カテゴリ: イラスト

三鷹の森ジブリ美術館に初めて行ってきました。

この美術館が出来たのは確か私が高校生くらいの頃だったと思うんですが、当時割と近くに住んでいたので家族と行こう行こうと話してて、でも完全予約制でなかなかチケットが取れなかったため、先延ばしにしている内に私が成人して結婚してさらには子供まで産んでしまうという。そしてその子供が早2歳1ヶ月。

その2歳の子を連れて、行ってきました。
息子はジブリ作品はまだトトロしか触れておらず、でもトトロだけは大好きで毎日のように見ているし(つーか私がこの美術館に向けて集中講座のように見せていたんですが)、『さんぽ』はかなりしっかり歌えるようになってきました。
美術館の内容をほとんど知らずに行ったので、私か息子、どっちかは楽しめるかなーどうかなーという感じだったのですが……。

ジブリ③
入り口にはトトロが。ここはチケットなくても見られます。
 
ジブリ②
鉢植えの中にはお湯屋。

館内は残念ながら全面撮影禁止なので画像はありません(パンフレットに、「物語の主人公になるには、カメラを向けるのではなく、この空間をご自分の目で見て、体で感じてください。そして、思い出は心の中に大切にしまって持ち帰って欲しい」という宮崎駿監督のメッセージが載っていました)。

建物は古い洋館風で、入ってすぐにステンドグラス越しに光が射す階段があり、全体がノスタルジックな雰囲気に包まれていました。ちなみにベビーカーでの入場は不可なので、入り口で預ける必要があります。
2階建てで地下から屋上までの4つのフロアに色々な展示がありますが、特に順路などは決められておらず、好きなように見て回ってくださいというスタンス。コンセプトは「迷子になろうよ、いっしょに。」だそうです。確かに初見では迷子になりそう。

最初に入ったのは常設展示室「動きはじめの部屋」でした。ここはアニメーション映画が出来るまでの歴史を追った展示室で、と言っても◯◯年に誰々が〜という堅苦しい話ではなく、「人はどのように絵を追いかけ、アニメーション映画に辿り着いたのか」というような内容です。昔はこんな仕掛けで動く絵を楽しんでいた、それがこんな風に進化した、こういう道もあった、そしてアニメーション映画に……という流れが、ジブリの絵や仕掛けで楽しめます。
薄暗い部屋に静かなピアノが流れていて、なんだか、「昔はこうだったんだよ」と静かに語るおじいちゃんの話に耳を傾けているような、穏やかでありながら確かに琴線に触れる、そういう展示でした。個人的には、この部屋だけでもうチケットを買う価値があるなあと思ったくらい。
息子にはちょっと退屈かなと一瞬思いましたが、とんでもなかった。ちょっと進化したパラパラ漫画のような立体像が展示されていたんですが、息子はそれに夢中になって、でも「おおおー!」という興奮ではなく、うっとりしたような、どこか切ないような顔でじっと見つめていて、こんな小さい子供でも感じるものがあるのかなあと何とも不思議な気持ちに。
ジブリ①

ジブリ作品って、こう何て言うか原風景とも言える絵やシーンが多いと思うんですが、この美術館もそういう雰囲気ですね。来たことないのに懐かしいという。そこに例えばトトロやロボット兵のような類い稀な想像力や創作力によって産まれた存在がいるので、懐かしいのにちょっと怖くて不思議でっていう、日常ではあまり動かない部分の感情をかき立てられるような場所だと思いました。


館内にはカフェとテイクアウトのお店があります。店内は満席で結講長い列が出来てました。カフェの一部の商品をテイクアウトできるカウンターがあったので、80円の「大鍋で煮出した麦茶」と、「クリームチーズとあんこのドーナツボール」を買いました。麦茶すげー美味しかった。


さらに常設展示展「映画の生まれる場所」。ここは宮崎監督の心の中を具現化したような部屋が連なり、アニメ映画に関わる人達が実際にどのような仕事をするのか、というのが紹介されています。ジブリ映画の絵コンテやスケッチなどが至る所に貼られているし、財宝が詰まった宝箱や、飛行機の模型や、大量の煙草の吸い殻や、多種多様な本が無造作に(と言っても計算されてるんだろうけど)どっさり置かれていて、宮崎監督のルーツに思いを馳せることが出来ます。好きな人はここだけで一日潰せそう。
アニメーターがいかに苦しみながら仕事をしているか、なんてことも垣間見えます。印象的だったのは、「昔はラジオなんかも持込まず、みんなで歌を歌いながらアニメを作った。今じゃみんなイヤホンして仕切りのあるデスクに突っ伏して描いてる」みたいな内容の貼り紙。この美術館、全面的に「古き良き時代」に思いを馳せる場所になってるんですよね。


そして待望の(?)「ネコバスルーム」。小さな部屋というか一角に、ネコバスの巨大ぬいぐるみがどーんと置かれています。 入れるのは小学6年生以下。5分間の入れ替え制で、大人は外から見るだけ。一応エリアの中にスタッフさんがいて、子供達が怪我をしないように見守ってくれています。
私達が行ったのは平日午後の早い時間だったためか、ほとんど幼稚園以下の小さい子達ばかりでした。
我が子がネコバスと戯れてる姿なんて、もう絶対写真に撮りたいんですが、残念ながら先述のように撮影は不可。しかも息子は戯れるどころか、ほとんどネコバスに触らず……。 ネコバスの中には「まっくろくろすけ」のぬいぐるみがどっさり入ってて、もう絶対気持ち良さそうなのに! ちょっとだけ手足に触ったり、目を突いたりしてましたが、部屋の中を彷徨ってる時間の方が長かったです。

ジブリ②

でも嬉しかったのは、息子の楽しそうな顔。ここで思ったんですが、うちの息子はどうやら「他の子が楽しそうにしてる場所」が好きみたいです。児童館でも公園でもどこでも、他所の子がキャッキャ言いながら遊んでると、特にその遊びに加わる訳でもないのに息子もやたら大喜びして、少し離れたところでニコニコしてるという姿が多いんですよね。何だかよく分かりませんが、きっと「楽しそうな雰囲気」が好きなのかな。もっと積極的に加わればいいのに!というお節介な親心がなきにしもあらずなんですが、でも他人の笑顔に幸せを感じられるというのはとても素晴らしいことだと思うので、ちょっと誇らしいし、長所として見守りたいです。


他にも色々展示があったのですが、息子の体力や私の都合などによりここで終わりに。何度行っても楽しめる場所だと思うし、チケットも大人1000円とかなり安いので、またその内来ようと誓いました。ネコバスルームは小6まで入れるし!

とにかく細部に至るまで宮崎監督とジブリの美学に浸れる美術館でした。昔は私も雲の中のお城や水中の世界を思い描く子供だったのに、今じゃ「撮影禁止かあ〜残念」なんて思ってしまうどっぷり世俗に染まった大人になったんだなーなどと自分を省みつつ、一時でもスマホの存在を忘れて胸を躍らせることが出来て、心が軽くなったような、さながらお湯屋に来たオクサレ様のようでした。まあ洗い流したところで私は神様じゃありませんけど………。きっと多くの大人がこの美術館でそんな気持ちになるんだと思います。



あ、もちろんロボット兵は見ました(屋外は撮影OK)! 息子はよく分かってなかったです。怖がってもなかった。
ジブリ

 

先月の話ですが、東京ディズニーランドに行ってきました。
息子にとっては2回目のTDL。1回目の話はコチラ

今回は事前にミッキーの映像などを見せていて、「ミッキー」や「プーさん」、「チップとデール」 などを認識していたので、前回より格段に楽しんでくれるだろうと期待大でした。

が、
TDL2017①

トゥーンタウンの入り口付近にこういう謎のオブジェスペースがあって、これに大興奮。多分放っておいたら一日中ここにいたと思います。

子供を産んで初めてトゥーンタウンの偉大さを知ったというか、今まではミニーちゃんの家とかドナルドの家とか、「ディズニーオタク向けかな?」って感じで割とスルーしてたんですけど、子供の喜びっぷりを見て、ああなるほど〜と納得しました。


乗ったアトラクションは、
①ウェスタンリバー鉄道
②キャッスルカルーセル(メリーゴーラウンド)
③ジャングル・クルーズ
④マークトウェイン号
⑤プーさんのハニーハント
⑥カントリー・ベア・シアター ←私が大好きでたまらないやつ
の6つでした。
イッツ・ア・スモールワールドが休止中だったのが痛すぎた。でもリメイクしてるらしいので、相当楽しみです。

プーさんのハニーハントは楽しんでくれるかな!?とワクワクして乗ったら、息子は「……! プーさん……!? ここは一体……!?」と不思議の世界に迷い込んだような顔をしてて、終わった後にそのまま二週目に突入しようとしてたので、多分かなり楽しかったんだと思います。私も降りたくなかった。


 TDL2017②


前回行ったとき昼食難民となってしまったので、今回はレストランを予約しました。ザ・ダイヤモンド・ホースシューというとこで、ショーを見ながらウエスタン料理が食べられるというお店でした。
この時期はトイ・ストーリーのショーがやってるというので期待していきましたが、行ってみると爆音の中でカウボーイ風のお兄さんやパツキンのお姉さん達が歌い踊り、ウッディ・ジェシー・ブルズアイがワイワイ動くというものでした。
ショーの内容とかは何でもいいんですが、とにかく音がでかい! 食べてる間もキャストの皆さんが所狭しと店内を走り回るので、全然落ち着かない! 息子はポカーンとして、美味しそうなお子様ランチにほとんど手を付けずに終わってしまいました。食事の合間に少しショーを見るという感じではなく、完全にショーがメインだったので、ちょっと微妙なランチだったかも。
※お店に対する不満じゃなくて、そういうお店だったのか〜知らなかったぜ〜めっちゃ集中して食べるつもりでいたぜ〜という話です。
tdl5

tdl4
お子様ランチ。大人の料理は「肉!」という感じでした(好き)


けどキャラクターを目の前で見られるというのは嬉しいですよね。ウッディに後ろから肩をポンと叩かれたのは良い思い出です。振り返ったら巨大な白人の顔をしたウッディがいたので腰を抜かしそうになりましたが。

TDL3
トイ・ストーリー大好きなのですが、ディズニーランドのトイ・ストーリーキャラはみんなして顔が恐いと思います。なんか外国人感が強すぎるというか(外国人だから仕方ないんだけど)……。

毎回この人を思い出すんですよね↓(冨樫義博先生『レベルE』2巻より)
image1

あと「最後にみんなで立って踊ろうぜ! 輪になって!」みたいな謎の時間もありました。まさかレストランに食事に行って輪になって踊らされそうになるとは思わなかったのでビックリでした。さすが誰もが子供に戻る国……立たない人の方が多かったけど……(みんな冷めてたというんじゃなく、食べてたりして立つどころじゃなかったり。席に座ったまま手拍子しました)。ディズニー映画の世界で、ヒロイン達が突然歌い踊り始めたときにうまくその歌に乗れず「えっ何、えっ」ってなる踊れないタイプのモブの気分を味わえました。
それと、お土産にバンダナを1人一枚貰えて、地味に嬉しかったです。



10時頃にパークに入り、出たのは18時くらい。息子は家を出てから着くまでに少し寝て、お昼ご飯の前に少し寝るという感じで、結講理想的な過ごし方が出来ました。
夜のパレードも見ようか迷ったけど、少し寒かったし、さすがに息子も体力の限界っぽかったので潔く帰りました。お昼のパレードは去年と同じくあまりよく分かってない(興味がない? 怖くて直視できない?)感じだったし。来年は見られるかな? 楽しみです。


tdl
蛍光オレンジが目に突き刺さる


tdl2

フック船長に絡まれる息子


tdl3
船長とウッディを目の前にして泣かなかった息子はつよい(人間、恐怖が極限に達すると涙は出ないのかもしれない)

御多分に洩れず、うちもEテレの『おかあさんといっしょ』には大変お世話になっています。

私の場合、ここしばらく朝のEテレタイムは家事でバタバタしてるし、夕方は息子の隣に座って一緒に見つつも、ぼけーっと考え事してたりで、集中して見ることはかなり少なくなりました。なので、毎日つけてる割にはぼんやりとしか内容を把握してなかったり。ガラピコとか、未だにストーリーがよく分かってません。なんか変な奴が出てくるのは知ってますけど!

そういう感じなので、「大ファンです。毎日夢中で見てました」とかではないんですけど、バタバタしてる中でも、かぞえてんぐと毎日のブンバボンは割と気にかけて見てたので、 やっぱり卒業は残念です(新しいお兄さんは楽しみです)。


だいすけお兄さん達が、子供のために必死になって歌ってるとことか、かぞえてんぐのアレコレとか……ああいう風に他人の子供のために一生懸命になってくれる人って、親にはとてもありがたい存在です。毎日テレビの画面越しに息子に(そして日本全国の子供達に)歌いかけてくれるなんて、お兄さんお姉さんは天上人のよう。

児童館の先生とか、保健士さんとか、普段の生活でお世話になってる方もたくさんいるし、そういう方々への感謝と尊敬も決して忘れませんけど、それとは別次元でEテレを大変ありがたく思っています。
しかも子供達を楽しませてくれるだけで御の字なのに、だいすけお兄さんは、親まで笑わせてくれましたから。親子でお世話になってしまいました。そういう意味で、だいすけお兄さんは特別な存在でした。

 
乳幼児を育児している親は、自分の楽しみを忘れてしまうことも少なくないと思います。
私も育児を始めてからというもの、大好きだったアニメや漫画を見る機会がぐっと減ったし(それでも多いかもしんないけど)、「自分のための自分による自分の時間」というのはそう多くありません。
油断するとただひたすらオムツを替えたり炊事に追われるだけの全自動家事育児マシンになってしまう毎日の中で、ふと素になってクスッと笑わせてくれるお兄さんの存在が、どれだけ救いになるか。そういう人が子供番組にいるのは、とても意味があると思うんです。大袈裟かもしれないけど、お兄さんの卒業に心底寂しさを感じたことを鑑みると、少なくとも私にとっては多分そんなには大袈裟じゃないんだと思います。

「私、だいすけお兄さんが大好きなんです〜!!!」と叫ぶほどではなかったものの、なんとなく常に心にある存在だったのかも。まあ一年半近くに亘り毎日、それも1日2回、目にしてるわけで、寂しくないわけがないですよね。少しでも思い入れがあったら尚更。
お兄さんが笑わせてくれたから、私も心を躍らせてチャンネルを合わせてきたし、息子は今や「元気ー?」の問いかけに、ハーイ!と手を挙げるようになり、ブンバボンもまあまあ踊れるようになりました。

0歳の息子と二人きりで、どう過ごしたらいいのか時間を持て余していた私を、不審な動きと裏声で笑わせてくれて、子供番組の偉大さを教えてくれただいすけお兄さんに改めて感謝です。
新しいお兄さんが、だいすけお兄さんや歴代のお兄さん達のスピリットを受け継ぎ、朝と夕方のEテレタイムをより充実させてくれることを期待しています。

かぞえてんぐ
似ねえ〜


そういえば『かぞえてんぐ』の最終回で、最後にあつこお姉さんが笑ったとこ、あれをカットしなかったことに制作側の愛を感じました。あの笑いは、全国の親の笑いですよね。あれすごくよかったです。そして寂しい。

レビューとかそんな大したものではないんですが…(自分の付けた記事タイトルに萎縮する)

先日、ベネッセから出ている『にほんご・えいご おしゃべりことばのずかん』という本を買いました(たまたま本屋に行ったら、目立つところに「売れてます! 小さなお子様に!!!」とポップ付きでものすごく推されていたので、勢いで買ってしまいました)。
これはジャンルごとの色々な物の絵と名称が載っていて、しかも付属のペンでタッチすると音声が流れるという優れもの。約4000円という値段なので、ちょっと勇気が要ったのですが、蓋を開けてみたら息子に大ヒットしてとても良い買い物となりました。

この手の音声付き図鑑は他にもいくつかあるようで、比較した訳ではないので「これが絶対いいです!」と言うことはできないんですが、うちはこれで正解だったなと思ってます。
図鑑ママ


<基本情報>
『にほんご・えいご おしゃべりことばのずかん』
4104円、ベネッセコーポレーション
633語収録、対象年齢1歳半以上


<良かった点>
◯日本語と英語が切り替えできる
うちは日本語もまだまだなので英語バージョンは使ってないんですが(なんか日本語の発語がちゃんと出来てないのに英語やると子供が混乱して余計に遅れるって話も聞いたので…真偽は分かりませんが)、これなら上手くいけば幼稚園くらいまで使えるかなーと。まあその前に壊れるかもしれませんが。

あと私にとっても勉強になります。いちじくがfigとか、やどかりがhermit crabとか、普通に「へー……」ってなりました。だから何だって話ですが……。

それと、上の絵にも描いたのですが、車両を運ぶトラックをキャリアカーと言うのも初めて知りました。あれって車の上に車が乗っているという、車好きの息子にとっては夢のような存在で、いつも外で見かける度に「ごいー!(すごい)」と興奮するのに、私がその名称を知らないために「うん、すごい車だね! あれは……その……すごい車だよ!」と誤摩化していたので、ちゃんと名前を知ることが出来てとても嬉しく思っています。馬鹿ですみません。本当に馬鹿なんです。


◯音量が調整できる(5段階)
毎ページに音量ボタンがついていて、ペンでタッチして調整できるようになってて感心しました。こういう音の出るおもちゃって、親にとっては結構うるさくて地味にストレスになってしまう時間とかありますよね。まさか私だけですか?

◯クイズ機能がある
毎ページにクイズボタンがあり、3問ずつ「これを見つけてね」的なクイズが流れます。うちはまだ使ってないんですが、上手くいけば幼稚園くらいまで(略)

◯紙が分厚くてしっかりしてる
うちはまだまだ絵本を丁寧に扱えなくて、普通の紙だと破ってしまうことも多々あるので(皆そうかな?)、がっしりした作りなのが嬉しいです。ペンも太くて幼児が握りやすい感じになってるみたいです。

◯効果音が流れる
ジャンルによるのですが、楽器とか乗り物のページでは、その楽器の音とか車の走行音などが名前の後に流れるので、それも楽しいみたいです。あと英語の歌が2曲入ってます。

◯ジャンルごとにページが分かれていて、しかも絵のテイストが様々
小さな子供向けなので基本ハッキリくっきりした可愛い絵なのですが、複数のテイストがあるのが個人的に気に入りました。子供にはあんまり関係ないようにも思いますが、でも小さな子でも好みの絵とかあるかもしれないですし。

<息子の反応>
◯買った翌日、「かぞく」ページを見て、私と図鑑の「おかあさん」を交互に指し「ママ! ママ!」と言ったので驚きました。これまで、私=ママという認識はあるようなないような微妙な感じだったんですが、この図鑑をきっかけに確固たる認識を得たというか、さながらWaterを知ったヘレン・ケラーのような感じでした(大袈裟)。

◯とにかく「のりもの」ページに夢中。私が「他のページも見なよ〜」とめくると、「キューキュータッ(救急車)! キューキューターーーーー!」と崩れ落ちるくらいです。大丈夫か色んな意味で……。でも少しずつ他のジャンルにも興味を持ち始めているようにも見えるので、長く遊べそうで楽しみです。

◯この前あまりにもイタズラ三昧されて私が怒ったとき、「あいさつ」ページの「ごめんなさい」を何度もタッチしてて、「お前、天才か……!?」となりました(分かってます、完全に偶然です)。


救急車

こんな感じで、まだ使って日が浅いし、息子も大変楽しんでいるので、今のところ不満点はほとんどありません。
唯一、欲を言えば「からだ」ページを作ってほしかったくらい。息子は最近「耳」を覚えて、ずっと「めめ、めめ」と言ってるんですが、そういう体の部位も載せてほしかったです。 綺麗なお姉さんの声で「ちんちん」とか流れてくるのはちょっとシュールな気もしますが……。
とにかく着衣でもいいので「お腹」とか「肩」とかの項目も追加されないかなーと思ってます。まあ壊れない限り買い直しはしないけどな! 4000円だし!



アフィじゃないんでお気軽にご参照ください〜(品切れ中みたいです)

↑このページのトップヘ