カテゴリ: 漫画

ロマンスカー

もう結構前のことなのですが、箱根に行ってきました。箱根と言えばロマンスカー! ついにロマンスカーデビューだ!
ロマンスカー

……何週間も前から息子と盛り上がっていたのに、なんと当日、ロマンスカーが運休という憂き目に……。しかもその日は何故か朝から色んな電車がトラブルを起こしてダイヤが乱れており、なのに浮き足立っていた私達は家を出る前に運行情報を確認するのを失念していたため、予想外の満員電車に苦しめられたり、駅で延々待たされたり、さらにロマンスカーの運休と、散々な目に遭ってしまいました。
結局、在来線で箱根湯本まで行くことに。予約していたロマンスカー弁当にもありつけず、がっかりしつつ乗り込んだのですが、在来線はまったりしていてそれはそれで楽しめました。せっかくの旅行だし、家族でゆっくり電車に乗るのもいいですよね。


温泉はもちろん最高でしたが、子連れ的には箱根湯本の隣駅にある「生命の星・地球博物館」がとても充実していてよかったです。中でスタッフさん(学芸員さん?)が「写真OKですよ〜、(一部は)触っても大丈夫ですよ〜! うちは(石などの一部は)本物を展示していますよ〜!」と声をかけて回っていました。1

息子は絶滅危機動物についてのコーナーで、何とも言えない表情でこちらをじっと見据えているオオカミの剥製に怯え、帰宅後もしばらく「オオカミさんが来る……」と怖がっていました。

この博物館があるのは、箱根湯本駅の隣の入生田駅すぐ。お子さん連れで箱根に行く際にはぜひ。入生田はのどかな駅で人がほとんどいなかったので(時期によるとは思いますが)、通過するロマンスカーをまったり眺めるにもうってつけだと思います。
2


なお帰りは無事にロマンスカー(VSE)に乗ることができました。息子は念願のロマンスカーに「わーいわーい!」と大喜びしていて、周りのお客さんに「あの子、すごい喜んでるね。大ファンなんだね(笑)」とクスクス笑われるくらいでしたが、発車5分で爆睡しました。

3
ロマンスカー弁当。


新幹線


あと別件でかがやきに乗りました。新幹線のピカピカ・ツヤツヤの見た目って本当に綺麗でかっこよくて惚れ惚れしますね……。これまで新幹線を特別意識したことはなかったのですが、息子の影響ですっかりファンになっています。

2
ゆっくり撮ってる暇がなくてあんまり良い写真がないんですけど……。


1
ついでにMAXときの連結部分です。息子は(そして恐らく他の電車好きの子供達も)連結が好きなんですよね。何ででしょうか……でも別に鉄オタではない私も確かにちょっとウットリしてしまいました。一体何故こうも人を惹き付けるのか、新幹線の連結。


あと、かがやきに乗った際に「E5系はやぶさ弁当」を食べましたが、ロマンスカー弁当の方が美味しかったことをご報告しておきます。(※個人の見解です)
3
増殖し続ける弁当箱。次は九州新幹線さくら弁当が欲しいです。

私の時間がない問題

2歳10ヶ月ねんね

いつも息子とは私が一緒に寝てるのですが、寝かしつけの後、こっそり布団から抜け出すと何故か即座に目を覚まして泣き出すので、夜に何もできません。ツイッターで「子供が寝たからテレビ見る」とか「お菓子食べる」などの育児アカウントあるあるツイートを見ながら、いいなあ〜と横になっています。寝室でも有意義に過ごすことはいくらでも出来るんだけど、私が「やりたい」のはリビングに置いてあるパソコンを使った作業だったり勉強だったりするので、いつも「今日も何も出来なかったなあ〜」という気持ちがあって、これが地味にいやです。

私がいないことに気付いて泣き出すと、すぐに駆けつけないと寝室からヨロヨロと出てきて「一緒に……一緒に寝てよお〜……一緒に……」と妖怪のように私にすがりつくので、「諦めるまで泣かせておく」というのも出来ないし。さすがに寝室に鍵をつけて閉じ込めるわけにもいかないし。

それにしてもどうして目を覚ますのか謎です。一晩中ぴったりくっついて寝てるわけでもないし(むしろゴロゴロ遠くへ転がっていく)、私が部屋を出るときは物音を決して立てないよう慎重に慎重に出ていくのに。逆に私が隣で寝ているときは、夫が隣の部屋で多少バタバタしてても全然気付かずに寝ているという……。私と夫の体が入れ替わったらいいのに……。

でも時間が出来たところで、どうせパソコンでだらだらwikipediaを読んで朝を迎えたりしてしまいそうなので、「ああ〜時間があればな〜時間さえあればあんなこともこんなことも出来るのに〜〜」と無限大の妄想しているくらいが身の丈にあっているような気もします。

なお、絵とかブログとかは夫が休みの日などに書いてます。この時間を有効に使えよ。


そして寝起きがハイ

2歳10ヶ月起き方

2歳10ヶ月起き方②
息子の寝起きは、主に
①起きた瞬間から満面の笑顔で「大好きだよ!」と抱きついてくる天使パターン
②夢の続きなのか、訳の分からないことを泣きながら語ったり叫んだりする錯乱パターン
の二つに分かれます。普通に起きてほしい。

そして泣きながら起きたかと思ったら、ケロッと笑顔になる息子。
2歳10ヶ月起き方オチ

朝も夜も息子に振り回されすぎていた。

■クリスマス
クリスマスとか、先月のことなのにもうずいぶん前のことのよう……。こういうイベントの記録はリアルタイムでやっちゃわないと、時間が経つと全然書く気にならないですね。まあ特に書くこともないのですが……。
でも今年は幼稚園や児童館や商店街など、色々なクリスマス会にクリスマス会荒らしのごとく参加したことで、息子はすっかりクリスマス大好き坊やになりました。
2歳8ヶ月サンタ


2歳8ヶ月プラレール


■イヤイヤ期?と思いきや

ある夜、寝言で突然「ヤダ!」と言っていて、その翌朝だったか数日後だったか、朝起きて一言目が「イヤダ!」だったので、ついにイヤイヤ期か!?とドキッとしたのですが、結局何もなく終わりました。でも以前に比べて「いやだ」と言う機会は増えたかも。よく聞くような、ヤダヤダと何もかもを拒否するとか、長い時間延々とグズるということはないので、反抗期はまだ先のようですが……。
 

■女の子と息子
2歳8ヶ月耳鼻科

息子が児童館で仲良くしてるお友達が見事に女の子ばっかりです。外で知らない女の子に会うと、なんとなく一緒に遊びたいような仕草をするし、自分のことを「かっこいい」と言ったりするので(……)、2歳児なりにそういう自意識があるのかな〜と不思議です。
が、先日洋服を買いに行ったらピンク色のいかにも女の子向け!という洋服を手に取って「これが欲しい」と言い出したので困惑しました。
2歳8ヶ月洋服
赤ちゃんならまだしも、2歳児(しかもデカい)でこのピンク色はちょっと……いやしかし、別に男児がピンクの服を着ちゃいけないわけではないし、こんな風に「男の子なんだからピンクは変だよ」なんて前時代的な考えを次世代の息子に刷り込むのはどうなんだろうか、今は誰もが好きな服を好きなように着る時代になってきているのでは、けど周りに笑われたり変な目で見られたら息子が傷ついてしまわないだろうか、いやしかしそういうときに息子を守ってやることこそが私の役目なのでは、私は子供の好きなものを肯定し守ってやれるそういう親になりたいんじゃなかったか、こんなことで狼狽えているようじゃ今後息子と向き合っていけないのでは……
などと考えている内に、息子の気が変わったようで「やっぱこっち〜」と全然違う服を持ってきて終わったのですが。しかしピンクの服いいね買おうね!と即答できなかったことについて、色々と考えてしまいました。難しいなー。

子供関連の商品って(大人のもそうだけど)、服でもおもちゃでも割とハッキリ「女の子向け、男の子向け」とコーナーが分かれていたり、赤と青などで色分けがされていることが多いので、ちょっと悩ましく思うことも多いです。おままごととかお人形さんとか、児童館では普通に楽しく遊んでるから、きっとプレゼントしたら息子は喜ぶだろうけど、おもちゃ屋さんに「女の子向け商品」としてピンクに飾られて並んでいるのを見るとやっぱちょっと買うのを躊躇してしまう。こういう大人の先入観を子供に押し付けて窮屈にしたくないなとは思うものの、かといって何もかもフリー!というのも現実的に……なんつーかあまりにも理想論すぎて却って生き辛くなってしまいそうだし……。育児してると、親である前に人としての自分のスタンスが問われているんだな、と折りに触れて思います。試されすぎる。

毎月ちゃんと記録をつけようと思ったのに、月に一度の更新もろくに出来ないってどんだけ〜(古)。しかも先月も全然覚えてなくて、ダメだなあしっかりしようと思ったばっかなのに〜。脳が腐ってるのかな〜?

◯プチ反抗期
2歳6ヶ月①ベー

◯情操豊か
2歳6ヶ月②おままごと


あと、「お母さん大好き!」という言葉がついに出たので感激でした。以来、何かっていうと大好き大好きと甘えてきます。大抵は叱られた後です。あと何か食べたいとき。

◯ジブリ大好き
ポニョを毎日のように見たがって、台詞を真似したり。トトロなんかもう完コピ間近じゃないかというくらい台詞を覚えていました。『さんぽ』も上手に歌えるようになった。

2歳6ヶ月③トトロ

なんかもう更新する価値のない記事という感じで本当にもう……。

ツイッターでお世話になっているさゆたさん(さゆたの子育て日記。)と遊んできました〜。

さゆたさんのお嬢さんとうちの息子は2ヶ月しか変わらないので、仲良く遊ぶことが出来たようで嬉しかったです。
去年遊んだときの記事

さゆたさんオフ①


さゆたさんの娘さんがお砂場で腰を据えて遊んでいたのに対し、うちの息子はまあチョロチョロと公園内を忙しなく走り回っていました。他の子と遊んでみると分かる、この落ち着きのなさ…。
でも二人とも自分のやりたいことをやりながら、たまに思い出したかのようにお互いの名前を呼んだり「どこに行ったのー?」と気にかけていて、距離感が面白かったです。
ほぼ一年ぶりだったのに、最初から娘さんが息子を名前で呼んでくれたこともあり、すぐに打ち解けてくれて安心しました。人見知りとかで全然遊ばなかったら困るな〜と思っていたので。


さゆたさんは今年二人目のお子さんを出産されて、今回も連れて来ていたので、0歳児を拝むことが出来て光栄でした。すっごく人懐っこい女の子で、私にもニコニコ笑顔を振りまいてくれて、しかもその後照れたように顔を隠していたり、お昼ごはんの際、シートの上に寝かせられた直後にクルンッと敏捷に寝返りを打っていたり、動きや表情の全てが愛らしかったです。元気に育ちますように…!!


遊びに行った先で、JRAが制作した馬アニメの上映会がやっていて冷やかし半分で見ました。友達のいない少年が臆病な馬ドンタと知り合い、お互い触発されて少年は友達を作り馬は勇敢な競走馬を目指す、みたいな話。少年の飼い猫をニンジンと見間違えた馬が「うわあ〜ニンジンが喋ってる〜〜」とビビるシーンがあって、馬が言語を司る世界において果たして野菜は喋り得ないのだろうかと思いを馳せたり、少年の友達役がいかにもジャイアンとスネ夫みたいなキャラデザなのに何の癖もなく普通に良い子達でズコーッてなったり、兄貴分の馬とドンタとのほのかなブロマンスを感じたり、よく見るとドンタが橘真琴(Free!のバック専門の人)に似てて夢が広がったりしました。

馬アニメの話はどうでもよくて……あと娘さんが見つけたドングリを息子が羨ましがって取ろうとしてしまい、娘さんは怒って「もう◯◯くんとあそばない」と宣言し、息子がショックを受けて大泣きするという一幕もありました。
娘さんには申し訳なかったのですが、息子が「ドングリが貰えなかったから」ではなく、「遊ばないと言われてしまったこと」を受けて泣いてたことに少し感心しました。「相手が怒ってる、僕を嫌だと言っている」という情報を言葉からしっかり受け取って悲しくなったなんて、理解力や感受性が進歩してる〜みたいな……。普段子供同士でこういうやり取りをする機会があまり多くないので(児童館だとケンカになる前にどうしても親が制止してしまうし)、なんか新鮮でした。いや、取ろうとしたのはいけないのですが……。
 
なお息子は私が思っていた以上に心に傷を負っていました。
 さゆたさんオフ


それから一番笑ったのは、さゆたさんとダイナミックコードの話で盛り上がったとき子供達が激辛体験をしたときでした。この辺のくだりはさゆたさんがブログに書くつもりではないかと思うので割愛。
その直前に、我が家では普段ジュースを飲ませてないんです〜虫歯が心配で〜(※)みたいな話をしていたのに、まんまとジュースを買わされてしまいました。まあ特別な日はジュース解禁するというのもオツだと思うので、結果的に良かったかも。「楽しく遊んで、ジュースも飲んだ!」という記憶が息子に残ればいいなと思います。
※虫歯への意識が高い人みたいですが、私が「ジュースだけはダメ」という勝手な自分ルールを強いているだけです。アイスやクッキーはがっつり食べさせてるという……。


  さゆたさんオフ③


↑このページのトップヘ