2016年08月

ツイッターでのアンケート結果が出たところで、
先日支援センターの虫歯予防講座で伺った話を記しておきたい。


<虫歯の仕組み>
歯は「脱灰(歯の成分の溶出)」と「再石灰化(唾液による修復)」を繰り返している。
脱灰(だっかい)は、虫歯菌(ミュータンス菌)が糖分を得たときに始まる。
脱灰が進むと虫歯になる。
よって、延々と食べ続けていると、再石灰化する暇がないため虫歯リスクが格段に上がる。

<虫歯を防ぐ食生活>
・食事&間食はメリハリをつけ、一日中だらだらと食べ続けない(再石灰化の時間を奪わない)。
例えば小さなチョコを何度かに分けて食べるより、ケーキを一気に食べる方がマシ。

・睡眠中は唾液が減るので、
寝る前に糖分が含まれているものを口にしない(お菓子だけでなく、牛乳なども)。



あと参考までに、先生のお話をメモったものも。
(以下、長年歯科医として乳幼児を診て、
またご自身も3児の父親だという先生の見解です。
根拠の有無や正当性は分かりかねるので、
「そういう考えの先生もいるんだ〜」程度に読み流して頂ければと思います。
もし明らかに誤った情報がある場合は削除するので、お手数でもご指摘頂ければ助かります)


・歯磨き開始の目安は
→前歯が4本生えた辺りから。それまではガーゼで軽く拭う程度でOK。

・暴れちゃって上手く磨けない
→乳児の間はそんなに気にしなくても。
1歳半くらいになり、言い聞かせが出来るようになってから本格的にスタートでも大丈夫だと思う。

・フッ素について
→通常フッ素は塗って3分くらい浸透させるものだが、赤ちゃんにはそんなの無理なので
乳児の内は気にしなくていい。
また、あくまでも「虫歯になり辛くする」程度であり、
フッ素を塗ればもう安心!とは限らないので、あまり当てにしすぎないで。

・歯磨き粉について
→口をゆすげるようになってから。歯磨き粉を毎日飲ませるのはやめた方がいいのでは。

・乳児の歯並びが気になる
→永久歯でも歯並びが直らない子もいれば、綺麗に生え変わる子もいるので、何とも言えない。
いずれにしても乳歯の段階では何も出来ないので待つしかない。

・噛み合わせが悪そう、受け口っぽくなっている
→前歯しか生えていないなら気にしなくていい。奥歯が生え揃ってから判断。



また、1歳半健診での虫歯チェックについて、
「ざっと見るだけという先生もいるので、健診だけで安心せず
各自で歯科医にかかって定期的なチェックと指導を仰いでほしい」とのことだった。

ちなみにこの先生、3人の子供を虫歯なしで育て上げたそうだけど、
お箸の共有なんかは一切気にしなかったらしい。
その代わり食生活は小さい内から注意していたそう。

「大人になって生活習慣を変えるのはなかなか難しい。
幼い内から自然に規則正しい生活習慣を身につけさせてあげるのが、
親ができる何よりものことではないでしょうか」
という、有り難いお言葉(?)も賜った。

また保健師さんからは「昨今の親は意識が高いので、虫歯だらけの子は大分減った。
『口の中を見れば虐待が分かる』と言われるほど」という話もあり、
改めて親という立場の責任の重さを感じて不安になったりも…。
まあ神経質になってカリカリするのはあまり良くないと思いつつ、
出来る限り虫歯にならないよう気を配ってあげないとな、と肝に銘じた講座だった。


注:虫歯がある=虐待、という訳では決して決してありません。
単に虐待やネグレクトする親は歯磨きだってしてない確率が高く、
体の痣は隠せても歯は嘘つかない、という話です。
どんなに親が気を付けても虫歯になってしまう子はいるとも言ってましたし、
虫歯のある子を持つ親御さんを悪く言うつもりは皆目ないので誤解なきようお願い致します。
大体うちもまだ歯科検診行ってないので……虫歯、あるかもしれないので……)


 

病院に行くのはいつだって気が重いけど、とりわけ嫌なのは歯医者だ、
という人は世の中決して少なくないと思う。
かくいう私も今歯医者通いをしているけど、毎回診察台に上る度に汗びっしょりだし、
治療中は拳を強く握りすぎて手のひらに爪の跡が残るくらいビビってる。

世の多くの親がそうであるように、
私も息子にはなるべく苦痛のない人生を送ってほしいと願っている。
苦労は買ってでもしろという言葉はあれど、歯医者は別。
いい歳した大人だって冷や汗をかくような痛みと恐怖から、
我が子を守りたいと思うのは親として当然のことだ。

(と、歯科治療をボロクソに書いてしまいましたが、
歯医者さん達には本当に感謝してます。今後もよろしくお願いします…)



最近の育児ではすっかり常識となっているが、
歯の生えていない赤ちゃんの口内には「虫歯菌(正確にはミュータンス菌)」はいない。
ミュータンス菌は唾液から感染し、主な感染経路は身近な大人、それも大抵は母親だそう。
乳幼児(おおむね2歳半〜3歳頃?)の内に大人からミュータンス菌を移されることで、
子供の虫歯リスクは大幅に上がってしまう。

それを防ぐために、我が子であっても口にキスはしない、
お箸やコップを共有しない、等を気を付けている人が昨今は多いと思う。
私もとりあえず周囲を見習ってそれらを避けていたんだけど、
1歳4ヶ月ともなると完全に徹底は難しく、最近はもうぐだぐだ。
ミュータンス菌の定着は歯が生え揃ってからという話も聞いたので
まだ間に合うのかもしれないけど、今こんな感じなのだから今後も徹底は無理だろう。

後ろめたく思いながら、なんとなくツイッターでアンケートを取ってみたら、
以下の結果になった(ご協力くださった方どうもありがとうございます!)。



なんだ〜! みんな同じじゃん〜!

意外なことに、徹底している方よりも諦めている・最初から気にしてない方が多い
(徹底しているという方、少数派とは言えこれだけいるというのも頭が下がります)。

周りがどうであれ我が子には関係ないんだけど、
それでもこの「みんなキチンとやってるだろうに…私って何てダメな親なんだろう」という
罪悪感を少し手放すことができた。
私のせいで虫歯になったらごめんね息子。まあ強く生きてってくれよな! 

漫画は、ネットで安いのを見つけて勢いで買ったらテープでしたというだけの話です。
そして記事のタイトルに意味はありません。
お洒落っぽいことを言ってみたかっただけです。


パンパース


最近息子がオムツを妙に気にしていて(正確には「オムツの中にあるもの」?)、
油断するとすぐにオムツに手を突っ込んでいる。
オムツがズレちゃって漏れることもしばしばだし、
オムツの中に例のブツがあったりすると、それが付着した手でおもちゃを触ったりするから
もう阿鼻叫喚の地獄絵図。気を付けてはいるのに既に3回ほど地獄を経験しました。


これ1歳児あるあるかな?と思って検索したら、案の定それで悩み相談されてる方がいて、
それに対する回答に「うんちもおしっこも子供の一部=大事なものという考えがある」
とあって目から鱗でした。
そうか、排泄物も息子の一部だもんね。目くじら立てちゃいけないよね。
「汚い!」なんて以ての外よね。
……という訳にはいかないんですよ、しかし。


ズボンを履かせてもウエストから手を入れるので、
全身タイツみたいなカバーオールでも着せるしかないか?と思ったり。
もうお出かけもパジャマも全部上下セパレートの服にしてしまったんだけど…。

あるいはトイレトレーニングを始める良い機会なのかも…!?と思いつき、
育児書を開いてみた。

育児書によると、トイトレを始めるのは
①一人で歩ける
②おしっこの間隔が1〜2時間以上
というのが最低条件(?)らしい。
まあこれはクリアしてる(②は完璧に把握してるわけじゃないから微妙だけど)。

それと、おしっこをしているタイミングに親が気付くことも大事らしい。
オムツをしていても「あ、今してるな」と仕草などで把握しておくべし、とのこと。
で、一日の決まった時間にトイレに連れて行くことを習慣にする。
起きてすぐとか、食後とか。


とりあえず、まずは息子の排泄状況をがっちり把握することから始めたいと思う。



ただ、ここまではあくまで「私が息子のオムツを『外す』やり方」であって、
これだけでは息子が自発的にトイレに行くトレーニングには全くなってない。
やっぱり理想は私と息子がお互いに納得した上で進むことなので
(というか、訳が分からない状態で息子を振り回すのは気が進まないので)、
まだ言葉も出てない息子にオムツ卒業を望むのは焦りすぎか。

ネットで検索すると、〜1歳台前半でオムツを外したという経験談も出てくるけど、
大抵は子供からアクションがあったことをキッカケにしているっぽい。
オムツ汚れるとすぐに知らせてくれるようになったとか、
する前に声をかけてくれるようになったとか。
息子はそういうのはないので、早いとか遅いとか以前に、まだまだ無理な気がする。




一応、一般的にはどうなのかちょっと検索してみた。

少し古いデータだけど、平成22年の日本小児保健協会による研究では、
1歳時点でトイトレ(おしっこ)を始めてない人は89%、1歳半だと56%。
つまり約5割弱が1歳半辺りからぼちぼち始めている様子。

(ちなみにcookpadベビーのアンケートでは2歳〜2歳半と答えた人が最多、
ウィメンズパークのアンケートでは2歳半〜3歳が最多だった)


そしてcookpadベビーのアンケートによると、開始年齢が早いほど
トレーニングが長期化する傾向があるらしい。
(1歳半以前で始めた場合、完了するまでに1年かかった人が最多。
 3歳以上で始めた場合、完了するまでが1ヶ月未満だった人が最多)

日本小児保健協会による研究:1歳〜7歳の幼児5352名が対象
cookpadベビーのアンケート:母数不明
ウィメンズパークのアンケート:3〜6歳の幼児を持つ母親381人が回答


早い時期に始めて、時間をかけてゆっくり習慣にしていくか、
ある程度物事を理解できるようになってからサクッと教えるか、
正解はないので親子の性格や環境によって選べばいいわけだけど、
うちは後者になりそうな気がするなあ
(何故かって、私に1年もトイトレする気力がないから…)。


何歳までにオムツ外すぞ!という明確な目標や信念がない限り、
結局は準備が出来たと自然に感じられたタイミングで始めるのがいいのかな。
私は断乳はなんか焦って早くやってしまったので(すごく楽になったからよかったけど)、
トイトレはゆっくり様子を見て行こうと思った。



でもオムツの中に手を入れちゃう問題は早急に解決したいな…。



幼児健康度に関する継続的比較研究

トイレトレーニング開始年齢とおむつ卒業時期 / cookpadベビー

トイレトレーニング、81.4%が2歳までにスタート。ベストな時期は7月?
 

 

↑このページのトップヘ