カテゴリ: 漫画

1歳半でまだ言葉が話せなかったため、保健士さんの勧めで言語聴覚士(以下ST)さんと面会してきました。

1歳半健診についてはコチラ

ST1

ST2

ST3

ST4



現時点で息子は1歳7ヶ月なのですが、未だにほとんど話せません。物を見て自発的に言えるのは「わんわ(犬)」「がおー(ライオン)」「ぶー(車)」くらい。
多分ですが、発音が苦手なのかも…なかなか「ブーブー」と言えなかったり、バナナを「バ」としか言えなかったり(以前はもう少しちゃんと言おうとしてたんですが、なんか諦めたっぽい)。

STさんに訊かれたのは、
・大人の言葉を理解していると感じるか?
(◯◯取ってきて、◯◯しようね、など、こちらの言葉に正しい反応を見せるか?)

・ 小さい音も聞こえているか?
(私は「多分…。聞こえてないのでは?と不安に思ったことはないです」という程度しか答えられなかったんですが、ちょうど会話中に本棚の本がバタッと倒れて、息子がそれに反応していたので「あ、大丈夫みたいですね」ってなりました。ラッキー)

・本などを見て指定された物を指差すか?
(ワンワンはどれ?みたいな定番のやつ。うちはワンワンとかバナナとか、興味ある物しか指さないんですが…と言ったら、「それで十分ですよ」とのこと。たくさんある中から知っている物・好きな物を探し出せるかがポイントのようです)
 
・自分の目や耳、鼻や口を指差せるか?
(息子は絵本「だるまさんの」が好きで、それに合わせて「◯◯ちゃんの……目!」や「耳!」と言うと指差すんですが、ちゃんと理解してるのか、単に振り付けとして記憶してるだけなのかは正直謎です。でもまあ大丈夫でしょうってなりました)

要は、物をちゃんと識別できているか、という点が大事らしいです。例えば「オムツ取ってきて」と言われて持って来られるということは、つまりオムツとそれ以外の物の区別がついているということで、それが出来てるかどうかが大事、という。

とにかく大人の言葉を理解していなければ発語には繋がりませんよね、ということでした。たくさんの言葉を知って、理解して、その中から一つ一つ発語していくわけで。

で、息子はとりあえず理解はしてるようなので、発語には繋がってなくてもあまり気にしなくて大丈夫、単に時期が来てないってだけですよ、という感じに言われました。もういつ話し出してもおかしくないとも。これにはすごく安心しました。
 
さっき「発音が苦手なのかも」と書きましたが、STさんもそう見たようで、口を鍛えるトレーニングをするように案内されました。フーッと息を吹いたり、奥歯を使ってモグモグしたり。その辺が弱い可能性があるみたいです。

確かにそう言われると、うちはラッパなどの玩具を持ってなくて(マンションなので近所迷惑かと思い…) 吹く動作をあまりしてきませんでした。食事も、未だに結構小さく切ってるし。丸呑みしていませんか?と訊かれたのですが、どうだろう…多少は噛んでると思うんですが…。
乳幼児向けのお菓子などは前歯だけでサクサク噛めてしまうので、もっと噛みごたえのある物をあげて下さいねと言われました。噛みごたえのある物…それでいて喉につまったりしない物…と考えてるんですが、干し芋しか思い付かない……うっ小さい頃に茨城のおばあちゃんから大量の干し芋が送られてきて毎日食べさせられた思い出が… 。

あと噛む癖をつける方法として、「まだ噛んでねー! まだモグモグだよー! はいここでゴックン!」と声をかけてあげたらどうでしょう、と言われたんですが、そんな修造みたいな声援で出来るもんなんですかね…!?
試しにやってみたんですが、息子には「何だ食事中にうるさいな」という顔で一瞥されて終わりでした。


それと、子供が欲してる言葉を的確に投げかけてあげるのも効果的とのこと。これは結構やってきたつもりではあるんですが、もっと精度を高めようと思います。
確かに息子は私の「すごいねー」「あったかいね」「あっちー(熱い)」「えらいねー」「可愛いねー」などを積極的に真似するので、「この感情を何と表現したらいいのか? 知りたいのはそこなのだ…」という欲求を持っているのかも。


そんな感じで、今のところ発語が遅れてるという点以外は心配なさそうですと言われました。何か心配な点があった場合は、いわゆる療育的なクラスを紹介されるようでした(自治体によって違うと思います)。
うちは療育はとりあえず必要なさそうで、次は数ヶ月後にもう一度来て成長を見せて下さいねーとのこと。

漫画にも描きましたが、「何かおかしいのかも」などと言われなかったことにも正直安心したのですが、とにかくSTさんが信頼できる方だったので、もしこれから先なにかの診断が下りたとしても、こういう専門家の方が近くで支えてくれるならきっと大丈夫だ、と思えました。
不安なのは、障害があるんじゃないかということ自体よりも、障害があるかもしれない子供を一人で(夫婦だけで)育てていかなければいけないのか、という点だったからです。もちろん実際には専門家と言えども自宅に住み込んでくれるわけでもなし、夫婦だけで育てていかなければいけないんでしょうが、精神的に寄り添ってくれる人がいるか、自治体が支援してくれるかどうかで大分違うと思ったので…。

(そういや1歳半健診の愚痴漫画を描いたときに、ツイッターで「医師に酷いこと言われようが、STさんを紹介して貰えるだけでいいじゃん。うちの自治体はテキトーにしか見てくれなかった」という意見を結構見たので、かなり手厚い方なのかもしれません。
待機児童多いし公園汚いしどうなってんだよーと思ってたのですが、意外と良い自治体なのかも…。それにしても、「凹んだ〜」という話のときに「何だそのくらいで。私の方が辛いんだけど」と言われると、うぐぐ…ってなりますね…)


とにかく息子は「現時点では発語を待ってればOK」というだけであって、今後どうなるか、本当に言葉が出てくるのかは全く分からないのですが、とりあえずSTさんのアドバイスを元に、焦らず出来ることをコツコツやっていきたいと思います。

 
あと、漫画では1歳半健診のヒゲ先生を悪役にして執拗に恨んでしまいましたが、実際はそこまで悪く思ってないです(本当です)。ヒゲを毟るとか描いてしまい、気を悪くした方がいましたら申し訳ありません。そんなことはしません。

待ちに待った1歳半健診に行ってきました。


1歳半健診①

1歳半健診②


1歳半健診③
1歳半健診④


健診は、問診〜身体測定〜診察〜歯科検診〜
締めくくりに保健士さんと最終トーク(?)という流れ。


<問診>
漫画に描いた通り発語もなければ指さしなども怪しいので ドキドキしていたんですが、
言葉のチェック以外はほとんどスルーでした。
問診中に積み木渡して、どんな感じで遊ぶかを軽く見る程度。かなりユルい地域らしい。

で、言葉が一個も出てないので数ヶ月後に再健診になりました。 あと保健士さんの勧めで後日言語聴覚士さんと会うことに。
息子の場合、発語はないものの他に気になる点は(現時点では)ないらしく、
「言葉が出ないと心配ですよね〜。軽い気持ちで専門の方にアドバイス貰ってみてください」と言われました。


そういえば問診票に「悩みはありますか?」という項目と選択肢があり、 いくつかマルをつけたんですが、そこはスルーされました。
「育児の相談ができる人が身近にいない」とも書いたんですが、 「そうですかー、うん、うーん、そうですよねー」みたいな感じ。
私の場合、別に深刻に悩んでるわけじゃないんで、いいんですけど。

漫画だと「専業主婦なので」とか「日中は二人で」みたいな、さも密室育児に悩んでいる風な描き方をしてしまったんですが、週2回以上児童館行ってるし家での生活に充実感を持っているので、閉塞感はあまり感じていません。
専業主婦は保育園に預けてる人に比べて育児ストレスが多い、なんて話もありますが
(そら育児してる時間が長いんだから何ら不思議ではない)、
私は今のところストレスをほぼ全く感じてないんですよね。
これは息子がいわゆる"育てやすい子"であることと、私が基本的に頭パー子ちゃんなのと、今期のアニメが充実しているのと、電子書籍サイトで毎晩BLを読み漁ってることが理由だと考えられます。
まあ、来年以降イヤイヤ期が始まったり、トイレトレーニングを始めたり、発達が遅いことが本格的に問題になったりしたら、また状況が変わるとは思うのですが…
(でも来年にはufotable制作の刀剣乱舞アニメが始まるので、まだ大丈夫かも!)。




<身体測定>
身長が発育曲線を飛び出してました。
体重はギリ曲線内。


<診察>
ここで小児科の先生に微妙な言われ方をしまして、
漫画ではちょっと誇張して描いてしまったので
先生がすげーーーーー嫌な奴になったんですが、
多分私の伝え方が不十分だったというのも大きいと思います。
まあ私が何も言う前から「言葉が出てない? ちゃんとやらないと」みたいに
言われたので、せめて話を聞いてからにしてほしかったですけど!
でも先生も短い時間でベルトコンベア式にたくさんの子を診なきゃいけないので、若干雑な感じになってしまったんじゃないかなと…
結構イライラしてる感じはしたし。
いずれにしろ、忙しい中、健診で診てくださる医師の存在はありがたいし、
多くの子供を見てきた立場として何か私に思うところがあったのかもしれないし、
逆に虫の居所が悪かっただけかもしれないし、そこまで根に持ってはいません。
何より息子に発語がないのは事実なので、 言われたことは謙虚に受け止めようと思います。
ただしあの先生がいる病院には絶対行かないけどな!(根に持ってる)
(しかも後で調べたら、この先生自分のサイトで
ワーキングマザー批判とも取れること言ってて、
評判は悪くはなさそうだけど、ちょっと一癖ある感じみたいです。
ってそこまで調べるくらい根に持ってる)

<歯科検診>
息子は虫歯はなかったものの、歯磨きは甘かったようで、もう少ししっかり磨いてあげるといいですね、とのこと。
さっきの小児科先生と違い、歯科医の方はとっても優しくて(根に持ってる) 、「でも暴れると磨くの難しいですよねー」と言ってくださって嬉しかったです。

それと、息子は指をしゃぶる癖が抜けないんですが、 このせいで歯並びに影響が出ていることも指摘されました。
3歳くらいまでに止めさせれば歯並びも自然に直るので、 なんとか色々試してみてくださいと。
けど色々やってるけどなかなか上手く行かず…。
まあ、大至急止めさせないと取り返しがつかないことに!という訳ではない、 ということだったので、あまり気負わずにやろうと思います。
あ、でも発語も気負わずにいたらちゃんとやれって言われたからな〜(根に持ってる)。
多少プレッシャー感じるくらいやらなきゃダメかもしれないですね…。


<まとめ>
そういうわけで後日再健診とか言語聴覚士の方とのミーティングとかがあるので、どんな感じだったかまた書きたいです。
そういえば私、四ヶ月健診のときも保健士さんにちょっと嫌なことを言われて…(※)
健診運がないのかもしれません。健診好きなのに…。それか私、自分が思ってるより全然"出来てない"親なのかも。凹みます。

(※予防接種のスケジュールがちょっと狂った部分があって、それを「他のお母さんはちゃんとやってますよ」と言われた。
別にすっぽかしたとか全く打ってないんじゃなく、2回目の注射が一週間程度遅れただけで、小児科の先生には全然問題ないよ〜って言われたのに! キー)



<余談>
どうでもいいんですが、場内での移動中、保健士さんが私の荷物を持って「うわっ!重いですね!」と驚いていて衝撃でした。
私も常々自分の荷物が重いとは自覚していたんですが、
オムツや着替えや飲み物など子供との外出に欠かせないものを入れたら自然とこの重さになっただけで、育児中の方はみんなこの重さを抱えてるんだと思っていたので…皆さんそこまであれこれ持ってないんでしょうか。
でも心配性なので何を外せばいいのか分からない。
先日、通勤で都心に出る夫に「震災が起きたり電車が止まったりしたときのために
携帯トイレをカバンに入れておいたら?」と言ったら、「それはいらないよね」と言われました。結構真面目に言ってるんだけど…。 

※かなり長いです。

もう大分前の話なんですが、息子1歳にしてディズニーランドに
デビュー致しました。

うちは母がディズニー大好きで、幼い頃から1〜2年に一度は行っていたので
息子も早く連れて行きたいな、でもあんまり小さい内は大変だろうから
3歳…いや場合によっては5歳くらいからかな…と思っていたのに、
母によっていとも容易くデビューさせられてしまいました
(いや、最終的に決めたのは私だけど)。


子供を連れてのディズニーについては
有意義なレビューが既にたくさん溢れているので、
特に「こうした方がいいですよ」みたいなお役立ち情報はないのですが、 
感想だけ書いておこうと思います。
ほんと数ヶ月前の話なので既に記憶が曖昧なんですが…。




TDL1
TDL2
TDL3
TDL4
↑ごちゃごちゃしてるのと色が滅茶苦茶で読み辛かったら申し訳ないです。
もっと背景などちゃんと描きたかったのですが、うだうだしてたら
既に数ヶ月経ってしまったので、この辺で放流…
いつものことながら見苦しくてすみません。


<行き・帰り・ベビーカーについて>
ベビーカーはレンタルしました。1日1000円でミッキー柄のを借りられます。
かなり頑丈な作り。割と大きな子でも乗せられそうに思いました。
あまり背面を倒せないので、寝るには向いてないかも???
漫画に描いた通り、名前(手書き)と日付入りのレンタルチケットを
持ち帰ることが出来るので、記念になるかも。
別に何の変哲もない紙なんですが、私は嬉しかったです。

行き帰りは抱っこ紐だったのですが、
息子は空気を読んでくれて、行きの電車で爆睡、
パークではずっと起きていて、ちょうど帰る頃に爆睡、と
私の思うつぼでした。


<乗ったアトラクション>

①ウエスタン・リバー鉄道
②ジャングル・クルーズ
どちらも暗い建物内を通る箇所があったけど、なんとか泣かずに乗れました。
ジャングル・クルーズで水面から顔を出すカバを見たときが一番ヤバかった。
数年前に乗ったときはただジャングルを回るだけだったと思うんだけど、
リメイクで凝った演出が増えて楽しかったです。

③魅惑のチキルーム
私が子供の頃、「ディズニーランド内にこんなに空いていて退屈なものが
あるなんて…」とある意味衝撃を受けた屋内ショー。
息子は歌う鳥を不思議そうにじーっと見上げてました。
スティッチver.にリメイクされたものの、相変わらずガラ空きだったので
休憩所として使えるなと思いました。

④イッツ・ア・スモール・ワールド
今回の大本命。とにかく涼しいしまったりして癒されます。
ベビー向けおもちゃのようなデザインも見てて飽きないし
息子も怖がることなく体を揺らして楽しんでたのでよかったです。
昔は仮眠所扱いしてたというのに、子供が一緒だとこんなに魅力的なんて、
立場が変わって初めて見えるものってあるんだなあと感じました。

⑤トゥーン・タウン全般
アトラクションには乗らなかったのですが、
ここはエリア全体が子供向け仕様なので息子も歩いてるだけで楽しそうでした。

⑥カントリー・ベア・シアター
魅惑のチキにはそんなに惹かれないのですが、こっちは昔から大好き!
好きなアトラクションBEST3に入るかもってくらい好き!!
どう考えてもダッフィーよりヘンリーの方が可愛い!
昔からあるものだけど、あんなに細かく動いて表情豊かなのってすごくないですか!?
プロジェクションマッピングが〜とか3Dが〜とかより
ずっとディズニーの底力を感じられて毎回心が打ち震えています!
夏は内容がバケーション仕様に変わるのも嬉しいし、
平和で老若男女が楽しめるのも素晴らしい!
なのに毎回6割くらいのお客が寝てるので、
心の中で「おいお前! 起きろ! 麗しのテディ・バラ様の歌を聴け!
チッ、この良さが分からんとは……!」と毒づいています。
カントリーベア達のグッズがパーク内にほとんどないのも不満!
私はディズニーキャラではスクルージおじさんが大好きなので、
TDSにスクルージおじさんがフィーチャーされたお店ができたときは
大喜びしたのですが、いい加減カントリーベアも充実させてほしいです!


<お昼ごはん>


これは完全に準備不足でお恥ずかしいのですが、
ランチタイムのお店はどこも混んでいて全然座れなくて本当に困りました。
子供産む前は時間をずらして午後遅めにご飯食べてたので、
お昼にこんなに混むって知らなかったです
(広いお店がたくさんあるし、大丈夫だろ〜程度に思ってました)。 
涼しい時期ならテラス席やベンチで食べることも出来たけど、
如何せん猛暑だったので、彷徨った挙げ句たまたまテーブル確保できた
ファストフードのお店でいただきました。
息子がリトルグリーンまん(緑色のまんじゅう)をおもちゃと勘違いして
遊び始めたのが微笑ましかったです(私が美味しくいただきました)。
次回からは必ず予約していこうと思います。

リトルグリーンまん


 
漫画にも描いた通り、パーク内では結構ジュースやアイスを与えてしまいました。
まあ一日くらいいいかなと…。



<まとめ>

こんな感じで、滞在時間は午後3時頃までの5時間ちょっとでした。
乗ったのもこれだけ。
ファストパスがなく待ち時間が長いもの、
泣いたり怖がったりする可能性があるものは除外したので
私史上もっともまったりしたディズニーでした。

1歳はまだ早いかなと思ってたけど、ツイッターで近い月齢の子が
続々とデビューしてるのを見たし、育児雑誌でも特集が組まれてるし、
実際現地もベビーカーたくさんで、
当然ながら子連れでもアウェイ感は全くなく楽しめました。

今回は母と行きましたが、次回は夫と家族三人で行きたいです。
早くも来年ディズニーシーに行けたらな…あわよくば一泊して
二日連続でランドとシーを堪能する豪華旅にしちゃおうかな…と企んでいます。

ちなみに記念品としてミスターポテトヘッドを買ったんですが、
自分でも何でこれを選んだのか分かりません。
でもあの時は本当に一目見て「これだーー!」と思ったんです。
息子は気に入ってませんし私もどうしたらいいか分かりません。

20161023_112015337_iOS

<蛇足:乗ろうか迷った末、やめたアトラクション>

*これは私が個人的な理由から断念しただけで、
「子連れで乗らない方がいい」というものでは決してないです
(実際1 歳の子を連れて乗ってる方も多いと思いはず)。


3Dメガネをかけるものは全部アウト。 
フィルハーマジックとか大好きなので見られなくて残念でした。 

ただ、おおむね7歳までは3Dメガネはダメだと聞いているのですが、
ベビーカー連れや幼児連れで入っていく人達も結構いました。
子供にはメガネなしで見せてるのか、メガネかけさせても割と大丈夫なのか…
実際どうなんだろ?
まあうちはメガネ自体嫌がってかけないから、どっちにしろ無理なんですが。

6歳以下は3D映像に注意ー共栄火災

3D画像、6歳未満は「視聴避けるべき」ーAFP


・待ち時間が長くファストパスがないもの
とにかく暑かったので、15分以上屋外で待つものはやめました。
個人的に早くファストパスを付けて欲しいのが、
「ピーターパン空の旅」です。
あれいつ行っても地味に混雑してるんですよね。
白雪姫やピノキオに比べて怖くないし、綺麗なので是非乗りたかったんですが。
(白雪姫とピノキオは怖すぎるので止めました)

・蒸気船マーク・トウェイン号
乗ろうと思ってたのに忘れました。子供の頃はあまり興味なかったけど、
今は作家のマーク・トウェインが好きなので乗りたかったです。
トム・ソーヤ島には息子が大きくなったら行きたいです。
ちなみにトム・ソーヤ島はウォルト・ディズニーが唯一直接設計に関わった
アトラクションらしいですね(今wikipedia見て知った)。
さらにちなみに、ディズニーが制作した映画『トム・ソーヤーの大冒険』では
美少年子役として一世を風靡した故ブラッド・レンフロが
孤独な少年ハックルベリー・フィンを演じていて、すげー良いです(見た目が)。
世界名作劇場のアニメでは封神演義の土行孫のように描かれたハックが
ものすごい陰のある美少年になってて腐女子的な意味で最高すぎました。

↓世界名作劇場では右のモグラみたいだったハックが、
20161017_060851000_iOS

↓ディズニー実写では右の超絶色気噴射絶世美少年に!
20161017_060810000_iOS



このレンフロは彼の出演作の中でも
特に美しい映り方をしていると思います
(映画の内容は完全に忘れたんですが、確か割と面白かった気がします)。
他にもレンフロは…………
と、ここまで書いてやっとディズニーランドの話題から
ズレまくってることに気が付いたので、終わりにします…。
美少年子役はいいぞ…!(捨て台詞)
 

漫画は、ネットで安いのを見つけて勢いで買ったらテープでしたというだけの話です。
そして記事のタイトルに意味はありません。
お洒落っぽいことを言ってみたかっただけです。


パンパース


最近息子がオムツを妙に気にしていて(正確には「オムツの中にあるもの」?)、
油断するとすぐにオムツに手を突っ込んでいる。
オムツがズレちゃって漏れることもしばしばだし、
オムツの中に例のブツがあったりすると、それが付着した手でおもちゃを触ったりするから
もう阿鼻叫喚の地獄絵図。気を付けてはいるのに既に3回ほど地獄を経験しました。


これ1歳児あるあるかな?と思って検索したら、案の定それで悩み相談されてる方がいて、
それに対する回答に「うんちもおしっこも子供の一部=大事なものという考えがある」
とあって目から鱗でした。
そうか、排泄物も息子の一部だもんね。目くじら立てちゃいけないよね。
「汚い!」なんて以ての外よね。
……という訳にはいかないんですよ、しかし。


ズボンを履かせてもウエストから手を入れるので、
全身タイツみたいなカバーオールでも着せるしかないか?と思ったり。
もうお出かけもパジャマも全部上下セパレートの服にしてしまったんだけど…。

あるいはトイレトレーニングを始める良い機会なのかも…!?と思いつき、
育児書を開いてみた。

育児書によると、トイトレを始めるのは
①一人で歩ける
②おしっこの間隔が1〜2時間以上
というのが最低条件(?)らしい。
まあこれはクリアしてる(②は完璧に把握してるわけじゃないから微妙だけど)。

それと、おしっこをしているタイミングに親が気付くことも大事らしい。
オムツをしていても「あ、今してるな」と仕草などで把握しておくべし、とのこと。
で、一日の決まった時間にトイレに連れて行くことを習慣にする。
起きてすぐとか、食後とか。


とりあえず、まずは息子の排泄状況をがっちり把握することから始めたいと思う。



ただ、ここまではあくまで「私が息子のオムツを『外す』やり方」であって、
これだけでは息子が自発的にトイレに行くトレーニングには全くなってない。
やっぱり理想は私と息子がお互いに納得した上で進むことなので
(というか、訳が分からない状態で息子を振り回すのは気が進まないので)、
まだ言葉も出てない息子にオムツ卒業を望むのは焦りすぎか。

ネットで検索すると、〜1歳台前半でオムツを外したという経験談も出てくるけど、
大抵は子供からアクションがあったことをキッカケにしているっぽい。
オムツ汚れるとすぐに知らせてくれるようになったとか、
する前に声をかけてくれるようになったとか。
息子はそういうのはないので、早いとか遅いとか以前に、まだまだ無理な気がする。




一応、一般的にはどうなのかちょっと検索してみた。

少し古いデータだけど、平成22年の日本小児保健協会による研究では、
1歳時点でトイトレ(おしっこ)を始めてない人は89%、1歳半だと56%。
つまり約5割弱が1歳半辺りからぼちぼち始めている様子。

(ちなみにcookpadベビーのアンケートでは2歳〜2歳半と答えた人が最多、
ウィメンズパークのアンケートでは2歳半〜3歳が最多だった)


そしてcookpadベビーのアンケートによると、開始年齢が早いほど
トレーニングが長期化する傾向があるらしい。
(1歳半以前で始めた場合、完了するまでに1年かかった人が最多。
 3歳以上で始めた場合、完了するまでが1ヶ月未満だった人が最多)

日本小児保健協会による研究:1歳〜7歳の幼児5352名が対象
cookpadベビーのアンケート:母数不明
ウィメンズパークのアンケート:3〜6歳の幼児を持つ母親381人が回答


早い時期に始めて、時間をかけてゆっくり習慣にしていくか、
ある程度物事を理解できるようになってからサクッと教えるか、
正解はないので親子の性格や環境によって選べばいいわけだけど、
うちは後者になりそうな気がするなあ
(何故かって、私に1年もトイトレする気力がないから…)。


何歳までにオムツ外すぞ!という明確な目標や信念がない限り、
結局は準備が出来たと自然に感じられたタイミングで始めるのがいいのかな。
私は断乳はなんか焦って早くやってしまったので(すごく楽になったからよかったけど)、
トイトレはゆっくり様子を見て行こうと思った。



でもオムツの中に手を入れちゃう問題は早急に解決したいな…。



幼児健康度に関する継続的比較研究

トイレトレーニング開始年齢とおむつ卒業時期 / cookpadベビー

トイレトレーニング、81.4%が2歳までにスタート。ベストな時期は7月?
 

 

絵本


最初は絵本を持ってくることに感動していたのですが、
何度も何度も冒頭でぶった切られるのは地味にストレスで、
最近では意地でも最初の1冊を読み切ってやる…!と
違う絵本を押し付けてくる息子から逃げ回っています。
 
ツイッターで「飽きたのでは?」というリプを頂いて、「それか!」と思い
早速新しい絵本を買ったのですが、生憎それでもダメでした。
(買ったばかりの絵本の一ページ目で他の本を渡されてしまった…)




絵本は私の独断で選んだのを数冊買って、
あとは図書館でちょこちょこ借りて読んでます。

絵本を選ぶときのポイントとしてよく聞くのは、

・本が小さい(乳幼児は視野が狭いので、大きな絵本だと視界に入りきらないらしい。
あと大きいと自分で持てないし)

・紙が分厚い(舐められたり破られたりするので)

・色使いが派手で絵が綺麗
(あんまり繊細な色使いだと乳幼児には見辛い・認識されないというので)

・短い(長いと途中で飽きられるので…)

辺りだと思うんですが、
個人的にはやっぱり「読んでいて私にストレスがない」というのが大事かなと思ってます。
私が好きになれる絵本じゃないと、楽しく読んであげることができないので。
幼児向け絵本だと「うんこうんこ」みたいな内容も結構あると思うんですが、
そういうのどうしようかなーと今から思ったり。
何か嫌なことがあって凹みながら家事してるときに
「うんこ読んで」とか言われたら泣けそう。


あと最近は、外国の絵本でとても面白そうなのが多くて気になってます。
同性愛をテーマにした「王さまと王さま」とか、
様々な家族の形を描いた「いろいろかぞく」とか。
後者は残念ながら在庫切れで入手が難しくなってるようなのですが、
さすが外国だと子供向けでもダイバーシティを多分に意識した作品が多くて
子供のためというより私自身が読んでみたいなと思ってます。
(日本の作品にもそういうのあるのかも?)


(↓アフィではないです)

王さまと王さま
リンダ ハーン
ポット出版
2015-08-26


いろいろかぞく―トッドのえほん
トッド パール
フレーベル館
2005-12





絵本ナビ http://www.ehonnavi.net
登録すると300円分の割引クーポンが貰えるっぽいので、まだの方おすすめです!


いつも以上に内容のない記事になってしまったのですが、
最近更新しなさすぎなので「更新するだけ偉い!頑張ってるよ私!」と思うようにしました。 
書きたいこともまああるんだけど、長い文章を書く気力が全くない…。 

というかツイッターにアップした絵とかを記録するために始めたブログなのに、
ツイッターに載せたことで満足してしまい
改めてブログにまで載せようと思えなくて全然進まないという現状…。
記録しておくほどの絵でもないしな…。
でも継続は力なりと言う言葉を信じてやっていく所存です。
ブログ頻繁に更新されてる方は本当に根気があって素晴らしいなと思いました。おわり



1歳3ヶ月息子のお気に入り絵本





 



 

↑このページのトップヘ