カテゴリ: 漫画

あと少しで2歳7ヶ月になってしまう今日この頃、2歳5ヶ月のまとめを書いてなかったことを思い出し、別に書かなくてもいいけど一応やっとこ…と思って書き始めたものの、ほとんど何も覚えていない。
9〜10月は家のこととか個人的な用事ですごく忙しくて自分用の子育て日記もかなり手抜きになってるし……とりあえず息子が元気だったので何よりです。あ、一回風邪引いたかな? 覚えていません。

2歳5ヶ月①暑い



2歳5ヶ月②野菜

2歳5ヶ月③寝るわ

2歳5ヶ月④女の子

<印象的だったこと>
・自分の名前をフルネームで言えるようになったこと
・ くもんの日本地図パズルを完成させられるようになったこと
(最近はもうマスターしたようで、つまらなさそうにサクサク作ってさっさと終わらせている)
 

以上です。内容なくてすみません…

毎日息子が目に見えてすくすく成長していくので、少なくとも一ヶ月ごとくらいにその成長ぶりをまとめておきたい…ということでまとめました。なんか面倒だったり時間がなかったり面倒だったりで出来ずにいたんですよね〜面倒くさがりなので〜。
ちゃんと0歳からやっとけばよかったな。育児ノートは付けてたけど、1ヶ月ごとにまとめとか分かりやすく残しておけばよかった。2年前の私にちゃんとやっとけと伝えたい。「それどころじゃねーよ!」と塩をかけられそうだけど。

<2歳1ヶ月の息子>

身長:測る機会がなかなかなくて不明。私は見慣れてるので特に何も思わないのですが、外では相変わらず「大きいですね!?」と言われます。もはやベビーカーに乗せてると違和感を覚えるかもしれない……。
体重:13kg前半くらい。


<スルスル期?>
息子はイヤイヤ期はまだ来ないのですが、代わりにスルスル期?と言うんでしょうか、何でも自分でやりたがるし、私がやってることを逐一「◯◯もやりたい」と主張するようになりました。
家電のスイッチを入れたがったり、鍵を開けたがったり、洗濯物を干したがったり。
なるべくやらせるようにしてるけど、時間がなかったり面倒なとき、あるいは「それは無理だろ」ってことをやりたがるときは適当に誤摩化しちゃってます。ごめんな。


<好きなもの>
『最強のりものヒーローズ』という幼児向けの隔月雑誌を買ったところ、大ハマリしてボロボロになるまで読み込んでます。おかげでスーパーガジラとかイーストiとかなんかマニアック(? 私は全然知らないので……)なやつも好きになって、このまま行くとそのうち鉄道めぐりに行かないといけなくなるなって感じに……。
先日、ママ友に「息子くんは趣味が『男の子!』って感じだよね」と言われました。でも児童館ではキティちゃんのお家とかおままごとでも遊ぶので、好きなものは大事にしつつも、偏らずに色々興味を広げていってくれればなと思ってます。

2歳1ヶ月④電車

<甘え加速?>
妙に甘えん坊で、家の中でもべったり私に密着したがるときがあり、どうしたもんかなあ〜と思ってます。隣に座ってるだけじゃダメで、膝の上に乗ったり、私にしがみついて贅肉を揉んだりしないと気が済まないらしく、すっかり動きが封じられるので一日中これだと結講困るんですよね……。


<発語とか>
言葉は毎日のように増えているのですが、絵本や童謡からの学びが大きいみたいです。幼児向け絵本や童謡の偉大さを思い知りました。
「絵本ってさらさらって描いた絵とテキトーな文だけだから、簡単に作れそう」と思っていた昔の私を後ろから蹴りに行きたいです(と思ったら、先日身内が同じことを言っていて、「いや、これすごいんだぞ……配色とか文のリズムとか、完璧に計算し尽くされてるんだぞ! まず美大卒じゃないと無理っぽいレベルなんだからな!?」と思いました。作家さんがみんな美大卒なのかどうかは知りませんが……)。

2歳1ヶ月①歌
歌詞が違ったりカタコトだったりしますが、大分上手くなってきました。「豆が欲しい」とは喋れないのに、「まーめがほしいな」と歌えるという謎(正確には「豆が欲しいか」ですが)。

歌
歌詞が難しかったりテンポが早い曲は語尾だけを歌うのですが、それが可愛すぎて毎回笑いを堪えきれません。初めて聴く曲でも、語尾だけ真似して歌うことも増えてきました。
歌がとっても好きなようなので、将来はミュージシャンかな? オリコン初登場1位? 四大ドームツアー? グラストンベリー? とか考えてます。


2歳1ヶ月②ひらがな


2歳1ヶ月③すっぱい


<嬉しかったこと>
はーい5:29


本当にたくさんのことが出来るようになった一ヶ月でした。こんなに毎日分かりやすく「昨日できなかったことが今日はできる!」ってなるなんてすごい。人間ってすごい。こんな感じで2歳2ヶ月もすくすく成長しますように!

<おまけの落書き>

2歳1ヶ月

今年もおかげ様で無事に誕生日を迎えることができました。

2歳って完全に幼児だと思うのですが、自分の子供に関してはまだ赤ちゃんに感じる部分もあり、でも子供らしさも垣間見え、なんとも可愛い年齢です。0歳も1歳もずっと可愛かったんですけど!
先日、久々に会った友人(女の子育児中)に「もうすっかり男の子だね」と言われて、そうなのか〜と思いました。確かに立ち姿なんかは男の子らしいかも。

0歳の頃は健康で大人しく好き嫌いなくよく食べていた息子は、1歳過ぎて結構体調を崩すようになり(特に秋〜冬くらい? 割と頻繁に風邪引いてたような覚えが)、児童館で走り回るようになり、食べムラも出てきました。食い意地だけは張っていて、朝起きて2秒でご飯食べたい!と主張するくせに、急いで朝ごはん用意して出しても手を付けなかったりとか。
食べるときは本当に食べるので、悩んでるわけではないんですが、場合によっては一食分丸ごと捨てないといけないのはちょっとストレスではありました。もったいないっていうのは当然として、生ゴミがね……。

息子は放っとくとお昼寝2〜3時間くらいするので、これまでは「この子はロングスリーパーなんだろう」と決めつけて寝かせてたんですが(とても助かったし)、先日バタバタしてて30分程度しか眠れなかったのに割と平気そうで、どっちにしても夜の睡眠にあまり影響がないということが判明しました。3時間昼寝しても30分でも夜は寝るし、朝も起きるので、それなら3時間も寝かせる必要がないのでは……? もしや今まで無意味に寝かせ過ぎだった……?と、一日のスケジュールを見直すべきか考え中です。
でもな〜昼寝時間に私も寝たり家事したり本読んだり寝たり夕食の準備したり寝たりしてるので、これが短くなると私の方に影響が出そうでな〜。しかし私が楽したいからという理由で息子の貴重な午後を惰眠で潰すのもどうかと思い……。決断の時なのかもしれません。うう。

あとはイヤイヤ期ってどんなもんなんだろう……というのと、今月から始まる親子教室(1歳半健診で引っ掛かった子達だけのクラス)に対する期待と不安があります。でもまあ今はとにかく家族揃って楽しく2歳をお祝いできたことに感謝したいです。

しかし去年はまだ歩いてもいなかったんだなあと思うと感慨深い。 今年も2歳になってくれてありがとうです。




誕生日の食事は結構がんばった! 〜以下写真〜

C87-jsVUIAAcBoy
C87-jsXV0AAl824
アンパンマンポテトのありがたさ。スープもアンパンマンのやつです。

C87-jsWUQAAP16G
タルトは生地から作ってみたのですが、結講美味しくてよかったです。しかしイチゴの乗せ方をもっと勉強しておくんだった。

C87_KB_UIAASvtu
顎が……。

C87_KB_UAAABTpp
これ見て盛りつけのセンスがないと改めて思いました。緑のやつ髪の毛みたいに見えるし……。

C87_KB9UwAEG9Up
これは「ばいきんまん!」と喜んでくれたものの、あまり食欲はそそらなかったようで、アンパンはんぺんパンチをおにぎりに向かって繰り出すのに夢中で、結講残してました。
 

ST2①
ST2②改
ST2③改
ST2④
言葉の面はもうそんなに心配ないみたいで、そこはさらっと終わって「それよりも落ち着きのなさが……」みたいな話になりました。

まさかそんなことを指摘されるとは思わなかったので、かなりビックリしました。もちろんあながち間違いではないというか……むしろ確かに児童館などで「集まってくださ〜い」とか「輪になって座ってください」とか「これで遊びましょう」みたいな場面ですぐに飽きて走り出してしまうので、落ち着きないのは事実だと思います。
でも今回指摘された「次から次へ色んなおもちゃに移る」というのは、特に疑問に思ったことなかったので意外でした。だってたくさんおもちゃがあったら目移りしちゃって当然だと思ってて……私も漫喫とかアニメイトとかで「どこから行く!?」ってソワソワするタイプなので(って、まさか私も落ち着きがないのか?)。

息子は0歳の頃はむしろ大人しくて、他の子がキャーキャー言ってるときに割と黙ってる感じだったので、ワーワー走り回るようになったことに少しだけ安心していたんですよね。だからそこを「落ち着きない」とネガティブに取られたことにかなり動揺したし凹んでいます。何だろうな……自分がそこそこ美人だと思って美人の列に並んでたら、「あっブスの方はこちらですよ^^」とナチュラルにブス列を案内された、みたいな……いや全然違うか……っていうか何だこの例え。

それに外ではベビーカーに乗って大人しくしてるし(というかベビーカーから降りたがらない)、電車やバスでは静かに座ってるので、あんまり深刻に考えたことなかったんですが……。

ショックだったのは、来年度から近所の幼稚園の1〜2歳児向けクラスに行こうかと思ってるという話をしたときに、微妙におすすめしない的な反応をされたことでした。なんかその幼稚園はかなり教育熱心なとこらしくて、伸び伸び遊びましょう〜という雰囲気ではないので、落ち着きのない子が行くと親子共に肩身の狭い思いをするんじゃないか、的な……。行く気満々で楽しみにしてたので、正直かなりガーンでした。

さらにショックだったのは、息子の落ち着きのなさは元々の性質っぽいので、今後多少の改善(?)はされたとしても、気の散りやすさは大きくなっても変わらないかも、と言われたこと。学校の授業とか受験勉強とか大丈夫なのかな〜(気が早い……?)。
でも、実を言うと私も集中力がなさすぎて自分で悩んだことがあるので、遺伝だと思うとかなり納得ではあります。本当に全然集中力ないんですよね……息子も同じ道を歩むのか……。


でも本当しつこいようだけど、私には息子がそんなに「異常に落ち着きがない! やばい! 何とかしなければ!」という風には見えないんですよね。たくさんの子供を見てきたSTさんがそう言うなら、何かあるんだろう、とは思いつつ、どこが問題なのかよく分からないからモヤモヤします。親子教室で詳しい話を聞けるとは思うんですが……。


その親子教室は「広い意味では療育とも言えなくはないが、障害の有無に関係なく何か悩んでる親子とかを招待して遊ぶ場」らしいです。児童館などと違うのは、来るのが選ばれし少人数だけなのと(今回は1歳半健診で何らかの指摘を受けた子達だけっぽい)、心理士さんとかベテラン保健士さんなど複数の専門家がつくことらしい。で、その中の一握りの子が本格的な療育に進むことになるらしい。
息子の場合、まだ2歳前ということもあって、診断が下りるかもとかそういうレベルの話ではないと念を押されました。多動とか、そういうことじゃないですよと。これから先どうなるかはもちろん分からないし、もしかしたら動揺してる私へのフォロー(?)だったのかもしれないのですが。

ちなみにSTさんは「療育って、ネットなどで『障害がある子が行くもの』ってイメージが一人歩きしてて、『えっ療育に行かなきゃいけないんですか!?  うちの子、障害があるんですか!?』って反応する方もいるけど、必ずしもそう(障害のある子専用の場)じゃないんですよ」と仰ってました。まあ障害があったからって何だって話でもありますよね。だって別に、他所の子が療育に行くって聞いたって、「可哀想に」なんて思わないですし。
なんか指摘されるとビクッとしてしまうけど、「うちの子には絶対障害があってほしくない!!!!」と思ってるわけじゃない(つもりだ)し、例え障害こそなくても、そんな考えを持ってたら結局いつか子供を(あるいは他の誰かを)何らかの形で苦しめるんじゃないかと思うので、そこは気にしないようにいきたいです。

あと関係ないけど、「もう少し口を使って食べるものを与えてくださいね」とも言われました。なんか顎の筋肉があんまり発達してないっぽい? 繊維質なものとか葉物野菜とか、奥歯ですりつぶすようなものを積極的にあげてくださいとのこと。一応あげてはいるんですが、確かにほとんど吐き出しちゃってるかも。

あとは、ベビーカーは大人しく乗ってくれてるならまだまだ利用してOK、むしろゆっくり買い物できて良いですよね、って言われたのと、背が高いですねと言われました(これはただの雑談か)。
最近お茶碗2杯は食べるので肥満が心配ですが、外を歩かない割に体重は何故かあまり増えてないようで、なんとか発育曲線内に収まってます。

こう指摘を色々受けると、自分はなんて意識の低いダメ親なんだろう(落ち着きがないこと自体じゃなく、それを問題だと思わなかった点について)……と、とっても凹ミーマンになってしまってダメですね。以前健診で言葉の遅れを指摘されて凹んだ話を書いたとき、Twitterで「うちも発語ないけどスルーされた、むしろ専門家に見て貰えてラッキーじゃないか」的なエアリプなどがいくつかあったので、今回も「手厚く見て貰えるだけいいじゃないか贅沢言うな」と思われてしまうかもしれないんですけど、やっぱちょっと凹みました。
でも新しい場所で遊べるのは楽しみだし、良い機会だと捉えないといけないですよね。元気出すためにラッキーマンでも読みたいです。漫喫に行きたい。

※なんか頭の整理がまだちゃんとついてなくて、文章がとっ散らかっててすみません。いつもか。

二語分2:15

「わんわん ぃた」と「ゴー ない」の2回言ったように聞こえたのですが、その後ぱったり言わないので聞き間違いか、奇跡的な偶然だったのかも?
でも二語文なんてまだまだ先なんだろうな〜と思っていたので、こんな感じである日喋れるようになるのかなと体験できて嬉しかったです。
むしろ「もう少ししたらぺらぺら喋り出すのかな……宇宙人みたいな喃語、可愛かったのにな」と思う始末……。成長が遅いと不安だ心配だって騒ぐくせに、成長したらしたで早すぎる寂しいと嘆くので、勝手な親だなあと我ながら思います。

子供の成長って、この日この時間に出来るようになった!という感じではなく、徐々にぬるっと出来るようになるものが多いということを、自分で育ててみて初めて知りました。ハイハイしてた赤ちゃんがある瞬間突然スクッと立ち上がる、というわけじゃないんだなーと。
言葉関係だと、うちの息子は例えば電車を「しゃ」とか「うーしゃ」とか言うんですけど、これを「電車って言えるようになった」とカウントしてもいいのか、それとももう少し電車に近い音になるまでは発語できたとは言えないのか謎に思っています。別に正確にカウントしなきゃいけない訳じゃないし、いいんですけど。

たまに他所の子はどうなんだろうなーと気になったりするものの、児童館などで会う同じくらいの月齢の子は、どの子も人前では全然喋らないんですよね。
1歳半くらいの頃、誰もママとかワンワンとか言わないので、「あー皆まだまだなんだなー」と油断しきっていたら、よくよく聞いてみると「家ではうるさいくらい話すよー」と口を揃えていて焦ったりしました。
あくまで私の行ってる児童館の話ですが、知らない人の前でも怖じけず話すようになるのは2歳後半くらいのようです。3歳台になると大分お喋りしてる感じ。

あと少しで言語聴覚士さんと二度目の面会があるので、疑問点などはそこで聞いてみようと思ってます。


〜この話は終わりです〜


 
※全く関係ない吐き出し※
今までの話に全然関係ないのですが、先日Netflixで映画を見たんです。この話に関係ないどころか育児にも全く関係ないんですけど。
それがゲイの恋愛映画で結構良い内容で、出てくる役者さんもかっこよくて楽しかったのに、日本語字幕が酷すぎたんですよ。
その台詞をこう訳すかね?ってワードチョイスだし、字幕が表示されるタイミングも酷いし、口調がころころ変わったり直訳しすぎてたり、あまつさえ抜けてる箇所もあったり、もうめちゃくちゃストレスフルで、字幕をオフにすることも出来たけど、怖いもの見たさもあり意地もあり最後まで見てしまいました。
後半は完全にイライラしながら見てたため、冷静な判断が出来てない可能性もあるので作品名とかは一応伏せておきますが!

〜ここでしばらくゲイ映画について語ったのですが、あまりにも関係なさすぎるし大して中身がなかったのでカットしました〜

翻訳者が日本語非ネイティブの人なのかなと思ったけど、もしかしたら自動翻訳だったのかも(エンディングロール最後まで見なかった)。字幕を付けるという仕事の大変さも少しは聞いているし大変リスペクトもしているのですが、今回ばかりはもうボランティアでいいからお願いだから私に字幕付け直させてください素人ですが絶対これよりはマシです絶対絶対って思うほどでした。
でもおかげで普段何気なく見てる字幕の有り難みを知りました。
ついでに先日息子が久々に高熱を出して、毎日元気でいてくれることの有り難みも知りました。
人間、何かを失ったり不便な思いをしないと、なかなか気付かないこともあるんだなと改めて思います。
そのうち二語文を話し出したら、きっと「あの頃はたどたどしい単語だけで可愛かったなあ」と、今を懐かしむようになるんでしょうね。
子供の成長は止められないから、後悔しないように今を大事にしなければ……そんな大事なことを教えてくれた映画でした。素直になれないゲイの話だったんですけどね。
とにかく素晴らしい作品に感謝です。今度あんなクソ字幕付いてたら絶対苦情送ってやるからな。


↑このページのトップヘ