日付が変わってしまったのですが今日(7/13)は推しの誕生日なのと、先日受けたフランス語検定の結果が届いたので、育児に全然関係ないんですけど書き残しておきます。育児に全然関係ないです。育児に全然関係ないです。

フランス語を勉強し始めました

去年保育士の資格を取ったのですが、まだ当分働くことは出来なさそうなので、何か新しく勉強を始めようと思い、フランス語をやることにしました。
フランス語は全くやったことがなくて、ボンジュールとマドモワゼルとメルシーくらいしか知りませんでした。昔フランスに旅行した際、行く前に一応簡単な言葉は覚えておこうと勉強したものの、さっぱり覚えられなくて本を投げ捨てたくらいで……。
なのに何故いまさらフランス語をやるのか、やってどうなるのかは自分でも分からないんですけど。パリでタクシーにぼったくられた恨みを晴らすためかもしれません。

そんな感じなので、最初は5級から始めることにしました。英検の5級をイメージして頂くと分かると思いますが5級は入り口の入り口で、This is a pen.とかHe is a student.とかそんなレベル。一応公式サイトでは「50時間以上の学習が目安」となっていますが、そこまでかけなくても大丈夫と思います。で、今日、合格通知が届きました!

IMG_9496
一般的に、英検でも何でも5級っていうのはむしろ逆に「5級レベルしかできない」というマイナス評価に繋がりかねないとか言うし、履歴書にも書くべきでないそうなので、「5級合格しました!」と言って回るのはもしかしたら恥ずかしいことなのかもしれないのですが、でも嬉しかったので!
フランス語検定は年に2回あるので、また秋に受けるつもりです。次は4級で……!

私の推しについて(うたプリのネタバレあります)

そしてフランス語と全く関係ないのですが、私の推しは『うたのプリンスさまっ』という割とキツいタイトルの作品に出てくる寿 嶺二という人です。子供時代から芸能界にいるベテラン芸能人で、今は歌って踊れて笑いも取れる三枚目アイドルとして活躍しています。

うたプリのキャラは、日本有数の財閥の御曹司、二重人格、財閥の末っ子、異国の王子様、魔法使い、没落した元財閥御曹司ロッカー、実は人間じゃないなど様々なバックグラウンドを持つ個性豊かな人達ばかり(財閥多いな!)。さて私の推しはどんな素敵な出自なんだろうと思ったら「埼玉の弁当屋の息子」でした。
でも何かしら重い過去を持っているはずなので、当初は「子役時代に変態ディレクターに襲われそうになり鈍器で頭を殴って葬ったことがあるのかな?」と思ったのですが、そういうこともなく……。
まあ話を聞くと「過去に親友が失踪した」という辛そうな過去があるっちゃあるんですけど、他のキャラに「みんなには内緒にしてるけど実はぼく人間じゃないんだ」と言われると、推しの悩みなんかめちゃくちゃどうでもよく思えて、なのに一番ウジウジしていかにも「笑顔の裏にいろいろ背負ってます」オーラを出しつつ埼玉の弁当屋に逃げ帰ってメソメソしてるのでお前いい加減にしろと段々イライラしてきてとても愛しいです。

完全に滑ってる三枚目キャラなのに、SABONのスクラブを使ってるとかイギリスにしょっちゅう行ってるとか夏になると「海外でのバカンスもいいよね」と言ってくるとか、ちょこちょこ「実は意識高い」「金は持ってる」アピールをしてくるのも本当にうざったくて大好きです。

まあその辺は別として、ベテラン芸能人として個性豊かなメンバー達をまとめようと奔走したり、デビューしたばかりの後輩達を温かく見守ったり、時には自分を落とすことで場をなごませてくれたり、魅力的なところがたくさんあります。自分でも冷静に考えると何故そんなにこの人が好きなのかよく分からないのですが、でもとにかく好きです。そもそも何故うたプリにハマったのかよく分かりません、うたプリのゲームって別にそんな面白くな


プリンス達はそれぞれツイッターアカウントも持っていて、CDの発売日など不定期で突然呟き出します。私の推しは「ソロCDのジャケットが遺影にしか見えない」「『#寿嶺二許さない』というタグがトレンドに入る」など楽しい話題が多い人なので、もしよかったら見てみてくださいね!

7.13嶺二



ストレス解消に! 来年映画になります

さらにうたプリは来年劇場版が公開される予定なので、私もペンライトを持って見に行くつもりです! 昔テニプリの映画を見に行ったら、特に応援上映などの企画でもないのにみんなすごい盛り上がり方で、特に不二先輩が馬に乗って登場するシーンで観客が一斉に「キャーーーー♡♡」と叫んで拍手喝采だったのと、跡部様が口を開く度に劇場内に失笑と歓声が入り混じったのがとても楽しかったので、うたプリ映画も相当面白いことになるのではとワクワクです。
うたプリに興味なくても、映画館でキャーキャー言うのってかなりストレス解消になるので真面目にオススメです(キャーキャー言う感じの映画になるかどうかは分かりませんが……)。



終わりです
 こんな内容ですみません。嶺二誕生日おめでとう! 

2歳9ヶ月のときに初めて歯医者さんに行きました。

(ちょうど今日ゼクシーBabyさんの歯磨きに関する記事が更新されたので、そちらもよろしければ……
我が家の歯磨きはまるで格闘技!? できる限り健康な歯を維持してほしい! by ユーラシア


歯石を発見

2歳9ヶ月歯医者①

息子は2歳健診で歯を見るときめちゃくちゃ抵抗しまくって大変だったこともあり、また歯科衛生士さんに「未就園児の内は、(虫歯などがなければ)半年〜一年に一度の健診だけでも大丈夫。定期的に歯医者に通うのはもう少し大きくなってからでいいですよ」と言われていたこともあり、かかりつけの歯医者さんを決めていなかったのですが、あるとき下の前歯に歯石がガッツリついているのを見つけてしまい、やむを得ず行くことに。近所の小児歯科もやってる歯科の中から、なんとなくフィーリングで選びました。


先生に言われたこと

そしていざ診察。不安がる息子をなんとか宥めて椅子に座らせ、「大丈夫だよー、怖くないよー」と声をかけると、先生が「お母さん、ちょっと」と。
2歳9ヶ月歯医者②
確かに……と納得すると同時に、「こんな風に子供目線で考えてくれる先生なら安心して任せられるな」と思いました。あと先生いわく、「『怖くない』という言い方だと、『怖』の部分のインパクトが心に残りやすく、そこから『怖い』を連想してしまって結局不安になったりする。それなら『怖い』という気持ちを思い起こさない言い方、例えば『楽しいよ』等の方がいい」そうで。

そう言われてみると大人でも「怖くないよ」とか「痛くないよ」と言われると、「そう言うってことは逆に絶対怖かったり痛かったりするってことじゃん! 少なからずそういう要素があるってことじゃん!!」って不安になりますよね(私だけ?)。ディズニーランド行くときに「痛くないよ」とは言わないじゃん、みたいな……。

とにかく先生に言われたのは
・無責任に「怖くない」とか言わない。そもそも怖いとか痛いとかは主観なので親が決めることではない。
ということでした。

関係ないんですけど私は歯医者さんで頻繁に「それ痛いですか?」って聞くんですが、毎回先生に「出産よりは痛くないよ(笑)」って言われるんですよね。そこ比べるなよ!といつも思います。「駅まで遠いですか?」と聞いて「富士山の山頂よりは近いよ」って言われるようなものだよ!(例えが下手すぎた)


おもしろきこともなき世をおもしろく

「怖くないよー」はダメ、かと言って「怖いよ。痛いさ。でも頑張れよ」ではあんまりなので、その恐怖を上回るくらい「楽しく」してしまおう。というのが先生の考えらしく、先生は治療を始める前に息子に診察室を探索させてくれました。
2歳9ヶ月歯医者③
「ここにコップを置くと水が出てくるよ。やってみて」とか、「このボタンを押すとイスが動くよ」とか、「えっそんな、いいの?」ってくらい息子を自由に遊ばせてくれて、「よく分からない怖いところ」という印象を払拭してくれました。
しかも「ここにコップ置ける?」と息子にやらせて、置けると「水が出てきたよ! すごいね!」と褒めてくれるので、息子は「とても面白い装置を触らせてもらった上に、めちゃくちゃ褒められた」と二重にご機嫌に。5分くらい遊ばせてもらって、すっかりニコニコになっていました。
以前「掃除をするとその場所を霊的支配できる」とかいう考えをどこかで読みましたが、子供にとっては「遊ぶことでその場所を自分の陣地にできる」んですよね。おかげで息子にとって歯医者が「よく知らないところ」から「僕の遊び場!」に変わりました。いや実際は遊び場じゃないんですけど。笑

おわり
 
肝心の歯石は綺麗に取ってもらったのですが、息子は唾液が少ないようで、どちらかというと歯石がつきやすい体質だと言われました。そういえば赤ちゃんの頃は「スタイって何のためにつけるの?」と私が疑問に思うほどよだれが出なかったです。しかも私も他の歯医者で同じ指摘を受けたことがあるんですよね……そんなとこまで遺伝するとは……。
唾液が少ないと虫歯にもなりやすいので、気を付けて磨きつつ、3ヶ月ごとに定期検診を受けることになりました。なんとか息子には健康な歯を維持してほしいところです。



アナ雪劇場


2歳11ヶ月アナ
この頃アナ雪にハマってDVDをヘビロテしていました。アナ雪は映画館に何度か見に行ったので、そんなに気に入ったならと夫がDVDをプレゼントしてくれたのですが、「映画館で何度も見たからもう別にいいや」とDVDは未見でした(特典映像は見たけど)。可哀想に埃をかぶっていたDVDを、あれから数年を経て今息子が喜んで見てくれています。夫も報われたことと思います。
でも夫も私がプレゼントした『相棒』のDVDボックスを「うわ〜嬉しいなあ!」と大喜びしながら何年も未開封のまま部屋に放置してるので、完全におあいこです。おあいこというか、破れ鍋に綴じ蓋。まあ相棒はエンドレス・エイトも真っ青なレベルで再放送しまくってるから、DVDもあんまり有り難みないですね。特典映像くらいは見てほしいですけど……。

---以下、『ゴッドファーザー』のオーディオコメンタリーが面白かった、この映画がきっかけでNYマフィアの歴史にハマっていた過去がある、という話を長々書きましたが全然関係ないことに気付いたのでカットしました---


ロンパースをトップスとして使い回すのはアリなのかナシなのか問題(そんな問題はない)


1歳時代のロンパース(カバーオールって言うんでしたっけ……? 水着みたいな形のやつ。80サイズ)を発見したので、戯れに着せてみたところ、意外にもあまりキツくなく、パジャマのトップスとしてなら着れそうでした。
2歳11ヶ月ロンパース
が、息子は「このボタンは何なの? どこを止めるの……?」と不思議がっていました。という話です。

サイズ的に本当にいい感じだったんですけど、息子に不審がられてしまったので素直に片付けました。そもそもパジャマならあるし……。
でも後日児童館で可愛い女の子を連れたお母さんが「サイズアウトしたワンピースをトップスとして着せている」と話していて、やっぱりそういうのあるよね!?と思いました。ワンピースとロンパースじゃ訳が違うかもしれませんが。

2歳11ヶ月ロンパースおまけ

ところでロンパースとカバーオールの違いを完全に忘れていることに気付きました。新生児〜赤ちゃんの肌着、種類が色々あってよく分からなくて出産前に一生懸命調べたのになー。ネットで調べた「赤ちゃんを迎える準備リスト」に「短肌着、長肌着、コンビ肌着、カバーオール、スタイ……」とかずらずら書いてあって、「????」となったのは良い思い出です。結局忘れてるけど。人間って本当に忘れていく生き物ですね。もちろん出産の痛みも忘れました。

でも陣痛の痛みは忘れてないけどな! 右太ももが裂けるチーズみたいになってるんじゃないかと思うくらい痛かったのは完全に覚えてるけど! 今も思い出しただけで太ももの裏がピクピクなってるくらいだし。太ももがトラウマ負っちゃってるよ。
 

↑このページのトップヘ