■クリスマス
クリスマスとか、先月のことなのにもうずいぶん前のことのよう……。こういうイベントの記録はリアルタイムでやっちゃわないと、時間が経つと全然書く気にならないですね。まあ特に書くこともないのですが……。
でも今年は幼稚園や児童館や商店街など、色々なクリスマス会にクリスマス会荒らしのごとく参加したことで、息子はすっかりクリスマス大好き坊やになりました。
2歳8ヶ月サンタ


2歳8ヶ月プラレール


■イヤイヤ期?と思いきや

ある夜、寝言で突然「ヤダ!」と言っていて、その翌朝だったか数日後だったか、朝起きて一言目が「イヤダ!」だったので、ついにイヤイヤ期か!?とドキッとしたのですが、結局何もなく終わりました。でも以前に比べて「いやだ」と言う機会は増えたかも。よく聞くような、ヤダヤダと何もかもを拒否するとか、長い時間延々とグズるということはないので、反抗期はまだ先のようですが……。
 

■女の子と息子
2歳8ヶ月耳鼻科

息子が児童館で仲良くしてるお友達が見事に女の子ばっかりです。外で知らない女の子に会うと、なんとなく一緒に遊びたいような仕草をするし、自分のことを「かっこいい」と言ったりするので(……)、2歳児なりにそういう自意識があるのかな〜と不思議です。
が、先日洋服を買いに行ったらピンク色のいかにも女の子向け!という洋服を手に取って「これが欲しい」と言い出したので困惑しました。
2歳8ヶ月洋服
赤ちゃんならまだしも、2歳児(しかもデカい)でこのピンク色はちょっと……いやしかし、別に男児がピンクの服を着ちゃいけないわけではないし、こんな風に「男の子なんだからピンクは変だよ」なんて前時代的な考えを次世代の息子に刷り込むのはどうなんだろうか、今は誰もが好きな服を好きなように着る時代になってきているのでは、けど周りに笑われたり変な目で見られたら息子が傷ついてしまわないだろうか、いやしかしそういうときに息子を守ってやることこそが私の役目なのでは、私は子供の好きなものを肯定し守ってやれるそういう親になりたいんじゃなかったか、こんなことで狼狽えているようじゃ今後息子と向き合っていけないのでは……
などと考えている内に、息子の気が変わったようで「やっぱこっち〜」と全然違う服を持ってきて終わったのですが。しかしピンクの服いいね買おうね!と即答できなかったことについて、色々と考えてしまいました。難しいなー。

子供関連の商品って(大人のもそうだけど)、服でもおもちゃでも割とハッキリ「女の子向け、男の子向け」とコーナーが分かれていたり、赤と青などで色分けがされていることが多いので、ちょっと悩ましく思うことも多いです。おままごととかお人形さんとか、児童館では普通に楽しく遊んでるから、きっとプレゼントしたら息子は喜ぶだろうけど、おもちゃ屋さんに「女の子向け商品」としてピンクに飾られて並んでいるのを見るとやっぱちょっと買うのを躊躇してしまう。こういう大人の先入観を子供に押し付けて窮屈にしたくないなとは思うものの、かといって何もかもフリー!というのも現実的に……なんつーかあまりにも理想論すぎて却って生き辛くなってしまいそうだし……。育児してると、親である前に人としての自分のスタンスが問われているんだな、と折りに触れて思います。試されすぎる。