カテゴリ: イラスト

2歳9ヶ月のときに初めて歯医者さんに行きました。

(ちょうど今日ゼクシーBabyさんの歯磨きに関する記事が更新されたので、そちらもよろしければ……
我が家の歯磨きはまるで格闘技!? できる限り健康な歯を維持してほしい! by ユーラシア


歯石を発見

2歳9ヶ月歯医者①

息子は2歳健診で歯を見るときめちゃくちゃ抵抗しまくって大変だったこともあり、また歯科衛生士さんに「未就園児の内は、(虫歯などがなければ)半年〜一年に一度の健診だけでも大丈夫。定期的に歯医者に通うのはもう少し大きくなってからでいいですよ」と言われていたこともあり、かかりつけの歯医者さんを決めていなかったのですが、あるとき下の前歯に歯石がガッツリついているのを見つけてしまい、やむを得ず行くことに。近所の小児歯科もやってる歯科の中から、なんとなくフィーリングで選びました。


先生に言われたこと

そしていざ診察。不安がる息子をなんとか宥めて椅子に座らせ、「大丈夫だよー、怖くないよー」と声をかけると、先生が「お母さん、ちょっと」と。
2歳9ヶ月歯医者②
確かに……と納得すると同時に、「こんな風に子供目線で考えてくれる先生なら安心して任せられるな」と思いました。あと先生いわく、「『怖くない』という言い方だと、『怖』の部分のインパクトが心に残りやすく、そこから『怖い』を連想してしまって結局不安になったりする。それなら『怖い』という気持ちを思い起こさない言い方、例えば『楽しいよ』等の方がいい」そうで。

そう言われてみると大人でも「怖くないよ」とか「痛くないよ」と言われると、「そう言うってことは逆に絶対怖かったり痛かったりするってことじゃん! 少なからずそういう要素があるってことじゃん!!」って不安になりますよね(私だけ?)。ディズニーランド行くときに「痛くないよ」とは言わないじゃん、みたいな……。

とにかく先生に言われたのは
・無責任に「怖くない」とか言わない。そもそも怖いとか痛いとかは主観なので親が決めることではない。
ということでした。

関係ないんですけど私は歯医者さんで頻繁に「それ痛いですか?」って聞くんですが、毎回先生に「出産よりは痛くないよ(笑)」って言われるんですよね。そこ比べるなよ!といつも思います。「駅まで遠いですか?」と聞いて「富士山の山頂よりは近いよ」って言われるようなものだよ!(例えが下手すぎた)


おもしろきこともなき世をおもしろく

「怖くないよー」はダメ、かと言って「怖いよ。痛いさ。でも頑張れよ」ではあんまりなので、その恐怖を上回るくらい「楽しく」してしまおう。というのが先生の考えらしく、先生は治療を始める前に息子に診察室を探索させてくれました。
2歳9ヶ月歯医者③
「ここにコップを置くと水が出てくるよ。やってみて」とか、「このボタンを押すとイスが動くよ」とか、「えっそんな、いいの?」ってくらい息子を自由に遊ばせてくれて、「よく分からない怖いところ」という印象を払拭してくれました。
しかも「ここにコップ置ける?」と息子にやらせて、置けると「水が出てきたよ! すごいね!」と褒めてくれるので、息子は「とても面白い装置を触らせてもらった上に、めちゃくちゃ褒められた」と二重にご機嫌に。5分くらい遊ばせてもらって、すっかりニコニコになっていました。
以前「掃除をするとその場所を霊的支配できる」とかいう考えをどこかで読みましたが、子供にとっては「遊ぶことでその場所を自分の陣地にできる」んですよね。おかげで息子にとって歯医者が「よく知らないところ」から「僕の遊び場!」に変わりました。いや実際は遊び場じゃないんですけど。笑

おわり
 
肝心の歯石は綺麗に取ってもらったのですが、息子は唾液が少ないようで、どちらかというと歯石がつきやすい体質だと言われました。そういえば赤ちゃんの頃は「スタイって何のためにつけるの?」と私が疑問に思うほどよだれが出なかったです。しかも私も他の歯医者で同じ指摘を受けたことがあるんですよね……そんなとこまで遺伝するとは……。
唾液が少ないと虫歯にもなりやすいので、気を付けて磨きつつ、3ヶ月ごとに定期検診を受けることになりました。なんとか息子には健康な歯を維持してほしいところです。


もうとっくに3歳になってるんですけど2歳11ヶ月の頃の様子です。

2歳11ヶ月メンタル

息子はとても臆病で引っ込み思案です。どのくらい臆病かというと、公園によくある吊り橋みたいな遊具がすごく苦手で、足をガクガク震わせながら一歩一歩確かめないと進めないため、息子の後ろで渋滞が起きるほどです。

2歳11ヶ月吊り橋
ちょっと絵があんまりで伝わらないかもしれないんですけど……。

他の子が走って激しく揺れる中、「やめてー揺らさないでー」と半泣きになることも。そんな息子をいつも以上に可愛く思うのは吊り橋効果ってやつなのかな(ちげーよ)。

そういえば前に心理士さんに「息子くんのような慎重なタイプの子は得てして運動が苦手ですね。運動神経の問題じゃなく、『落ちたらどうしよう』とか『もし失敗したら』とか考えてしまうから一歩を踏み出せないんですよね」的なことを言われました。体育の成績はあまり期待できないかもしれません。
でも私自身が体育は散々で、小学二年生のときに鉄棒で手を滑らせて顔面から地面に激突し鼻血ブッシュ大統領になったりしていたので、まあ遺伝もあるだろうし人間誰だって得意不得意があって当然と思うので別にいいんですけど!
(※「鼻血ブッシュ大統領」はうちの小学校で大流行したギャグです。父ブッシュの方です)


それに臆病と言うとあまり聞こえはよくないですが、慎重であることは悪いことではないですよね……。むしろ崖に向かって車を走らせるチキンレースなどに誘われてもちゃんと断ってくれそうで安心ですし。ところでチキンレースで早々にブレーキを踏んじゃった人と最後までブレーキを踏まずに崖から落ちた人とではどっちが勝者なのか、そこが気になります。

【追記】
鼻血ブッシュ大統領のイメージ図で鼻血を控え目に描いてしまったことがずっと気掛かりだったので、もう少し追加したものをアップしました。

【さらに追記】
上記のような(出血量を増やす)ことをしといてなんなんですが、外国の偉い人で遊んじゃいけないなと思い直したので取り下げました。
歴代大統領経験者の中で最高齢を記録している父ブッシュ大統領(94歳)、もっともっと長生きしてください…。

4月から息子がプレ幼稚園に通い始めました。


母子分離が始まりました。


最初の数回は親子で一緒に参加して、途中から母子分離という流れ。といっても離れるのは1時間くらいなんですけど。
プレで初めて母子分離をする親子もいたため(うちは去年私が託児付きのカルチャースクールみたいなやつにしばらく通ったので離れるのは二回目ですが)先生達がかなり手厚くフォローしてくれて、「お子さんが泣いたりグズっても大丈夫! 全部受け止めます。一人一人しっかり見ますから、どうか信じて預けてくださいね!」と熱く語ってくれました。
実際この園は他の園に比べて先生の人数が多いので安心です。いま複数のプレに通ってるんですが、園によって全然違うんですよね! その辺も今度詳しく書きたいです。気が向いたら。


初めての母子分離の日、入り口で先生が子供をキャッチ。「お母さんは笑顔で、そして速やかにお帰りください!」と言われました。心配で園の周りをうろうろする人がたまにいるらしい。


離れてる間

で自由時間なわけですが、この中途半端な時間をどう過ごしたらいいか分からず困りました。
3歳2ヶ月プレブログ
家に帰ることもできるけど、慌ただしく家に戻って家事やってまたお迎え行って〜ってのも忙しなくて嫌なので、最寄りの図書館で時間を潰すことに。短時間でキリのいいところまで読めそうな短編集をピックアップして、それを少しずつ読み進めることにしました。ちょっとした楽しみが出来て嬉しいです。しかしソワソワして文章が全然頭に入らないのであった。園から緊急の連絡が入ってないか何度もスマホを確認してしまうし。

それにしても図書館で30分本を読む、という時間がこれほど贅沢なものだとは、出産前は思いもしませんでした。子供の声がしない静かな図書館で本を開くなんて、貴族かよってくらいです。
でもじゃあこういう時間がもっと欲しいかと言われると、今はそれより息子と一緒にいた方がいいかな〜とも思うんですよね〜。図書館のそばに綺麗な花が咲いてて、これは息子にも見せたいなーとか、ちょっとコーヒーでも飲もうかなと思ってもそれならプレが終わってから息子とアイス食べに行った方がいいなとか。どうせそのうち子離れしなきゃいけないんだから、今は子連れライフを満喫したいところです。


お迎え

お迎えの時間になり、他のお母さん達と待ち合わせして園へ。(バラバラで迎えに行くと「◯◯くんのお母さんが来てるのに僕のお母さんは来てない;;」と子供が動揺するので、絶対に全員揃って来てください!と先生に念を押されました)

こっそり外から様子を見てみると、息子は
3歳2ヶ月プレ①

アンニュイになっていました。

楽しそうに歌い踊るお友達を、妙に冷めた目で見つめる息子……。
まさか終始あんな感じで斜に構えていたのでは……と思いましたが、先生いわく「さっきまでは楽しく踊ってたので、ちょっと疲れちゃったんだと思います^^」。なんで疲れ方が中二っぽいんだよ。



光の速さで成長

戻ってきた私に気付いた息子の第一声は「お菓子食べたよ!」でした。
すごく感心したのは、
3歳2ヶ月プレ②
と、早くも先生を信頼していたこと。先生ってすごいな〜と思いました。
こうやって少しずつ私の手から離れて行くのだな〜と思うと、寂しくもあり、誇らしくもあります。
しかし一回で「トイレは先生と行く」と言うほど先生に懐くなんて、来年3月には「先生の養子になる」くらいまで行くかもしれません。
3歳2ヶ月プレ③
先生とハグする度にドヤ顔する息子。
プレでどのくらい成長するのか楽しみです。 養子には出さないからな。

Twitterで以前からお世話になっているこたきさん(かわいいちゃんとのぼちぼち日記)と遊んできました。

お会いするのはこれが3度目で、最後に会ったときは1歳ちょっとだった息子とこたきさんの長女ちゃんは、もう3歳になりました。早生まれの長女ちゃんは幼稚園の年少さん。
その日も平日で幼稚園があったので残念ながら長女ちゃんには会えなかったけど、もう幼稚園生なのか〜〜としみじみしました。

待ち合わせは午後だったので、私は息子とバーガーキングへ寄ってお昼を済ませたのですが、バーキンはキッズセットを注文すると紙製の王冠をくれるんですよね。息子は大喜びしてしまって、王冠姿のまま待ち合わせ場所へ行く羽目に……そこそこ人通りのある場所で、王冠をかぶった息子を連れて歩くのはちょっと恥ずかしかったです。 可愛かったんですけど。


こたきさん子供の扱いが上手すぎる問題

会ってすぐ思ったことなのですが、こたきさん、うちの息子をすごく構ってくれて、しかもその構い方がなんかすごく上手でビックリしました。幼稚園の先生みたいな……子供が言われて嬉しいツボをすごく心得てるというか。
横断歩道渡るとき手を挙げる息子をいちいち褒めてくれたり、ジュースが飲みたくてグズる息子の気持ちを汲んでくれたり、カフェでブラウニーを食べ終えてソワソワし始める息子に「忍者みたいに(静かに)するんだよー!」って言ったり……「そういう声かけをすればいいのか〜!」と私が勉強させてもらいました。息子もこたきさんに褒められたり構ってもらえるのが相当嬉しかったようで、テンション上がりまくってました。

3歳こたきさん①


3歳こたきさん②


素敵ママ

お喋りしながら問屋街をうろつき、小売りOKのお店でちょこちょこ買い物したり。
次女ちゃんのハーフバースデーが近いというこたきさんがパーティグッズを買っていたので、きっと素敵なお祝いをするんだろうなあと思いました。長女ちゃんの誕生日にこたきさんが手作りしたエルサケーキは一見の価値ありです。
3歳こたきさん③

あと途中ちょっとお洒落っぽいチョコレート専門店でお茶したり。店員さんに「商品が用意できたらお呼びしますので、お名前を教えてください」と言われて、お洒落なお店では名前を名乗らなくちゃいけないんだ、番号じゃダメなんだ、こういう木の温かみに包まれた穏やかな空間では人間を番号で呼ぶような冷たいやり方はしないんだ……と感心しました。合理性なんて問題じゃない。大切なのは人と人との血の通ったコミュニケーションなんですよね。知らんけど。

こたきさんが持参していたデジカメで息子の写真を撮ってくれて、後で見せてもらったらその写真がすっごく綺麗で、額に入れて飾りたいくらいでした。きっと普段から娘さん達の写真を撮りまくっているんだろうな、ということが窺えます。そしていい加減うちもデジカメを買おうと思いました。

写真の件もそうだし、あと前述の子供への言葉がけからも、日頃こたきさんがいかにお嬢さん方を大切に育てているかっていうのがガンガン伝わってきて、もう全然隠し切れない感じで溢れ出ていて、めちゃくちゃ良いお母さんじゃん……と感動しました。
直前に別の用事でインスタ系ママに囲まれてアウェイだった、みたいなことをこたきさんが書いてましたが、こたきさんも大概素敵ママだと思います。真面目に。

0歳の次女ちゃんが幸せの塊だった件

忘れられないのはカフェで次女ちゃんを抱っこさせてもらったこと。0歳児ってあんなに軽くてフワフワなものなんですね! 息子0歳時代を完全に忘れているため、もはや0歳児を抱っこしたのは生まれて初めてな気さえします。目の前にいる、必死でチョコブラウニーを貪っている息子が、たかだか2年半前はこんなヨチヨチしていただなんて信じ難いと思ったくらい。いや今の息子も可愛いんですけど。笑

次女ちゃんを抱っこしている間、なんだかふわ〜っと幸せな気持ちが湧いてきて、あー赤ちゃんってこういう存在なんだなあ、と改めて感じました。いきなり知らない人に抱っこされた次女ちゃんはお前誰やねん的な顔で泣きそうになってましたが……。

ヘリコプターを頂く


後半息子がグズってしまったのですが、こたきさんがヘリコプターの木製玩具をその場で買ってプレゼントしてくれました。息子ニコニコで、帰宅後もずっとブーンブーンと動かして遊んでいます。考えてみたらヘリコプターのおもちゃは一個も持っていなかったので、すごくありがたいです。
IMG_7735
いつか息子が遊ばなくなったらそのままインテリアにできそうな上品なおもちゃ。


あとバースデー用品を売ってるお店で、「おさんぽ新幹線」なるものを見つけて購入しました。これ可愛くて良いです。※写真撮るのが面倒だったのでリンク貼りましたがamazonでは在庫切れです。





 


世直しマンの過去は泣ける

素晴らしいときはやがて去りゆき、あっという間にお別れに。次はいつ会えるのか分からないので、何なら夕食でも……と言いたかったんですけど、お互い子連れ&こたきさんは長女ちゃんが帰りを待っているため、そういうわけにもいかず夕方には解散しました。
充実した時間だったけど、もっともっと漫画の話とかジャンプの話とかヒロアカの話とかBLの話とかしたかったです。あと以前こたきさんがラッキーマンが好きだと言っていて、どのヒーローが好きなのか前々からお聞きしたいと思っていたのにすっかり忘れてしまいました。

そういえばこたきさんはスマホで色塗りをするって話をしてて、「まあどんなツールを使おうと、結局は実力次第ですよね……」みたいな話になりましたけど、こたきさんは絵がめちゃくちゃ上手いので(「上手」なんて言い方は却って失礼にあたりますよね、何て言ったらいいか分からないんですが……)、ペンタブや液タブを使った日にはものすごい作品が出来上がるんじゃないかと思います。
そしてそんなこたきさんのブログで早速息子をとんでもなく可愛く描いてもらえました。かわいい〜この息子かわいい〜! 絶対皆さんに見てほしいです。

ユーラシアさんと遊びました:かわいいちゃんとのぼちぼち日記


とにかくとても楽しい一日でした。息子によくしてもらったのが本当に嬉しかったです。またそのうち会えますように! 私は天才マンが好きです。
天才マン

ずっと通っている児童館や支援センターなどのお別れ会ラッシュで、情緒不安定になっています。私がです。

息子は4月生まれなので幼稚園まではあと一年あり、つまりまだ児童館にはお世話になる気満々なのですが、息子と仲良くしてくれてた一個上のお友達がみんないなくなってしまうので寂しくて心が塞いでいます。私がです。


息子史上初だったおともだち

これまで児童館などは「親子でテキトーに遊ぶ場」だったのですが、息子が2歳を過ぎた頃から、徐々に他のお友達とコミュニケーションを取れるようになってきて、「子供同士で遊ぶ」場面が増えてきました。といっても息子は引っ込み思案なので自分から声をかけることは滅多になく、自然と仲良くなるのは、リードしてくれる一個上の子達。
中でも息子の名前を覚えて会う度に「息子くん、あそぼー!」と誘ってくれる女の子がいて、おかげで息子もこの一年で「お友達の名前を覚える」ことと、「私から離れてお友達と遊ぶ」ことが出来ました。
2歳11ヶ月アキちゃん
消極的でお喋りも決して上手ではなかった息子を誘ってくれて、いつも遊んでくれたその子には感謝感謝です。息子はしっかり影響されてピンクが好きになったり、真似をして髪飾りをつけたがったりしていました。そして最終的には二人して「けっこんしましたー!」とはしゃいでいました。そういうジョークは相手の親御さんに非常に気を遣うのでやめてほしいです。


その子以外にも、一個上のお友達には本当にお世話になりました。
親同士も多少仲良くなったし、お互いに「◯◯ちゃん、三輪車に乗れるようになったんだね」とか「息子くん背が伸びたよね」と子供達の成長を共有して喜ぶことが出来て、これもまた尊い経験でした。なので今後はあの子達の成長が見られないのが残念すぎる! いや家が近所なので、そのうちばったり会うことも普通にありそうだし、小学校で再会する可能性も結構あるんだけど。あと何年かしたら、ランドセルを背負ったあの子に会うかも?とか、高校生になったあの子を見かける日も来るのかなとか思うと目頭が熱くなります。なかなか気持ち悪いな。正直今なら「一人も知り合いのいないその辺の小中高の卒業式に紛れ込んで泣く」という奇行も出来そうです。


同じ学年のおともだち(が、いない)

私がお世話になっている児童館の幼児クラスは、2014年4月〜2015年3月生まれの子達が一番人数が多くて、息子と同学年の子達が少ないんですよね。理由としては「二人目妊娠中〜出産で、児童館どころじゃない」というのが多いらしい。
しかも数少ない2歳児の親御さんから「実は来年度早々に転勤が決まった」「実は保育園に入れることになった」など続々と別れを言われました。うっ……(嗚咽)。

児童館
層の薄い2015年度生まれ

息子は何故か「自分と同じくらい〜それ以上に体格のいい子」と好んで遊びたがって、自分より小柄な子は避けがちなんですよね。まあ、あまり体格差のある子と遊ぶのはこっちも見ててハラハラするし、相手の親御さんも心配だろうし、それはいいんですけど。でも息子は4月生まれな上に元々デカめなので、もはや息子より背の高い子はいないという……。どうしたらいいんだ……。

しかしポジティブな息子

児童館を卒業していく子達は、「児童館卒業」よりも「幼稚園入園!」の方が当然大きいわけで、4月から新しい出会いがいっぱいありそうで何よりなのですが、残される息子は「通っている児童館から突然お友達の大半がいなくなった」という状態になるのが寂しいです。
まあ息子自身は「新しい出会い楽しみ」と思ってくれてるようなのが救いですけど(息子に対しては「仲良しのお友達は幼稚園に行くからさよならになるけど、残る子もいるし、また新しいお友達もきっと出来るからね。楽しみだね!」と努めて明るく言い聞かせていました)。というか今までのお友達に会えなくなるということをイマイチ分かっていないようで、4月に人が少なくなった児童館へ行って初めて「あれ?」ってなるのかも。全然気にしないで遊ぶような気もしますが。
2歳11ヶ月児童館

とにかく児童館を無事に卒業し、幼稚園などの新たなスタートを切っていく子達にエールを送りたいです。幸あれ〜幸ありまくれ〜〜!

↑このページのトップヘ