2018年04月

Twitterで以前からお世話になっているこたきさん(かわいいちゃんとのぼちぼち日記)と遊んできました。

お会いするのはこれが3度目で、最後に会ったときは1歳ちょっとだった息子とこたきさんの長女ちゃんは、もう3歳になりました。早生まれの長女ちゃんは幼稚園の年少さん。
その日も平日で幼稚園があったので残念ながら長女ちゃんには会えなかったけど、もう幼稚園生なのか〜〜としみじみしました。

待ち合わせは午後だったので、私は息子とバーガーキングへ寄ってお昼を済ませたのですが、バーキンはキッズセットを注文すると紙製の王冠をくれるんですよね。息子は大喜びしてしまって、王冠姿のまま待ち合わせ場所へ行く羽目に……そこそこ人通りのある場所で、王冠をかぶった息子を連れて歩くのはちょっと恥ずかしかったです。 可愛かったんですけど。


こたきさん子供の扱いが上手すぎる問題

会ってすぐ思ったことなのですが、こたきさん、うちの息子をすごく構ってくれて、しかもその構い方がなんかすごく上手でビックリしました。幼稚園の先生みたいな……子供が言われて嬉しいツボをすごく心得てるというか。
横断歩道渡るとき手を挙げる息子をいちいち褒めてくれたり、ジュースが飲みたくてグズる息子の気持ちを汲んでくれたり、カフェでブラウニーを食べ終えてソワソワし始める息子に「忍者みたいに(静かに)するんだよー!」って言ったり……「そういう声かけをすればいいのか〜!」と私が勉強させてもらいました。息子もこたきさんに褒められたり構ってもらえるのが相当嬉しかったようで、テンション上がりまくってました。

3歳こたきさん①


3歳こたきさん②


素敵ママ

お喋りしながら問屋街をうろつき、小売りOKのお店でちょこちょこ買い物したり。
次女ちゃんのハーフバースデーが近いというこたきさんがパーティグッズを買っていたので、きっと素敵なお祝いをするんだろうなあと思いました。長女ちゃんの誕生日にこたきさんが手作りしたエルサケーキは一見の価値ありです。
3歳こたきさん③

あと途中ちょっとお洒落っぽいチョコレート専門店でお茶したり。店員さんに「商品が用意できたらお呼びしますので、お名前を教えてください」と言われて、お洒落なお店では名前を名乗らなくちゃいけないんだ、番号じゃダメなんだ、こういう木の温かみに包まれた穏やかな空間では人間を番号で呼ぶような冷たいやり方はしないんだ……と感心しました。合理性なんて問題じゃない。大切なのは人と人との血の通ったコミュニケーションなんですよね。知らんけど。

こたきさんが持参していたデジカメで息子の写真を撮ってくれて、後で見せてもらったらその写真がすっごく綺麗で、額に入れて飾りたいくらいでした。きっと普段から娘さん達の写真を撮りまくっているんだろうな、ということが窺えます。そしていい加減うちもデジカメを買おうと思いました。

写真の件もそうだし、あと前述の子供への言葉がけからも、日頃こたきさんがいかにお嬢さん方を大切に育てているかっていうのがガンガン伝わってきて、もう全然隠し切れない感じで溢れ出ていて、めちゃくちゃ良いお母さんじゃん……と感動しました。
直前に別の用事でインスタ系ママに囲まれてアウェイだった、みたいなことをこたきさんが書いてましたが、こたきさんも大概素敵ママだと思います。真面目に。

0歳の次女ちゃんが幸せの塊だった件

忘れられないのはカフェで次女ちゃんを抱っこさせてもらったこと。0歳児ってあんなに軽くてフワフワなものなんですね! 息子0歳時代を完全に忘れているため、もはや0歳児を抱っこしたのは生まれて初めてな気さえします。目の前にいる、必死でチョコブラウニーを貪っている息子が、たかだか2年半前はこんなヨチヨチしていただなんて信じ難いと思ったくらい。いや今の息子も可愛いんですけど。笑

次女ちゃんを抱っこしている間、なんだかふわ〜っと幸せな気持ちが湧いてきて、あー赤ちゃんってこういう存在なんだなあ、と改めて感じました。いきなり知らない人に抱っこされた次女ちゃんはお前誰やねん的な顔で泣きそうになってましたが……。

ヘリコプターを頂く


後半息子がグズってしまったのですが、こたきさんがヘリコプターの木製玩具をその場で買ってプレゼントしてくれました。息子ニコニコで、帰宅後もずっとブーンブーンと動かして遊んでいます。考えてみたらヘリコプターのおもちゃは一個も持っていなかったので、すごくありがたいです。
IMG_7735
いつか息子が遊ばなくなったらそのままインテリアにできそうな上品なおもちゃ。


あとバースデー用品を売ってるお店で、「おさんぽ新幹線」なるものを見つけて購入しました。これ可愛くて良いです。※写真撮るのが面倒だったのでリンク貼りましたがamazonでは在庫切れです。





 


世直しマンの過去は泣ける

素晴らしいときはやがて去りゆき、あっという間にお別れに。次はいつ会えるのか分からないので、何なら夕食でも……と言いたかったんですけど、お互い子連れ&こたきさんは長女ちゃんが帰りを待っているため、そういうわけにもいかず夕方には解散しました。
充実した時間だったけど、もっともっと漫画の話とかジャンプの話とかヒロアカの話とかBLの話とかしたかったです。あと以前こたきさんがラッキーマンが好きだと言っていて、どのヒーローが好きなのか前々からお聞きしたいと思っていたのにすっかり忘れてしまいました。

そういえばこたきさんはスマホで色塗りをするって話をしてて、「まあどんなツールを使おうと、結局は実力次第ですよね……」みたいな話になりましたけど、こたきさんは絵がめちゃくちゃ上手いので(「上手」なんて言い方は却って失礼にあたりますよね、何て言ったらいいか分からないんですが……)、ペンタブや液タブを使った日にはものすごい作品が出来上がるんじゃないかと思います。
そしてそんなこたきさんのブログで早速息子をとんでもなく可愛く描いてもらえました。かわいい〜この息子かわいい〜! 絶対皆さんに見てほしいです。

ユーラシアさんと遊びました:かわいいちゃんとのぼちぼち日記


とにかくとても楽しい一日でした。息子によくしてもらったのが本当に嬉しかったです。またそのうち会えますように! 私は天才マンが好きです。
天才マン

ロマンスカー

もう結構前のことなのですが、箱根に行ってきました。箱根と言えばロマンスカー! ついにロマンスカーデビューだ!
ロマンスカー

……何週間も前から息子と盛り上がっていたのに、なんと当日、ロマンスカーが運休という憂き目に……。しかもその日は何故か朝から色んな電車がトラブルを起こしてダイヤが乱れており、なのに浮き足立っていた私達は家を出る前に運行情報を確認するのを失念していたため、予想外の満員電車に苦しめられたり、駅で延々待たされたり、さらにロマンスカーの運休と、散々な目に遭ってしまいました。
結局、在来線で箱根湯本まで行くことに。予約していたロマンスカー弁当にもありつけず、がっかりしつつ乗り込んだのですが、在来線はまったりしていてそれはそれで楽しめました。せっかくの旅行だし、家族でゆっくり電車に乗るのもいいですよね。


温泉はもちろん最高でしたが、子連れ的には箱根湯本の隣駅にある「生命の星・地球博物館」がとても充実していてよかったです。中でスタッフさん(学芸員さん?)が「写真OKですよ〜、(一部は)触っても大丈夫ですよ〜! うちは(石などの一部は)本物を展示していますよ〜!」と声をかけて回っていました。1

息子は絶滅危機動物についてのコーナーで、何とも言えない表情でこちらをじっと見据えているオオカミの剥製に怯え、帰宅後もしばらく「オオカミさんが来る……」と怖がっていました。

この博物館があるのは、箱根湯本駅の隣の入生田駅すぐ。お子さん連れで箱根に行く際にはぜひ。入生田はのどかな駅で人がほとんどいなかったので(時期によるとは思いますが)、通過するロマンスカーをまったり眺めるにもうってつけだと思います。
2


なお帰りは無事にロマンスカー(VSE)に乗ることができました。息子は念願のロマンスカーに「わーいわーい!」と大喜びしていて、周りのお客さんに「あの子、すごい喜んでるね。大ファンなんだね(笑)」とクスクス笑われるくらいでしたが、発車5分で爆睡しました。

3
ロマンスカー弁当。


新幹線


あと別件でかがやきに乗りました。新幹線のピカピカ・ツヤツヤの見た目って本当に綺麗でかっこよくて惚れ惚れしますね……。これまで新幹線を特別意識したことはなかったのですが、息子の影響ですっかりファンになっています。

2
ゆっくり撮ってる暇がなくてあんまり良い写真がないんですけど……。


1
ついでにMAXときの連結部分です。息子は(そして恐らく他の電車好きの子供達も)連結が好きなんですよね。何ででしょうか……でも別に鉄オタではない私も確かにちょっとウットリしてしまいました。一体何故こうも人を惹き付けるのか、新幹線の連結。


あと、かがやきに乗った際に「E5系はやぶさ弁当」を食べましたが、ロマンスカー弁当の方が美味しかったことをご報告しておきます。(※個人の見解です)
3
増殖し続ける弁当箱。次は九州新幹線さくら弁当が欲しいです。

2歳10ヶ月お兄ちゃん
お母さんと離れて一人で歩いて行こうとする女の子を見つけ、心配そうに声をかけていて感心しました。いつの間にか頼れるお兄さんになっていました。

2歳10ヶ月虫退治
虫退治もしてくれて心強いです。ぜひ将来は例の黒い奴(G)をも倒せる強い男になってほしい。


2歳10ヶ月夢
ライオンさんは怖いから関わりたくないそうです。


2歳10ヶ月トランポリン
トランポリン、みんなが真っ直ぐピョンピョン飛んでる中、息子だけヨロヨロ彷徨ってて笑ってしまいました(他の親御さんも笑っていた……)。このリズム感のなさ、運動神経の悪さ、間違いなく私譲り……。


2歳10ヶ月バナナチップス
薄く切られたバナナがぎっしり入っているのがツボだったらしい。謎。

私の時間がない問題

2歳10ヶ月ねんね

いつも息子とは私が一緒に寝てるのですが、寝かしつけの後、こっそり布団から抜け出すと何故か即座に目を覚まして泣き出すので、夜に何もできません。ツイッターで「子供が寝たからテレビ見る」とか「お菓子食べる」などの育児アカウントあるあるツイートを見ながら、いいなあ〜と横になっています。寝室でも有意義に過ごすことはいくらでも出来るんだけど、私が「やりたい」のはリビングに置いてあるパソコンを使った作業だったり勉強だったりするので、いつも「今日も何も出来なかったなあ〜」という気持ちがあって、これが地味にいやです。

私がいないことに気付いて泣き出すと、すぐに駆けつけないと寝室からヨロヨロと出てきて「一緒に……一緒に寝てよお〜……一緒に……」と妖怪のように私にすがりつくので、「諦めるまで泣かせておく」というのも出来ないし。さすがに寝室に鍵をつけて閉じ込めるわけにもいかないし。

それにしてもどうして目を覚ますのか謎です。一晩中ぴったりくっついて寝てるわけでもないし(むしろゴロゴロ遠くへ転がっていく)、私が部屋を出るときは物音を決して立てないよう慎重に慎重に出ていくのに。逆に私が隣で寝ているときは、夫が隣の部屋で多少バタバタしてても全然気付かずに寝ているという……。私と夫の体が入れ替わったらいいのに……。

でも時間が出来たところで、どうせパソコンでだらだらwikipediaを読んで朝を迎えたりしてしまいそうなので、「ああ〜時間があればな〜時間さえあればあんなこともこんなことも出来るのに〜〜」と無限大の妄想しているくらいが身の丈にあっているような気もします。

なお、絵とかブログとかは夫が休みの日などに書いてます。この時間を有効に使えよ。


そして寝起きがハイ

2歳10ヶ月起き方

2歳10ヶ月起き方②
息子の寝起きは、主に
①起きた瞬間から満面の笑顔で「大好きだよ!」と抱きついてくる天使パターン
②夢の続きなのか、訳の分からないことを泣きながら語ったり叫んだりする錯乱パターン
の二つに分かれます。普通に起きてほしい。

そして泣きながら起きたかと思ったら、ケロッと笑顔になる息子。
2歳10ヶ月起き方オチ

朝も夜も息子に振り回されすぎていた。

↑このページのトップヘ