2017年02月

二語分2:15

「わんわん ぃた」と「ゴー ない」の2回言ったように聞こえたのですが、その後ぱったり言わないので聞き間違いか、奇跡的な偶然だったのかも?
でも二語文なんてまだまだ先なんだろうな〜と思っていたので、こんな感じである日喋れるようになるのかなと体験できて嬉しかったです。
むしろ「もう少ししたらぺらぺら喋り出すのかな……宇宙人みたいな喃語、可愛かったのにな」と思う始末……。成長が遅いと不安だ心配だって騒ぐくせに、成長したらしたで早すぎる寂しいと嘆くので、勝手な親だなあと我ながら思います。

子供の成長って、この日この時間に出来るようになった!という感じではなく、徐々にぬるっと出来るようになるものが多いということを、自分で育ててみて初めて知りました。ハイハイしてた赤ちゃんがある瞬間突然スクッと立ち上がる、というわけじゃないんだなーと。
言葉関係だと、うちの息子は例えば電車を「しゃ」とか「うーしゃ」とか言うんですけど、これを「電車って言えるようになった」とカウントしてもいいのか、それとももう少し電車に近い音になるまでは発語できたとは言えないのか謎に思っています。別に正確にカウントしなきゃいけない訳じゃないし、いいんですけど。

たまに他所の子はどうなんだろうなーと気になったりするものの、児童館などで会う同じくらいの月齢の子は、どの子も人前では全然喋らないんですよね。
1歳半くらいの頃、誰もママとかワンワンとか言わないので、「あー皆まだまだなんだなー」と油断しきっていたら、よくよく聞いてみると「家ではうるさいくらい話すよー」と口を揃えていて焦ったりしました。
あくまで私の行ってる児童館の話ですが、知らない人の前でも怖じけず話すようになるのは2歳後半くらいのようです。3歳台になると大分お喋りしてる感じ。

あと少しで言語聴覚士さんと二度目の面会があるので、疑問点などはそこで聞いてみようと思ってます。


〜この話は終わりです〜


 
※全く関係ない吐き出し※
今までの話に全然関係ないのですが、先日Netflixで映画を見たんです。この話に関係ないどころか育児にも全く関係ないんですけど。
それがゲイの恋愛映画で結構良い内容で、出てくる役者さんもかっこよくて楽しかったのに、日本語字幕が酷すぎたんですよ。
その台詞をこう訳すかね?ってワードチョイスだし、字幕が表示されるタイミングも酷いし、口調がころころ変わったり直訳しすぎてたり、あまつさえ抜けてる箇所もあったり、もうめちゃくちゃストレスフルで、字幕をオフにすることも出来たけど、怖いもの見たさもあり意地もあり最後まで見てしまいました。
後半は完全にイライラしながら見てたため、冷静な判断が出来てない可能性もあるので作品名とかは一応伏せておきますが!

〜ここでしばらくゲイ映画について語ったのですが、あまりにも関係なさすぎるし大して中身がなかったのでカットしました〜

翻訳者が日本語非ネイティブの人なのかなと思ったけど、もしかしたら自動翻訳だったのかも(エンディングロール最後まで見なかった)。字幕を付けるという仕事の大変さも少しは聞いているし大変リスペクトもしているのですが、今回ばかりはもうボランティアでいいからお願いだから私に字幕付け直させてください素人ですが絶対これよりはマシです絶対絶対って思うほどでした。
でもおかげで普段何気なく見てる字幕の有り難みを知りました。
ついでに先日息子が久々に高熱を出して、毎日元気でいてくれることの有り難みも知りました。
人間、何かを失ったり不便な思いをしないと、なかなか気付かないこともあるんだなと改めて思います。
そのうち二語文を話し出したら、きっと「あの頃はたどたどしい単語だけで可愛かったなあ」と、今を懐かしむようになるんでしょうね。
子供の成長は止められないから、後悔しないように今を大事にしなければ……そんな大事なことを教えてくれた映画でした。素直になれないゲイの話だったんですけどね。
とにかく素晴らしい作品に感謝です。今度あんなクソ字幕付いてたら絶対苦情送ってやるからな。


イタズラ
何故か最近、朝起きてから午前10時くらいまでがテンションMAXです。
本当にいじってほしくないものとか、危険なものは隠してあるけど、全ての物を完璧に隔離するのは不可能なわけで……何かしらイタズラされて「あー!」ってなる毎日。
私にとっては日常茶飯事なので慣れてるけど、夫が休みの日に目の当たりにすると結構ビックリしてます。「大変なんだね……」と言われたので、鬼の首を取ったごとく「分かった!? 大変なんだよー大変ーー大変でしょーほんと大変だよー」と言っておきました(うざすぎる妻)。

ただ慣れてるとは言え、まだ小さくて叱っても通じてる手応えがあまりないし、「ちゃんと対策してない私が悪い、分かってるのに何でちゃんと片付けておかなかったんだろう」と思ってしまって、気が滅入ってしまうこともあったり。さっさと外に出てエネルギーを発散させたいけど、朝は忙しくてそんなに早くは出掛けられないし。
というか一番忙しい時間にイタズラ連発なので、今はまだ少し余裕あるけど、2歳くらいになったら結構キツいのかなあと心配……。何でこんなに朝元気なんだろう……子供だからか……。

そういえば台所にゲートを付けているんですが、それも普通に開けて入ってくるようになりました。
あと何でも自分でやりたがる時期が来たので、着替える、イスに座る、ご飯食べる、手を洗う、靴下を履く、鍵を開ける等、私がさっさとやろうとすると慌てて「ハイッ! ハイッ!」と手を挙げて自分でやるアピールをしてきたり。
まだ息子はそこまで意志が強くないらしく、多少の手助けは受け付けてくれるし、もし思い通りにならなくてもアンパンマンを見せれば機嫌が直るので楽なんですが……(アンパンマン様様……)。

児童館で誕生日が近い子のお母さんが「一度機嫌を損ねるとずっと泣いてて、『もう、しつこいよー!』って思っちゃう」と言ってたので、そろそろそうなるのかなあと戦々恐々です。

↑このページのトップヘ