2017年05月

先月の話ですが、東京ディズニーランドに行ってきました。
息子にとっては2回目のTDL。1回目の話はコチラ

今回は事前にミッキーの映像などを見せていて、「ミッキー」や「プーさん」、「チップとデール」 などを認識していたので、前回より格段に楽しんでくれるだろうと期待大でした。

が、
TDL2017①

トゥーンタウンの入り口付近にこういう謎のオブジェスペースがあって、これに大興奮。多分放っておいたら一日中ここにいたと思います。

子供を産んで初めてトゥーンタウンの偉大さを知ったというか、今まではミニーちゃんの家とかドナルドの家とか、「ディズニーオタク向けかな?」って感じで割とスルーしてたんですけど、子供の喜びっぷりを見て、ああなるほど〜と納得しました。


乗ったアトラクションは、
①ウェスタンリバー鉄道
②キャッスルカルーセル(メリーゴーラウンド)
③ジャングル・クルーズ
④マークトウェイン号
⑤プーさんのハニーハント
⑥カントリー・ベア・シアター ←私が大好きでたまらないやつ
の6つでした。
イッツ・ア・スモールワールドが休止中だったのが痛すぎた。でもリメイクしてるらしいので、相当楽しみです。

プーさんのハニーハントは楽しんでくれるかな!?とワクワクして乗ったら、息子は「……! プーさん……!? ここは一体……!?」と不思議の世界に迷い込んだような顔をしてて、終わった後にそのまま二週目に突入しようとしてたので、多分かなり楽しかったんだと思います。私も降りたくなかった。


 TDL2017②


前回行ったとき昼食難民となってしまったので、今回はレストランを予約しました。ザ・ダイヤモンド・ホースシューというとこで、ショーを見ながらウエスタン料理が食べられるというお店でした。
この時期はトイ・ストーリーのショーがやってるというので期待していきましたが、行ってみると爆音の中でカウボーイ風のお兄さんやパツキンのお姉さん達が歌い踊り、ウッディ・ジェシー・ブルズアイがワイワイ動くというものでした。
ショーの内容とかは何でもいいんですが、とにかく音がでかい! 食べてる間もキャストの皆さんが所狭しと店内を走り回るので、全然落ち着かない! 息子はポカーンとして、美味しそうなお子様ランチにほとんど手を付けずに終わってしまいました。食事の合間に少しショーを見るという感じではなく、完全にショーがメインだったので、ちょっと微妙なランチだったかも。
※お店に対する不満じゃなくて、そういうお店だったのか〜知らなかったぜ〜めっちゃ集中して食べるつもりでいたぜ〜という話です。
tdl5

tdl4
お子様ランチ。大人の料理は「肉!」という感じでした(好き)


けどキャラクターを目の前で見られるというのは嬉しいですよね。ウッディに後ろから肩をポンと叩かれたのは良い思い出です。振り返ったら巨大な白人の顔をしたウッディがいたので腰を抜かしそうになりましたが。

TDL3
トイ・ストーリー大好きなのですが、ディズニーランドのトイ・ストーリーキャラはみんなして顔が恐いと思います。なんか外国人感が強すぎるというか(外国人だから仕方ないんだけど)……。

毎回この人を思い出すんですよね↓(冨樫義博先生『レベルE』2巻より)
image1

あと「最後にみんなで立って踊ろうぜ! 輪になって!」みたいな謎の時間もありました。まさかレストランに食事に行って輪になって踊らされそうになるとは思わなかったのでビックリでした。さすが誰もが子供に戻る国……立たない人の方が多かったけど……(みんな冷めてたというんじゃなく、食べてたりして立つどころじゃなかったり。席に座ったまま手拍子しました)。ディズニー映画の世界で、ヒロイン達が突然歌い踊り始めたときにうまくその歌に乗れず「えっ何、えっ」ってなる踊れないタイプのモブの気分を味わえました。
それと、お土産にバンダナを1人一枚貰えて、地味に嬉しかったです。



10時頃にパークに入り、出たのは18時くらい。息子は家を出てから着くまでに少し寝て、お昼ご飯の前に少し寝るという感じで、結講理想的な過ごし方が出来ました。
夜のパレードも見ようか迷ったけど、少し寒かったし、さすがに息子も体力の限界っぽかったので潔く帰りました。お昼のパレードは去年と同じくあまりよく分かってない(興味がない? 怖くて直視できない?)感じだったし。来年は見られるかな? 楽しみです。


tdl
蛍光オレンジが目に突き刺さる


tdl2

フック船長に絡まれる息子


tdl3
船長とウッディを目の前にして泣かなかった息子はつよい(人間、恐怖が極限に達すると涙は出ないのかもしれない)

1歳半健診に発語ゼロで引っ掛かって以来、言語聴覚士さんとの面談2回、親子教室に参加(現在進行形)と、色々フォローして頂きながら過ごしてきました。先日、別の言語聴覚士さん(以下ST)に息子を見て頂く機会があったので、そこで改めて相談してきました。正直それほど実のある話でもないんですが、一応記録しておきます。同じような状況の方の参考になればいいとは思いつつも、多分あんまならない内容です。

<言語聴覚士さんとのお話まとめ>
親子教室での様子を何度か観察して頂いてからの面談でした。

・言葉は1歳半に発語がなかった割には伸びてる。特に「食べたい」などの要求を表現できるようになったのは良いこと。
・全体的に発達は少し遅れてる。でも大幅な遅れではないし、凹凸もなさそうなので、そんなに心配する程ではない。
・現時点では何とも断言はできないが、発達障害などの診断が下りるだろうな、そういう傾向が強いな、という印象はあまりない。でも分からない。 
・(以前他のSTさんから落ち着きがないと言われたことについて)確かにとても落ち着いてる子とは言えないかもしれないが、かといって特筆するほど落ち着きがないとも思わない。でもそのSTが見たときには実際落ち着きがなくて、今は成長したのかも? 今後注意して見て行く。
・人に対する関心がとても強いように思う。物と人、両方にバランスよく関心を持つのが理想。物に対しても興味が薄いという訳ではなさそうなので、今後ちょうどいいバランスになることを期待。
・初めての集団に対する警戒心がかなり強めな印象。

今回お話したSTさんは、この警戒心の強さを懸念されてました。懸念という程ではないかも、「ちょっと気になるかな」って感じっぽい。
「警戒心が全くなくて、新しい場所や人におかまいなく突っ込んでくタイプもそれはそれで心配だったりするから、あくまで程度問題。ただ、警戒心が強すぎて、目の前におもちゃがあるのに動けないとか、自分を出すことが出来ないようだと、少し気になる」とのこと。

確かに親子教室でも、他の親子や先生がわいわい遊んでるところにはあまり近寄らず、人が引けてから一人で遊んだり、比較的人口密度の低いエリアを選びたがることが多々あります(……私と全く同じなんですけど……)。
息子は人見知りはもうほとんどなくて、先日市役所に所用で行った際、そこの職員さん(女性)にべたべた懐いて仕舞いには手まで繋いでたんですが、どうも団体は苦手なようです。1対1は平気だけど、複数は苦手(……って、やっぱり私も同じなんですけど……)。

「遊びたいのに他の子がいるから遊べない」というのがあんまり強すぎるのは心配とのことですが、現時点では息子のそれがあくまで性格なのか、今後ケアが必要になるかどうかは分からないので、とりあえず夏くらいまで様子見とのことでした。


警戒心といえば、息子は最近とてもよく歩くようになったけど、新しい道を歩くのはやっぱり嫌がります。慣れた道じゃないとダメみたい。公園とかお店は初めてでもすたすた歩いてくのに、道はダメらしい。何が嫌なんだろう。前世に何かあったんでしょうか。

で、この警戒心の強さを解くために、色々な集団に積極的に参加すべきですか?と訊いてみました。そしたら、息子のようなタイプは無闇に集団に放り込まれると結構ストレスを感じるかもしれないので、無理にやる必要はない。もし新しい集団に入るなら、「嫌なら帰ろうね」「大丈夫だよ」等の声かけを十分にして、母親の私自身が「つまらなそうだったら帰ろう〜」と軽い気持ちでトライしてみてください、とのこと。

実はちょうど来月から始まる期間限定の育児サークルに申し込みまして、それに母子分離で遊ぶ機会が週一あるので、何かいい刺激になるのではないかと期待しています。母親が育児について語り合ったり勉強したりする間、別室で保育士さんなどが遊んでくれるらしい。楽しみです。



<愚痴>
しかし警戒心が強いって良いことなのかと思ってたんだけどな〜。孤立した洋館で殺人事件が起きたので全員リビングで夜を明かそうって言ってるのに「ふん、俺は自分の部屋で寝るよ!」と自室に戻って翌朝死んでる、みたいなキャラではなさそうだな〜安心〜と思ってたのに。かといって警戒心がないのも心配っていうし、お母さんはもう何が良いんだか分かりません……(程々がいいってのは重々承知ではありますが……ラインがどこなのか分からない……)。

うちの自治体は手厚く見てくれてるんだろうけど、逐一「強いて言えばここが問題、大丈夫かもしれないけどここが気になる」と言ってくるのが、どうも重箱の隅を突ついてるように感じられて、え〜……と困惑する気持ちがちょっとあります。 ありがたいことなんですが、あんまり言われるとキツいっていうか……。
モヤモヤするので今回思い切って「発達の診断を受けることは出来ますか? 」と訊いてみたんですが、「それは必要ないと思います〜、2歳だと診断も難しいし、そんなに心配なさらなくても」みたいに言われてしまいました。
「ここが心配」と言われ、心配すると「大丈夫だと思います」と言われ……宙ぶらりん状態で飴と鞭、これは一体どういうあれなのか……。でもまあ良かれと思ってのことでしょうし、モヤモヤしつつも、やれることをやるしかないですよね。私の中でも、モヤモヤする→モヤモヤするのやめよ→やっぱモヤモヤする、の繰り返しだな〜。

↑このページのトップヘ