは、
「子育てや教育にお金がかかりすぎるから」で(マジでそれだよそれ〜!!)、
その数60.4%だそう。特に30代でその答えを選んだ人が多かったらしい。
これだけ多くの夫婦が経済的理由で子供を断念しているという明確な調査結果があるのに、
どうして未だに教育費は高いままなのか…。

ただし、「お金がかかりすぎる」を選んだのは
多くが「3人欲しいけど2人で諦める」家庭であって、
「2人欲しいけど1人で…」という家庭は、
「高齢で産みたくない」とか「欲しいけどできない」という理由も
経済的理由に次いで多かったそう。
ちなみに「欲しいけど結局いない」という家庭で経済的理由を選んだのは18.1%と少数で、
大半が「できないから」。あと「高齢で産みたくない」も。



あと、ちょっと面白い…というか不思議に思ったのは、
「これ以上、育児の心理的・肉体的不安に耐えられないから」と答えたのは
40代よりも30代が多かった。40代、さすが不惑…なのか(?)。
単に「もうそんなこと言ってる年齢じゃねえ!」ってことか。







④最後に、「妻が伝統的な考え方を持つ夫婦では理想・予定・出生子供数が多い」という結果が。
伝統的な考えというのは、例えば「結婚したら子供を持つべき」とか、
「母親は家にいるべき」とか、「生涯独身はダメ」とか、「男らしさ女らしさは必要」とか、
なんか書いてて怖くなってきたんですけど(炎上的な意味で)、そんなやつ。

で、「母親は家にいるべきか?」にYesと答えた人の産む予定数は2.12と高い。
逆にNoと答えた人の予定数は1.84と低め。
あと「性格の不一致くらいで離婚するべきじゃない」(すげーな)と答えた人の予定数は2.17で、
離婚してもいいと答えた人は1.96、とか。
とにかく「伝統的価値観」に賛成の人は気持ち多めに子供を産むし、
そうじゃない人はちょっと少なめという結果らしい。
まあこれは考えれば当然というか別に意外な結果ではないんですが。
待機児童問題やらシングルマザーへの偏見やら、
「女性も外で働く」「離婚も辞さない」などの生き方を支持している人が
子供を産み辛い社会であることは間違いないだろうし。


ちょっと面白いんで過去のデータを見てみたら、
1997年の時点で「伝統的結婚観が弱まり、結婚観の多様化が進行している」なんて
書かれていた。実際にデータを見ると多様な結婚観を支持する人がじわじわ増えている。

ex.)
「結婚したら子供は持つべき」に「まったく賛成」と答えた人が、
1992年は46.9%、2010年は17.9%。
さらに「夫は働き、妻は家庭を守るべき」に「まったく反対」と答えた人は、
1992年は17.1%、2010年は40.9%。



これは回答者が妻なので、ぜひ夫版も見てみたいなあ。
(妻に質問してるのは、一般的に子供を産むかどうかは妻に決定権があるからなのかな)

しかしこれ、今時はこんな設問を「伝統的考え」なんて位置づけて訊く時点で大炎上しそう。


上記のグラフ・データは、
第14回出生動向基本調査」及び「第11回出生動向基本調査」から引用しました。




①押すと押忍とオス
オスメス

これは「みいつけた!」という子供向け番組のエンディングテーマ
「ねえ しってる?」についてのどうでもいい話です。
「ねえ しってる?」は扉について歌った曲で、
「おすかな? ひくかな? じどうかな」という一節があるのですが、
歌っているとここがどうしても「雄かな? 雌かな?」になってしまい、
その後に続く第三の存在が何だったか毎回悩むのです。
しかも紛らわしいことに、番組では「おっす!いすの応援団」という曲もあり、
こちらでは「オス イスの応援団〜」と歌っているんですよね。
同じ番組の中に、"押忍イス"という詩の曲と、
"押す引く"という詩の曲があるのは、非常に紛らわしい。
その上私の脳内は何故かメスを連れてきてしまうので、これはもう収拾がつきません。
この番組の対象年齢は4〜6歳児だそうですが、その子達は大丈夫なんでしょうか。
パニックを起こしていませんか。心配です。



②ガラピコ未来予想図
ガラピコアニメ

これは泣く子も黙る子供向け番組「おかあさんといっしょ」の人形劇
ガラピコぷ〜のファンアート(と言うほどのものでもないが)です。 

私が見始めた頃(去年)は「ポコポッテイト」という人形劇をやっていて、
これがとても可愛いデザインだったので気に入っていたんですが、
一年も経たない内に新しいものに代わってしまってショックでした
(ポコポッテイト自体は5年間やっていたそうです)。

 で、新入りガラピコはポコポッテイトに比べて何と言うか…全体的に昭和な感じなのと、
ガラピコぷ〜というタイトルが相まってちょっと第一印象が悪く
(「ぷ〜って何だよ」と思いました)、
キャラクターのムームーやチョロミーのこともあまり好きになれませんでした。
けどある日観ながら「このやんちゃなチョロミーとおっとりしたムームーは
どんな10代になるのかなあ」と思ったら、色々想像が膨らんだので、
なんとなく描いてみることにしました。
やんちゃなチョロミーは高飛車で扱い辛いお姉様になるか、
あるいはDQ5のビアンカの如く意外にも貞淑な女性になるのかもしれない。
ムームーは思春期に入ると少し生意気さを見せながらも相変わらず優しくて、
チョロミーと話すのを照れくさがって嫌がるようになるんじゃないかなとか。
考えている内に、二人のことがちょっと好きになれた気がします。
そしてこんなことを考えている自分の気持ち悪さがすげえと思いました。

あと後ろにいるのはガラピコという、
90年代の携帯ゲームみたいなロボットキャラなんですが、
二人が10代になる頃はもう少し性能が上がって
HALみたいになってるんじゃないかなと思って描きました。
が、ツイッターで「映画泥棒ですか?」というリプや引用RTを頂戴し、
映画泥棒になるってことはガラピコに人間の胴体が生えてくるってことじゃん…と思い戦きました。
きもちわりーよ。


③ブンバボン
 フライパン

これも「おかあさんといっしょ」ネタなんですが、
エンディングで必ず歌われる「ブンバボン」という体操のお兄さんが輝く一曲があって、
「ミーアキャットがフラミンゴ〜♪」という一節があるんですね。
詩だけ見ると何が何だかさっぱり分からないんですが、
映像を見ても分からないので大丈夫です。 
 
で、この「フラミンゴ〜♪」の部分が、ごく稀に他のものに入れ替わることがあるんです。
このとき偶然「フライパン〜♪」になり、それをキッチンで聴いた私は
もうド級のスピードでテレビの前に駆け寄りましたね。
ブンバボンは歌詞の内容に合わせてアニメーションが画面の端に出てくるんですが、
これ素晴らしいのが、そのアニメーションもちゃんと変わるんですよ。
たった一度だけのために、わざわざアニメも入れ替えているのがさすがだなあと思います。
しかも私なんかは貧乏性なので一度作ったものは何度でも繰り返し使いたいし
一度受けたネタは延々とやり続けたくなってしまうのですが、
天下のおかあさんといっしょはそんなナンセンスなことはしないんですよね。
この「フライパン〜♪」も、これっきりです。
翌日からは何事もなかったかのように「フラミンゴ〜♪」に戻るし、
「ほらほら、フライパンに変わったよ!見た!? 夕方も再放送あるからよろしく!」なんて
無粋なアピールもしないんです。
本当に一瞬、まるで「いつもフライパンですが?」と言うかのように、
むしろ「フラミンゴだった気がするんだけど私アタマおかしくなった?」と思ってしまうくらい
自然に、ナチュラルに、歌って、終わるんですよね。
かっこいいなあと思います。

ちなみにツイッターで、「フラミンゴが別の物と入れ替わるのは
『すりかえ仮面』のコーナーがある日。
恐らく、すりかえ仮面がすりかえたという設定なのだろう」という
指摘をされている方がちらほらいて、その芸の細かさには衝撃を受けました。
まさかすりかえ仮面のコーナーが、フラミンゴ入れ替えの伏線だったとは…
こいつ、やはり天才か。
 
ところでこの記事を書くために調べていて、初めてブンバボンのタイトルが
『ブンバ・ボーン』であることを知りました。
タイトル、毎回画面に出ていましたっけ? 出てるのかもしれないけど完全に見ていません
(もし出ているのだとしたら、一年近く一日二回見続けているのに
タイトルを記憶せずスルーしている私の脳ってやっぱりやばいんじゃないかと思います)。
ブンバボンじゃなくてブンバ・ボーンだったんですね。
ブンバボンでいいだろ。
 

先日、泣き相撲に行ってきた。
4月に1歳の誕生日を迎えたとき、息子が参加できるようなイベントないかな?と
色々検索して見つけたのがきっかけ
(本当はハイハイレースに出てみたかったけど行ける範囲では見つからなかった)。
 
場所は安産祈願で知られる小さな神社。
子供達はあらかじめ登録しておいた四股名のシールを貼った兜を被り
まわしをつける。これはなかなか良いコスプレで、
うちは未だに写真館などで衣装を着せて撮影したことがないので
これだけで参加の意義があったと思うほどだった。
赤ちゃんの力士コス、プライスレス。
ちなみに女児も同じ格好。
 
100人近い赤ちゃんが参加するので受付時間が分けられているのだが、
ここではそれほどの混雑ではなかったからか、その辺はかなり甘かった
(うちは11時半から受付開始とチケットに書かれていたけど
その20分程前でも受け付けてくれた)。


土俵入りやご祈祷も「準備が出来次第どうぞ〜」という感じで、
時間に急かされることがなかったため存分に場を楽しむことが出来た。
放っておいたら日が暮れるまで写真を撮り続けるのでは…と思えるくらい
ひたすらお子さんにカメラを向けているご家族もちらほら(うちも人の事は言えない)。


赤ちゃんが泣き喚く中ご祈祷を受け、土俵入りをする。 
力士に抱っこされて泣いちゃった〜、あははニコニコー、
あるいはビックリしすぎて泣かないねー、泣け泣け〜あははーという流れかと思ったら、
突然力士役の人が「うるぁぁぁああああああああああああああ」と
若本氏ばりの巻き舌で雄叫びをあげた。
え?と思っている内に、相手力士も、さらには行司までもが
「おおおおおおおおおおおおおおお」「カーーーーーーーーーーーーーッ」と
奇声をあげ始める。

これは最早泣き相撲じゃない。泣き相撲とは、泣かせ相撲だったのだ。

知らない男性に抱っこされているだけで十分泣いていた両赤ちゃん力士は、
成人男性の全力雄叫び×3を浴びて阿鼻叫喚に。
それでも土俵に立っている間、力士達の雄叫びは止む事なく
ひたすら赤ちゃんを脅かし続けていた。

私は最初こそ呆気に取られたものの、あまりの事になんだか笑えてきて、
さらに地獄の責めに耐え続ける(いや泣いてるけど)息子の立派な姿を見て
ウルウルしてきてしまった。我ながら親バカだと思う。

この泣き相撲は勝敗をつけないようで、しばらく赤ちゃんの泣き声(と雄叫び)を聞いた後、
力士がそれぞれ赤ちゃんを高く掲げ健闘を称えて終わった。


それから手形を取り(息子は泣いてしまって上手く取れず、
しかし慣れているらしく動じないお姉さん達が笑顔をキープしたまま
息子の手を無理矢理開いて取ってくれた)、太鼓の上で記念写真を撮り、
強制的に四股踏みをさせて成長や健康を祈願した。

かかった時間はおおむね40分くらい。
頂いた記念品と、「こんなにも多くの人に成長を願われる息子はなんて幸せなんだ、
みんな息子を愛してくれてありがとう…」という気持ちを胸に神社を後にした。
息子は声が枯れるほど泣き叫んでいた。


参加費は一万三千円。
今回使用した兜(丈夫な紙で出来たもの)、力士コスのキューピー人形(手乗りサイズ)、
でんでん太鼓、神饌(砂糖)などを記念品として頂く。
泣き相撲には賛否あるだろうけど(泣かせ相撲となれば余計に…)
参加してとても良かった。
自分の子供が、自分達家族以外の大人から健康や成長を祈願してもらうというのは
親にとっても大切なことだと思う。


話は変わるが、幼い頃に読んだ少女漫画で、
「普通の少女として人間界に暮らしてきた子が実は
魔の手から逃れるために人間の女性のお腹に転生した天界?かどっかの偉い人だった。
その子が晴れて天界に戻ることになったので、使者が母親の元に現れて
『今までご苦労様でした。立派に育ててくれてありがとう』的なことを言って
母親から少女の記憶を消す。
母親は使者に触れられた瞬間、娘の記憶を全て失くし、子供のいない日常へ戻る」
という話があった。
(それらしいキーワードでぐぐっても出て来なくて何の作品だか分からない。
完全にうろ覚え…どころかほぼ覚えていないので結構脚色しちゃってるかも…)


息子は天界の救世主じゃないだろうし私も記憶を消されることは恐らくないだろうが、
「預かって育てている」という気持ちをほんの少しだけ持つようにしている。
この子を産んだのは紛れもなく私だけど、
だからといって息子は私の従属物でも所有物でもない。
子供はいつか巣立つものだから、巣立ってもらわないと困るから、
天界…じゃなくて社会に堂々と出て行けるように大切に育てないといけない。
さらにご祈祷を聞きながら、「この子がいつかこの世を後にしたときに
立派に神様の元に戻れるように、幸せな人生を送れるよう育てなければ」とまで思った。
祝詞、うろ覚えだけど「いつの世も変わらぬ親の思いが云々〜」みたいな部分があって
ちょっとジーンとして感傷的に(そしてメルヘン思考に)なってしまう。
私、どっちかっつーと天国=キリストのイメージが強いんだけど。
(これは私個人の考えだから理解や共感できなくてもスルーして頂けると助かります)

ともかく、泣き相撲に限らないけど、この手のイベントは
そういうことを実感できる良い機会だ。
お宮参りや七五三など言われなくても多くの人がやるであろう伝統的な行事もあるし、
高いお金払って泣かせ相撲をやるべしとは言わないけど、
毎日息子と二人でだらだら過ごしてる私にとっては
「息子を大事に育てなくては」と、ふんどしを締め直した一日だった。相撲だけに。


泣き相撲1
泣き相撲2

泣き相撲3



どうでもいいけど最後のコマだけ加筆修正しました。
勢いで書いてアップしてから「あっやっぱり直そ…でもアップし直すと
折角RTとかしてくださった人に悪いし…」って悩むのいい加減やめたい。
まあ大して変わってないんですが…。


1歳の誕生日を迎えたとき、
まだまだ自力で立つような感じがしなくて
当分先だろうなと思っていたのに、
いきなり自分で立ち上がろうとしてることに気付いた。

こうやってある日突然始めるんだな。
そして気付いたらもう立つことに成功し、歩き始め、
あっという間に私から離れていってしまうんだろうな…

と、育児してるとちょこちょこ感傷的になってしまう。
そして何の捻りもないポエムを詠んでしまうのでした。



ポエム


余談ですが、自分の顔を客観的に描くのって難しいですね。
普段のデフォルメ顔は美化してるんですが、
美化せずにリアルに…と思っても、脳と手が拒否するのか
全く違う感じになってしまう…。
実際はもっと顔の余白が大きくて眉毛が不格好で鼻が……
…………もうやめておきます。涙





児童館の赤ちゃんの部屋で何人かのお母さんと話しました。
で、改めて自分の会話力の無さを痛感しました。
何でこう、会話が続かないのかな…!?
多分私の場合、相手の地雷を踏む…というか、
「こんなこと訊いたら失礼じゃないか」「訊かれたくないかもしれないじゃないか」と
先回りして考えすぎなんだと思う。
それって良いことのような気もするけど、そこを気にしすぎて仲良くなれないとか
「会話できなくてつまらない人だな」と思われてしまったら本末転倒なのに。


この辺の話はまた別の機会にするとして、
他のお母さん同士の会話を聞いてると、本当にポンポンと言葉が出てきて
するすると距離を縮めてる感じ。
羨ましいけど、真似すると大怪我しそうだなと思った。

でも有り難いことに、コミュ力の高いお母さん方のおかげで
私も会話に参加できて、楽しく過ごすことが出来た。
誰とでも分け隔てなく楽しい会話が出来る人、本当に尊敬。




コミュ力


↑このページのトップヘ