昨年もツイッターやブログで色々な方にお世話になりました。いつもありがとうございます。今年もよろしくお願いします。
2018年は私も息子も(!)厄年でしたが、ありがたいことに大きな怪我などなく年を越すことができました。安心です。今年も油断せず行こう。
1月アフガン



去年の目標の答え合わせ

去年、このブログに書いた目標をちゃんと達成したかどうか振り返ってみました。

・映画をたくさん見る→×

今年はなぜか映画を見る気にちっともならず目標不達成。忙しくて見られないとかではなく、本当にただただ「映画を見たくない」という気持ちが続きました。映画ノートを見返してみると結局30本くらい……数で言えば去年の半分でした。多分だけど、今年は本や漫画を例年よりは多めに読んだので、なんかインプット枠がいっぱいになってしまったというか、脳が「もうこれ以上食べられないよ〜!」となったのかな?と思います。どんだけ容量が小さいんだよ……。とにかく「映画」という新しい情報を脳に入れるのが辛い、みたいな感じでした。そんな状態が何週間も続いたのでNetflixも解約してしまった。半年以内に再契約すれば履歴なども復帰させられるそうなので、そのうち気が向いたらまた入るつもりです。

・映画館に行く→△

そういう状態だったので、一人で映画館に行くことはしませんでした。息子と子供向け映画を何本か見に行って、それは楽しめたんですけど。
楽しみにしてるグザヴィエ・ドラン監督の新作は未だ日本公開の情報が出てこないんですが、代わりに彼が役者として出演している『ある少年の告白』が4月に日本公開されるそうなのでそれは行くかも。ゲイの少年が同性愛を「治療」するプログラムに参加することになり……という話だそうです。
あと今月公開される『ライ麦畑の反逆児/ひとりぼっちのサリンジャー』に私の愛する(そして世界中に軽蔑されている……)ケヴィン・スペイシーが出ているのでそれも一応行こうかな。Me too運動で告発される前に撮影されたものだそうです。これがスペイシーの最後の作品になったら辛い。

それからうたプリの映画な! 6月14日に公開が決まったので! 行きます!

・音楽を新規開拓する→◯

これはできた! プレイリストを大幅に更新することができました。
音楽といえば去年はアヴィーチーの死が世界中に大きな衝撃を与えましたよね。私もビックリしました。が、個人的に衝撃だったのはXXXtentacion※の死でした。
(※エックス・エックス・エックス・テンタシオンと読みます)

Xはアメリカでブレイクしていた20歳のラッパーで、去年6月にアメリカで強盗に撃たれて亡くなったんです。春先に彼の曲を耳にして、あ〜これは好きだな〜と久々に新しくアルバムを買おうと思っていた矢先だったので、亡くなったニュースが流れてきたときには心底驚きました。しかも強盗殺人とは。

3月に発表したヒット曲『SAD!』のMVが自身の死をテーマにしていて、劇中でお葬式までやっていたことや、元々が破滅的な生き方で周囲に自殺を仄めかしていたこともあり、アメリカの若者の間では彼が死を予期していたのだなんて説も囁かれ、早くも伝説みたいになってると聞きました。
先月、遺作となったアルバムが発売され(ビルボードで初登場1位になった)、私も早速聴きましたがとてもよかったです。これで最後とは残念でなりません。享年20なんてなあ。




・痩せる→△

5、6kg落としたかったけど2kgくらいしか減らなかった。去年はユルいダイエットでも6kg落ちたので完全に舐めきってたんですが、これ以上はちゃんと頑張らないと痩せないっぽい。今は体重より体脂肪を何とかしたいので筋トレとかやりたいのに、腰痛に悩まされてなかなか思うようにできずにいます。正しい筋トレを学びにジムに行きたいけど、いつになることか……。
でも夫に「顔がスッキリした」と言われたので、去年の今頃よりは少しマシになったということで△にしました。

・人としてちゃんとする→?

なんだよこの目標。なんとも言えねーよ。



今年の目標

・自分と家族、生活に投資する

今まで「100均にあるものは100均で買え」「1円でも安く手に入れるべし」みたいな考え方で暮らしてたのですが、それはもうやめようと決めました。 いくら安くてもデザインや品質が気に入らないものは買わない、というルールに変更するつもりです。

・洋服をちゃんと選んで買う! おしゃれなやつを買いたい!

しまむら禁止令。
(でもこの前しまむらで900円で買った「デニムに見えるスウェット」みたいなやつがすごい楽で部屋着としてめちゃくちゃ重宝してるので、部屋着に限りOKにする……)

・絵とか料理とか練習する
・体脂肪を落とす
・フランス語の勉強をする


フランス語検定、去年の春に5級受けて、次は秋に4級受けようと思ってたのに、他の用事とぶつかってしまって受けることができませんでした。今年は3級いけたらいいな〜。


いまいち具体性に欠けるけどこのくらいかな……。あと育児については、
・食事中のマナーを教える
です。
近頃、我が子ながら「お行儀が悪いなあ」と感じることが増えたので……。食べるのが好きな子なので食事に関してはかなり楽させてもらってきたのですが、最近になってやたら時間をかけてだらだら食べたり、他のことに気を取られてボーッとしたり、さらに食べてる途中に立ち歩くことすらあって……。
今年は少しずつ「お行儀よくご飯を食べる」ということを覚えてくれたらいいなと思います。
それに伴って、ちょっと良いお店に外食しに行きたい。帝国ホテルのランチバイキングに行きたいけど子連れだとな〜と思ってたら、知人から「いやあそこランチは子連れ多いよ」と聞いたので、もし大丈夫そうなら行きたいです。泣き喚いたり走り回ったりはしないし平気かな……?
話変わるけど帝国ホテルのチョコレート(スティック)がすごく好きです。意外と安いし。


今年はお菓子なんかも「安物をたくさん」から「良いものを少し」に変えたいです。


終わり

とにかく今年も健康で楽しく暮らせればいいなと思います! どうぞよろしくお願いいたします!

3歳10ヶ月新年

おかげさまで無事にクリスマスが終了しました。Twitterでは育児アカウントの方々が一斉にサンタさんになってて、なんだか一体感があって面白かったです。

サンタ襲来

ケーキを作る予定でしたが、クッキーを作りたくなったのと、あとなんと商店街の抽選会でケーキが当たったこともあって中止しました。クッキーは人生初のアイシングに挑戦しようと思って、少し前からちょっと練習してたけど、不器用な私にはやっぱ難しかったです。それでもなんとか形にはなったと思うけど……。
a

というかアイシングってめちゃくちゃ面倒くさいですね? とても楽しくはあったのですが、準備や後片付けが面倒すぎたので多分もうやらないだろうなと思いました。

(一応「アイシング 面倒くさい」で検索したらいくつか解決策がありました。100均にアイシングパウダーなるものがあったのは知らなかったです)

3歳10ヶ月クリスマス1
息子はサンタさんが本当に来てくれたことを知り、最初は喜びというより畏怖を感じているようにも見えました。クッキーはちゃんと息子の分も残しましたよ!


プレゼント

息子のリクエストはトミカの『ファイヤーエンジン』という消防車。消防車に放水ノズルがついていて、ボタンを押すとサイレンが鳴ったり水の出る音がしたりするやつ。



前にハッピーセットと一緒に配ってたトミカの DVDでCMを見て一目惚れしたらしく、ずっと欲しい欲しいと言っていました。CMがいっぱい収録されてるあのDVDはかなり危険です。(いや無料で頂けてとても助かってはいるんですけども!)

個人的には『ファイヤーステーション』という大きな消防署の方がいいんじゃないかと思って、こっちの方が色々遊べそうじゃない? 変形したりしてかっこいいよ?と何度も確認(つーか誘導)したんですけど、どうしてもファイヤーエンジンの方がいいと言い張ったんですよね。
というのも、ファイヤーエンジンにはDVDがついていて、それで簡単なゲームができるんです。放水ノズルを画面に向けると、画面の中の火が消えるっていうゲーム。
買うのはいいけど、それで毎日ゲームしたいゲームしたいって言われたら困るなあ……と思って躊躇ったのですが、まあサンタさんは子供の意思を尊重するものだろうし、「思ってたのと違う……」とがっかりしたら可哀想なので、大人しく購入しました。




ファイヤーエンジンはなんか「大きなハッピーセット」みたいな……本体に自分でシール貼らなきゃいけない方式です(でもハッピーセットより難易度は低かったです。笑)
肝心のゲームは、「子供がキッチンで遊んでいたら油に引火した! ファイヤーエンジン、出動! 画面に向かって放水だ!」というシンプルな展開のがいくつか収録されていました。息子は何度か遊んで、割と早々に満足して切り上げていました。たまに思い出してやるかな、でも毎日やりたいやりたいと騒ぐことにはならなさそうだな、という感じ。

でも買って失敗とかそういうことでは全然なくて、ファイヤーエンジン本体を手で走らせたりハシゴにミニカーを乗せて楽しんでいるし、放水ノズルで家中の火事を消してくれています。良かった。

3歳10ヶ月クリスマス2

プレゼント②

それからもう一つ、『ふしぎの図鑑』。



「魚は寝ないの?」とか、「セミはずっと鳴いていて喉が痛くならないの?」とか、そういう疑問とその答えが載っている図鑑です。疑問は小学生にリサーチして集めたものだそう。
息子にはまだちょっと難しいなと思う内容も含まれていましたが、けっこう興味を持ってページをめくっています。まだ自分では読めないため、私が読み上げて、さらに噛み砕いて説明しないといけないのがちょっと一苦労ですが……でも私も初めて知るようなことが多くて楽しいです。
3歳10ヶ月クリスマス3
若干、夢を砕く内容が含まれます。




先日大掃除して大きな家具を処分したので、でーんとクリスマスツリーを飾るスペースがリビングに生まれました。今年急いで買ってもよかったんだけど、ギリギリになってしまったから、来年買う予定です(ギリギリで買ったら安かったんだろうけど、近所には売ってなかったので……)。
なので来年は150cmか180cmのツリーを買って、外国方式でツリーの下にプレゼントを置いてみたいです。でもあれいつも不思議なんですけど、クリスマスの前にあんなにプレゼントを置いておいて、子供達が「もう開けちゃえ〜!」ってならないもんなんですかね? ドラマや映画だと「これ絶対スケボーだろ」みたいなバレバレのやつが置いてあったりするし……。欲しい物が目の前に山積みされてて、大人しく25日まで待機できるってかなり訓練された子供な気がしますが、外国の子はその辺厳しく言い含められたりしてるものなんでしょうか。意外と耐えてくれるのかな。来年チャレンジしたいです。 

 3歳10ヶ月クリスマス完

独身の頃からファッションというものが全く分からず、近年は「妊婦だから〜」「産後だから〜」「育児中だから〜」と次々と言い訳を更新しては身だしなみを二の次三の次にしてきたのですが、最近ちょっと意識が変わってきました。

きっかけはツイッターでファッションをすごく楽しんでいる人達を見たり、あとリアルの友達からの刺激です。同年代の友達は気付いたら着実に持ち物のハイブランド率を増やしていて恐ろしいです。

それから今年は息子と一緒にやたらデパートやファッションビル通いをしてて(中にある遊び場を息子がとても気に入ったので)、過去最高の頻度でウィンドウショッピングをしたのも大きかったかも。

その流れで今年の秋にパーソナルカラーを見てもらい、こう、「時は来た……!」みたいなテンションになりました。


最大の難点


私がいまいちファッションを楽しめない最大の理由が、「洋服を見ても、それが良いものかどうかが分からない」ということなんですよね!よくしまむらとか西松屋みたいなお店でも「掘り出し物」があるって言うじゃないですか。でも私はセンスがないので目利きができないというか、それが安かろう悪かろうの品なのか、安いのに良い品なのか全然分からないんですよ。質もデザインも。
デザインは単純に自分の好きなものを選べばいい話なんですけど、多少は今の時代や年齢に応じた服を着たいという気持ちもあり……。

ファッション2
雑誌見てても「それ私が着たら山賊」とか「いやモデルさんが着ててもカールおじさんにしか見えないんだが?」みたいなことがよくあって、何ならブランドの広告見ても「これ、素敵か……?」となることが多く、結局「もうダメだ、私には何もかも分からない」と自信をなくして挫折してきたんですよね。

それからもう一つ悩ましいのが「どのくらいお金をかけるべきか」です。年齢的にもそこそこの物を買った方がいいのかとは思うのですが、元々ファッション意識が低く、さらに今は専業主婦をしてるので洋服に数万とか数十万はそうそう気軽に出せません。まだ自分に何が必要でどんな服がいいのかも分かっていないですしね……それにどうしても「そのお金で漫画が何冊……」と換算してしまう癖がついてて辛い。

だから、「決して高くないけど質とセンスの良いもの」を見抜く目を育てられたらいいなと思いました。そして最終的にしまむらに戻りたい。



参考になった本
でもこれまでお洒落とかそういうものを「自分とは関係のないもの」と思って生きてきたので、何から手をつけていいか分からず、とりあえず何冊か本を読みました(オタクの入り方!!)。

が、中にはひたすらハイブランドの名前を羅列して「とにかく高いもの買うのが正解」と言うばかりの本や、「こういう着こなしは許せない、ダサい人を見ると虫唾が走る」などダセー奴dis中心の本などもあり、何度か投げ出しそうになりました。

そんなとき、救ってくれたのがこちらの本でした。



「理論派スタイリスト」って言葉に惹かれて読んだのですが、とてもいい内容でした。何がいいって、まず冒頭にこんな言葉が。

そして、おしゃれは楽しいものでなくてはならず、「これを着なくては……」「このブランドのバッグを持っていないと」といった、ある種の強迫観念とは、無縁でないといけない─と改めて思いました。(p.3)

これなんですよ! 井之頭五郎も言っていましたよね、「モノを食べる時はね 誰にも邪魔されず 自由でなんというか救われてなきゃあダメなんだ。独りで静かで豊かで……」と。同じことだと思うんです(違う?)。
私が今更洋服を好きになりたいと思ったのも、ツイッターやリアルでファッションを生きる糧としている人達の前向きなパワーを羨ましいと思ったからでした。良いものを手に入れることで、明日出かけるのが楽しみになる、好きな洋服を着ることで、顔を上げて街を歩ける、そういうのがいいな〜と思ったんです。

なのでこういうこと言ってくれるプロの存在がすごく嬉しかったです。
著者の買い物のルールも、納得できる&真似したいものばかりで、非常に参考になりました。
例えば買い物の順番。私は大体、著者が言うところの「買い散らかす」ことばかりなのですが、著者は
・最初はバッグ
・次にバッグに合うアウター
・アウターを支える靴
・土台となるボトム
・全てを繋ぐインナー
・方向性を決定的にする小物
という順番で買うことを推奨しています。これは目から鱗でした。
確かにバッグやアウター、靴ってよく「お金をかけるべき」と言われるし、自分の理想を反映しやすいアイテムですよね。そこを妥協せず欲しいもの・合うものを見つけ出して、そこから構築していくっていうのは理にかなってるなと思いました。

また著者の洋服への真摯な向き合い方や、ハイブランドへの敬意は胸を打つものがありました。読者の想像力を膨らませるために具体的なブランド名やアイテムの写真などを極力排除している本なのですが、著者が「一生もの」として大事にしているいくつかのものが紹介されていて、それを読んでいると率直に「私もこんな風に大切に思えるものと出会いたい」という気持ちになってきます。

〜この本で学んだこと〜
・買い物の際、値札を最初にチェックするのはやめて、まずは品物を見て価格を予想する。そして実際の値段と照らし合わせ、価格に値するかどうかを考える。
・またそのアイテムが何年着られるか予測を立て、その額を出すのに相応しいか考える。
(著者は高額な物でもいつかは必ず時代遅れになると書いています)


雑誌

それから雑誌なんですが、どれを読んだらいいのかまだ定まってません。単純にいくつかを並べて「(自分に合ってるかどうかは置いといて)どのファッションが好き?」と聞かれたら、多分VERYが好きです。あのVERYです。(似合うかどうかはマジで置いといて)

LEEと読み比べたりもしてたのですが、やっぱVERYの方が好みです。サイトにあった「明日のコーデ」がどちらもニットを使ったものだったので比べてみました。
(VERYは「ニットワンピ×ショート丈ダウンで女らしいメリハリコーデ」、LEEは「忙しい朝は一枚で着映える柄ニット頼り!」)
ファッション

このコーデは意外にVERYの方が安い。LEEのニット87000円は、思わず「は?」と声が出ました。
似たような服とかも載ってるんだけど、なんか全体的にVERYの方がいいな〜って思う率高いんですよね。何が違うって明確には言えないんだけど……。

でも今見たら偶然LEEのサイトで、先述の大草直子さんの記事が載ってて必見でした。
大草直子さんが1万円で厳選!この冬見逃せない【価値あるアイテム8品】



余談ですが、何年か前のVERYに『スーパーマーケットで浮かない服』特集があったんですよね。VERYの購読層はうっかりするとスーパーで注目を集めてしまうほどのオシャレパワーを持ってるんですよ。怪しまれず主婦界で暮らすために力を封印してるんですよ。
私なぞはスーパーで特売の卵を買うのにぴったりの服しか持ってないのでもうちょっとお洒落になりたいと思っているのですが、VERY読者の方々は逆方向に努力してるんだと衝撃でした。「スーパーの特売に行ってみたいけれど何を着て行ったら……表参道でランチするときの服しかない……これじゃ浮いてしまうわ……」とか悩むのだろうか……。なので本当、私が読むべき雑誌ではない気はするんですが。ただそれが面白くてしばらくVERY読んでみたら、意外にGUとかも出てくるので普通に参考になったんですけどね。


でも改めてVERYサイト見てたら、「児童館で過ごす日コーデ」が8万のコートと3万弱のスカートだったのでやっぱり解散です。ちなみに「表参道でShoppingコーデ」は21万のジャケットだそうです。漫画が300冊


まあ多分「雑誌を参考に、手の届く値段で似たようなアイテムを探し、それっぽい雰囲気を構築する」のが正解なのかなと思うので、試行錯誤していきたいです。
正直、ちゃんとお金を出して良いものを買うのと、身の丈に合ったプチプラと、どうバランスを取っていけばいいのか全然分からないので、しばらくは失敗する予感がします。何かを学ぶときは授業料が必要ですしね……。


早く人間になりたい
 
前より少しだけおしゃれを意識して生きていたら、先日児童館のママ友にすごく嬉しい言葉をかけてもらいました。そんなこと言われたの人生で初めて、という褒め言葉だったので、例によってデュヒデュヒ! ブブブブ!と完全に挙動不審になってしまって恥ずかしかったです。UMAか。洋服の前に、人間らしい立ち振る舞いを練習したい……。

↑このページのトップヘ