息子は3歳3ヶ月になるのですが、未だに朝食に何を出すか毎朝毎晩悩んでいます。
それで行き当たりばったり適当に出しては翌朝また悩んでいるので、いい加減もう少し効率化したく取り組んでみました。

朝食大事派

私は朝絶対食べたい派なので、息子にも朝はしっかり食べさせています。

でも食に対する考えや環境、体質は人それぞれなので、朝食の重要性を説くつもりは毛頭ありません。うちも夫が朝は食べない派で、無理に食べると体調を崩すくらいだし。空腹のまま仕事に向かう夫を「職場に着く前に倒れちゃうんじゃ!?」と心配したこともありますが、無駄に食べる私よりずっと元気に働いています。つーか私も単にお腹空くから食べてるだけだし。


それに朝しっかり食べたいとは言いつつ、質に関してはおざなりで、自分の分は納豆ごはんくらいでした。息子が食べるようになってからも、朝から料理をするのが億劫で、去年辺りはヨーグルト+シリアルとか、アンパンマンのパン+フルーツだけとか、そんな日が多かったです。
が、それを健診で馬鹿正直に答えたら、保健師さんに「もう少し頑張りましょうよ。お子さんの健康のためですよ」と叱咤激励(?)されたので、以来内容も多少は考えるようになりました。別に上記のような朝食でもいいとは思うんですが。

朝食に望むこと


とは言え朝から手の込んだ栄養バランス完璧の朝食を作るポテンシャルは私にはありません。しかも栄養的なことについては正直あまり詳しくないので(保育士試験のとき勉強したけど全然身に付いてない)、
・主食(ごはんorパン、たまにホットケーキやお餅なども)
・主菜(肉、魚、卵、豆腐)
・副菜(野菜、きのこなど)

という枠でざっくりと考えることにしました。めちゃくちゃ極端に偏ってなければいいか〜くらいで。


さらに以下のような譲れない条件もあります。

①起きてすぐ食べたい。
息子は朝起きると開口一番「ごはん〜!」とか「ヨーグルト食べる!」と言い出すので、とにかくスピード勝負です。私が余裕を持って早く起きていればいいのですが難しいです。いやそのくらいやれよって感じですがやれません。寝たいので。もう毎日寝ることが最大の楽しみなのでそれは極力削りたくないんです(ひどい)。

②息子が好んで食べるものばかりにしたい。
図書館に行く度に何かしら子供の食に関する本を借りてくるのですが、最近の本によく書かれているのは「(好き嫌いを克服させようと)子供の嫌いなものを無闇に献立に入れないで」ということ。確かに大人だって朝から嫌いな物を出されたらげんなりしちゃうし、一日を楽しく元気に過ごすために作っているのだから、喜んでくれるものを出したいです。

とにかく「私にも息子にも負担がかからない」というのが大原則です。無理して作ったり無理して食べるんじゃ本末転倒なので!

効率的に作る方法(?)

朝食用に食材を常備しておく。
1)ウィンナー、焼き魚、ミニトマト、ピーマンなど、ただ焼けばいいor生で食べられるものを常備する
2)玉ねぎ、にんじん、キノコ類など、よく使う食材はカットして冷凍しておく
3)煮物など手間がかかるものは常備菜として作っておく

②具体的なメニューを前日までに決める。
「朝起きたら、魚を焼いて卵焼きを作って、常備菜を盛りつけて、トマトを切って……」と流れをイメトレしてから寝る。 

逆に今までそんなこともしてなかったのかよ!ってくらいですが、していなかったのでやることにしました。

一週間の朝食例

上記のことを気を付けながら作った7日間の朝食です。

【1日目】
IMG_9464
IMG_9466
このとき6枚切りのパンしかなくて分厚くなってしまったけど完食でした。


【2日目】
IMG_9474

【3日目】
IMG_9499


【4日目】
IMG_9522
スープも飲みました。暑くてお味噌汁を作る気がしません。

【5日目】
IMG_9530
メロンパンに何を合わせたらいいか分からない……。

【6日目】
IMG_9532


【7日目】
IMG_9552
ちょっと量が多すぎた。おにぎり少し残しました。

分かったこと

①前日の夜に決めておけば意外と楽。
今までは翌朝の朝食についてぼんやりとしか決めておらず、毎朝起きてから「ごはんはあるけど、あとは何食べよう……」となっていたのですが、少なくとも前日の夜までにしっかり献立を決めてイメージも固めていれば、短い時間でサクサク用意できるということが分かりました。

②常備菜すごい助かる。すごい。
いくらイメトレしていても、朝の忙しいときに「しょうゆ大さじ2、みりん大さじ……」「弱火で15分……」なんてのはやってられません。かといってウィンナーや生野菜一辺倒じゃ飽きてしまいそうなので、常備菜にはかなり助けられました。今まで常備菜には懐疑的だったのですが(食べ切れないとか管理が大変とかで)、「息子の朝食用に息子の好物を作る」とテーマを絞って作れば問題ないということが分かりました。
今回にんじんのグラッセ、にんじんとインゲンの胡麻和え、キャロットラペ、マッシュポテト、煮卵などをあらかじめ作っておきました。今後はこれに息子の大好物こんにゃくの煮物や煮豆なども加えて、飽きない程度にローテーションしていくつもりです。


終わり
 
朝食を作りながら、私は息子が産まれてから「息子のために」という動機でいくつかのことに挑戦してきたけど、結局は自分のためになることばかりだったということに気付きました。今回もきっかけは息子の朝食ですが、結果的に私もまともな物を食べるようになったし。昔は冷たいごはんの上に納豆かけてグチャグチャーッてして、完全にブタの餌だなと思いながら食べてたので……。
これを機に息子のためだけでなく自分のためにもちゃんと朝ごはんを作れる人になりたいです。なので朝食作りは向上心を持って続けていこうと思いました。朝ごはんレシピ本たくさん読むぞ〜!


<参考にした本>
3歳からのからだを作るおべんとう/中村美穂さん


↑ごはんお焼きとかかぼちゃロールサンドなどはこの本を見て作りました。
キャラ弁や華美なデコはないけど、素朴で美味しそうなお弁当が載ってます。キャラ弁やデコは私には無理なので諦めました。向上心とは。