お風呂とか外とか室内とか(つまり全部)まだまだ危険がいっぱいなので、気を付けなきゃなと思います。
こんな油断しまくってる緊張感ユルユルの私なのに、今年も息子に大きな怪我をさせず無事に育てられた幸運に感謝です。本当に運が良かった。
来年はもっと歩けるようになって行動範囲も広がるだろうし、洒落にならない危険にも接すると思うので気を引き締めていきたいです。


浴槽転落



以下は1歳2ヶ月くらいのときに描いたやつです。これ記事も作ったのに投稿ボタンを押しておらず半年間下書き状態のまま放置してたことに今気付いて、マジでしっかりしろよ…と思いました。

上

外




あと、これは今だから言えることなのですが、実は生後10ヶ月のときにオモチャを誤飲してしまったんですよね。
それもなんか…でかいゴムみたいなやつ。恥ずかしながら誤飲したことにも気付かなかったのですが、あるときオムツを変えようと思ったらお尻から蛍光グリーンのでっかいゴムが半分飛び出してて、「え…? これは…なに…?」と恐る恐る引っ張ったらスポンと抜けて、オモチャのパーツだと気付いて血の気が引きました。
誤飲
↑こんな感じのやつで、大人が水渡されて「これ飲み込め」って言われても無理なんじゃないかってくらいです。異物を飲み込むのが得意な芸人かなんかじゃないと無理。絶対むせちゃうし、大人だって窒息してもおかしくないと思う。
なのに、思い返してもいつ誤飲したのか分からないんですよね…。息子はその日も前の日も前々日も特に変わった様子はなく、機嫌良く遊んでいたし、多少目を離すことがあってもせいぜい私がトイレ行ってる間程度で、そんな5分も10分も放っておくことは絶対なかったし。
咳き込んだり突然泣き出したりもせず、私が異変を感じるような仕草は一切ありませんでした。息子は当時まだ風邪を引いたことがなかったし、飲み物を飲んでいても咳き込むことは滅多になかったから、もしゲホゲホしてたら絶対に気付いてたはずだし…。そうは言っても実際お尻から出てきたんだから、飲んだのは間違いないんですが。

で、心配になって救急相談に電話したんですが(夜だったので)、あいにく繋がらず、どうしたらいいか分からなくてかなりパニクりました。繋がらない電話をかけ続けつつ、ネットで調べたら排泄されれば心配しなくても大丈夫という意見が散見されたので、いつでも病院に行けるよう準備だけして様子見することに。
幸いその後も体調を崩すこともなく、あれから一年近く経つので今となっては笑い話なんですが、本当に怖かった……というか、今も笑えないです。あんまり不安で&誤飲に気付かなかったことが息子に申し訳なく、また恥ずかしくて、ツイッターに「こんなことありました〜」と書く気にもなりませんでした。年末なので、厄落とし的な意味を込めつつ書いちゃったけど。

上に載せた漫画の、気付いたら外にいた〜とかもそうですが、「息子は私の常識を超える」と肝に銘じながら育児しないといけないなと思います。しつこいようだけど、今改めて考えてもあれをどう飲み込んだのか実に謎です。勢いでゴクン!と飲み干せるものじゃないと思うんですよ……。
たまに「大きな怪我もさせず、ちゃんと育ててて偉いね」というようなことを言われるんですが、息子が今日まで元気に生きてこられたのは私の功績ではなく、単純に運が良かったからなんだと思ってます。この誤飲なんて特にそうで、窒息しなかったのは本当に幸運でした。次はないぞ、と思わないといけないですね。来年は油断せず行きたいです(今年まだあと一日あるので、無事家族で新年を迎えられるよう、年内も気を引き締めて生きるぞ〜!)。