高尾山に登った話①の続きです(2週間も経っちゃった……)。
 
さわやか山頂

1.5kmの山道を登り、1時間くらいで山頂に到着。あっという間でした。

山頂ではお弁当とソフトクリームを食べました。2月はかなり空いてましたが、今回は遠足の小学生やカップルなどがたくさんいて、みんなレジャーシート敷いてその辺でお弁当食べたり。とても賑わっていました。
お弁当
お弁当(茶色い!! でも登山の後はお肉いっぱい食べたいと思って……)


息子は山頂でヤッホーって言うんだ!と意気込んでいたのですが、いざ見晴台に立つと蚊の泣くような声で「……っほー……」。もう少し大きな声で言ってみたら?と促してみましたが、「他の人がびっくりしちゃうから……」と遠慮してました。人が多くて緊張したのかも。まああんまりうるさくしても何だしね……と思っていたら、息子と同じくらいの知らないお子さんが隣にやってきて、大声でヤッホー!と言い出し、息子もつられてヤッホー!と声をあげていました。息子はとっても嬉しかったようで、その子と笑いあっていました。幼児って一瞬で友情を築き上げるからすごいですよね。
あと小学生がカモンベイビーアメリカをノリノリで歌っていて、「風情とは……」となりました。でも今年の国民的ヒットソングだし、ある意味情緒があるのかもしれない。
高尾山4
どうでもいいんですけど遠足小学生たちが男子と女子で分かれて大揉めしていたのも面白かったです。「もーーーーー男子! 勝手に行動しないで! ちゃんとやらないなら向こうで食べてよ!!」「やった〜向こうで食べていいってよ〜! 女子がそう言ったんだからな〜〜先生に怒られたらお前らのせいだからな〜〜、俺らは知りませーーんブヒブヒー」みたいなやり取りを延々としていて、『さわやか3組』を見ているようでした。男子め。

体力がすごい

短距離コースを選んだおかげか、私も息子もさほど疲れることなく無事に帰ってくることが出来ました。息子なんか、帰ってきてから「これからお散歩行く?」とか言い出して、それはもう本当に勘弁してくださいと私が崩れ落ちるほど……。
3歳6ヶ月高尾山3
家に帰ってからも全然寝落ちする気配はなく、いつもと同じ21時前まで元気いっぱいに過ごしてました。さすがに消灯後はのび太スピードで即落ちしてましたが……。
3歳6ヶ月寝る

けど私の方も、帰宅後に家事をやるのが嫌だったので、出発前にお弁当作りに加えて夜ご飯も全部用意して掃除して洗濯物干してお風呂掃除もしてとバタバタして、朝からこんなフルスロットルで体力持つか?と一瞬不安になりつつ家を出ましたが、意外と平気でした。
(だって登山して帰ってきてから夕食を作るなんて、考えただけでゾッとしませんか……? うちは駅から自宅までの間に「ちょっと寄って美味しいものを買えるお店」がないし……)


おまけ:グルメ

高尾山は美味しいものがたくさんあります。
おすすめなのは、ケーブルカーの駅すぐにある売店の「天狗焼」。たい焼きのような生地の中に黒豆餡がぎっしりなんです。形も可愛い。
天狗焼
そしてその隣で売ってるチーズタルト。サクサクのタルトに濃厚なチーズクリームが入ってます。焼きたては罪の味です。
天狗2
1号路の途中にはお団子などが買える大きな売店があるし、薬王院ではぶどう酢ジュースやぶどう酢ソフトクリームが売ってるので、美味しいものを楽しみたい場合は1号路をお勧めします。もちろん山頂にもソフトクリームやかき氷を売ってるお店が複数あり、さらに高尾山口駅のそばにはジェラートを買えるお店もあるんですよ! 油断するとソフトクリーム漬けになるので注意が必要です。
私と息子は、歩いて消費したカロリーをしっかり補って帰ってきましたね……。

また行くことがあれば、次は森の中を歩くコースに挑戦したいのですが、でも1号路の薬王院ぶどう酢ソフトクリームも食べたい……悩む〜〜!(世界一どうでもいい悩み)